手の届きにくい場所を掃除する/7つのシンプルな方法

4月 24, 2017
お掃除のコツをお探しですか? 今回は、手の届きにくい場所をお掃除するコツをはじめとする、家中をピカピカにする方法をご紹介します。

家の掃除は簡単なことではありません。特に掃除がしにくい、手の届きにくい場所まで掃除をするとなると大変な作業です。

本記事ではお掃除を簡単にそしてシンプルにする7つのコツをご紹介します。

1.壁のウエットクリーニング

壁は2ヶ月ごとに掃除をするのがおすすめです。

壁の掃除のコツは、布などの掃除用具を水につけて壁を洗うウエットクリーニングです。

水には90%以上の埃を取り除く働きがありますいらなくなった布を濡らして棒につけたら、壁の角などの掃除にお使いください。

 

2.掃除は常に上から下へ

正しい掃除方法を学ぶことが大切です。掃除をするときは常に「上から下」に向かって掃除をしてください。

こうすることでが舞うことなく掃除ができます。また「上から下」に掃除をしないと効率が悪くなり、最終的に掃除が長引きます。

掃除をより効率的に早く終わらせる効果的な方法ですので、ぜひお試しください。

 

3.フィルターや換気扇の掃除

フィルターや換気扇はこまめに掃除をし、常に清潔に保ちましょう。

ここが汚れたままだと、家の中をどれだけきれいにしても埃が家の中に入り込みます

ホームセンターやスーパーなどでフィルターや換気扇専用の掃除道具が販売されています。これらの製品を活用してフィルターや換気扇を清潔に保ってください。

 

4.カーペットの掃除

カーペットは1ヶ月に一度、スチームで掃除をするのがおすすめです。

カーペットはダニなどの温床になりがちですので、毎週必ず掃除機をかけ、常に清潔に保ちましょう

新しいカーペットを購入するときは、湿気が溜まりにくくダニの繁殖を防ぐ効果のある合成繊維のナイロンやアクリルなどの素材がおすすめです。

 

5.掃除におすすめ:赤ちゃん用のお尻拭き

赤ちゃん用のお尻拭きは、家中のあらゆる掃除に活用できるおすすめアイテムです。

家具の埃だけでなくカーテンなどの布につく埃、そしてコンピューターやテレビの画面もお尻拭きで簡単にきれいになります。

お尻拭きは、使ってもシミにならないのが重宝する理由です。

 

6.どこでも掃除できる掃除機

家の掃除に最も大切な掃除道具の一つが掃除機です。ただし掃除機がすべての場所の掃除に適しているとは限りませんし、すべての場所に届くわけではありません。

掃除機が届かない場所には以下の方法をご活用ください。

  • 掃除機の先にトイレットペーパーの芯を取り付けると、狭い場所にも届き掃除ができます。狭い場所には埃が溜まりがちですので、この方法でしっかりと掃除をしてください。

7.植物の掃除

植物もこまめに掃除をしないと、埃をかぶったりクモの巣ができます。

植物についた埃は私たちの健康、特に呼吸器系の健康に悪影響を及ぼします。

植物は、家の中の空気を洗浄する「肺」のような働きをしますので、植物にはスプレーで水を吹きかけて清潔に保ちましょう。家の中の空気を洗浄し、家族全員の健康を保ちます。

あなたへおすすめ