食べ物の消費期限って本当に大切?

11月 29, 2017
食べ物が新しいか古いかを示す日付は、食べても良いかどうかを教えてくれています。しかし、その食べ物を適切な温度で保存しているかどうかも大切な要素です。

あなたは食べ物の消費期限に注意を払っていますか? 注意を払う時もあれば、あまり気にしない時もあるのではないでしょうか。

実際のところ、消費期限はとても大切なのです

今日は、消費期限について知っておくべきことをお話しします。また、消費期限を過ぎてしまっているのかどうかを知る方法についてもみていきましょう。

消費期限があるのはなぜ?

肉と卵

消費期限とは、食べ物が食べられるかどうかを示す日付です。言い換えると、その食べ物が作られた時から腐ってしまうまでの期間を表しているのです。

また、食べ物の保存には温度、光、酸素などの要素も関係してきます。これらの要素次第では、消費期限が変わってしまうからです。

例えば、冷蔵庫や冷凍庫などでの保存など、様々な保存テクニックが必要となってきます。

適切な保存をすることで、美味しく食べられる期間が持続するのです。

何にしろ、消費期限は大切です。特に、生物の消費期限は非常に重要です。鮮度が落ちると、健康を害するリスクが高くなるからです。乳製品や肉類などの消費期限はとても大切です。

気がついていないかもしれませんが、消費期限を記載している場合と賞味期限を記載している場合があります。

食べ物は通常、時間が過ぎると味が落ちるのですが、ワインやアルコール飲料は時間が経っても健康に害を与えることがありません。

消費期限の見つけ方

スーパーマーケット

消費期限はすべての食べ物に同じということではありません。以下のように、様々な方法に分かれています。

  • 3ヶ月以上保存できない食べ物は、そのパッケージに賞味期限、または消費期限が記されています。月と日が記されているでしょう。
  • 3ヶ月以上保存できる食べ物の場合、年と月が記されています。
  • 半年以上保存できる食べ物には、消費期限となる年が記載されています。

消費期限を過ぎた食べ物はどうなる?

最初に、食べ物は日が経つにつれて質が悪くなっていくということを心に留めておきましょう。

これには以下のような様々な要素も影響します。

  • 温度の変化
  • 酸素、匂い、色など、食べ物に対する物質の物理的転移
  • 日光が当たっているかどうか

食料庫の食べ物の保存度を詳しく知りたいなら、食べ物の様子を詳しくチェックしましょう。常温でどのくらいまで持つのかわかるようになるでしょう。

食品の保存温度に気をつけましょう

冷蔵庫

次に食べ物の保存について知っておきたいことは、保存温度です。

食べ物の温度が急激に高くなると、安全性に問題が出てくることがあります。

温度が高くなればなるほど、またその頻度が上がれば上がるほど、食中毒のリスクが高くなります。

微生物は4℃〜71℃の間で急激に増殖します。微生物が増殖すれば、その食べ物は数時間で完全に汚染されてしまうでしょう。

また、冷凍されている食べ物を溶かすプロセスにも特に注意を払いましょう。解凍を正しくしないと食べ物はバクテリアの汚染にさらされることになるのです。

こういった汚染を避けるには、食べ物を適切に保存することが大切です。

  • 保存する温度を適切に保ちましょう。病原微生物が再生するのを防ぎます。
  • 食べ物に適した温度は1.9℃〜6℃までです。
あなたへおすすめ