たった8分のストレッチが腰痛を和らげる

7月 21, 2016
これからご紹介するストレッチ方法はすでに腰痛をお持ちの方だけでなく、腰痛の予防にもいいですしそれ以外の筋肉痛全般に効くストレッチです。一日何度か繰り返すだけで効果があります。

腰痛は今日では最も一般的な問題の一つです。

現代人は毎日パソコンに何時間も座っています。それが腰にいいわけがありません。腰に相当な負担をかけてしまっています。

医療関係者のによると現代人の10人中8人は人生で一度は何かしらの腰痛に悩まされているとの報告があります。この腰痛には2種類あって実際の疾患によるものと筋肉による腰痛です。

たいていの場合、腰痛は突然やってきて鎮静剤を飲めば治まります。しかし腰痛が酷い場合、数日間は痛みが続くことがあります。そして適切な治療を施さないと数週間にわたって痛みが続くこともあります。

ストレッチをすることですでにある腰痛を和らげることも可能ですし、将来起こりえる腰の問題も予防することができるのです。

今日はった8分のストレッチを毎日継続することで腰痛とさよらなできる方法について話したいと思います。職場でも家でも簡単にできるストレッチです。

腰痛をなくす8のストレッチエクササイズ

これからご紹介するストレッチは腰痛を和らげると同時に筋肉を鍛えることができるものです。

こんな簡単なストレッチは他にありません。場所も時間もかからないので是非やってみてください。

膝を胸につけるポーズ

Knees-to-chest

仰向けに寝て膝を曲げて脚の裏を床につけます。そしたら片方の膝を上げて胸の方までもって行きます。この時、両手で膝を抱えてください。この状態で20秒静止します。これを反対の膝でも行います。 

背骨のストレッチ

仰向けになって手を身体の横に置き、脚を空に向かってできるだけ伸ばしてください。

そしたら腰を片方だけ動かしてもう片方の方向に向かって少し動かしてみてください。そうすると脚がクロスすると思います。

この体制で20秒静止します。そしてもう片方も同じように行います。

床で脚のばし

Leg-stretches-on-floor

仰向けで寝転んで膝をまげ、手は身体の横で伸ばします。

そしたら片方の足を天井に向けて伸ばし30秒静止します

10秒休んでもう片方も同じように行い、各足2セット行ってください。

股関節のストレッチ

真っ直ぐに立って片方の足を前に出し、もう片方は後ろにします。そして前の足を曲げて膝が90度になるようにします。後ろ脚の膝もまげて床に付くようにします。

この姿勢で30秒静止します。もう片方も同じようにしてください。

大腿四頭筋のストレッチ

lying-quadricep-stretch

床にうつ伏せになり身体の片方だけが付くようにします。そしてひじを曲げて頭を乗せます。

床についてない方の足を曲げて同じ方の手で足を押さえます。そのまま30秒静止します。もう片方も同じように行ってください。

背中全体のストレッチ

このストレッチは立った状態で行ってください。後ろに仰け反りながら足はしっかりと床につけて腕を曲げて腰をしっかりと支えながら行ってください。

バランスを崩さない程度にできるだけ後にストレッチしてください。痛みが出ては意味がないので痛くない程度で行ってください。30秒ほどストレッチしてください。

洋ナシ型ストレッチ

仰向けになって足を上げて膝を曲げます。手は太ももの裏に当てます。そのポジションでできるだけ長く静止してみてください。

片方の足をクロスして30秒静止します。このストレッチを両方の足でやってください。

足首に効くヨガのポーズ

yoga-posture-ankles

膝を曲げて座り、かかと同士を合わせます。

背筋を伸ばし、目を閉じて手でかかと同士を合わせながら30秒静止してください。10秒休んだらまた繰り返す。これを2、3回行います

注意事項

もしこのストレッチを続けたとしても腰痛が良くならないようであれば病院へ行くことをお勧めします

もしかすると腰痛の原因が下記のような病気のサインかもしれないことがあります。

あなたへおすすめ