タコを自然に取り除く方法

9月 18, 2017
手や足にできてしまったタコにお悩みですか? タコを自然に取り除くためには、まずタコを柔らかくする必要があります。その後、自然に消えない場合は軽石などで丁寧に取り除きましょう。

靴などが原因で足にタコができますが、タコは見た目が悪いだけでなく時には痛みを伴います。

本記事では、手足にできるタコを自然に取り除く方法をご紹介します。

タコができる原因

圧迫や摩擦を受け続けると、角質層がケラチンというたんぱく質を通常時以上に作ることで手足を守ろうとします。その結果、皮膚の一部が硬くなりタコができます。

脚の外側やつま先など、靴による圧迫や摩擦を受けやすい場所にできます。また何か道具を使い続けていると摩擦が起き、そこにタコが発生します。

運動をするとき、間違った靴や靴下を選んでしまったとき、骨の奇形があるとき、または間違った歩き方を続けているときなどもタコができる原因だと考えられています。

タコと魚の目の違い

魚の目は大きくなった皮膚だと定義づけられ、脚の親指の外側にできます。

魚の目の色は黄色でトウモロコシに似た形状をしているため英語では「コーン」と呼ばれます。

タコと魚の目のどちらも歩くときや触ったときに強い痛みを感じますが、その違いを理解することが大切です。

タコに効果的な自然療法

専門家に相談すると、タコは患部に過剰な圧迫や摩擦が起きているかどうかを診察します。

また特別な器具を使ってタコを取り除く治療を行いますが、それ以外にもご自宅で簡単にできる自然療法がありますのでお試しください。

1. アスピリンとレモン

アスピリンとレモンを組み合わせると、タコを柔らかくするペーストが出来上がります。

このペーストでタコを柔らかくすると軽石で簡単に取り除くことができます。

材料

  • アスピリン 7錠
  • レモン果汁 1個分

使用方法

  • すり鉢などでアスピリンを粉状にします。
  • レモン果汁を加えてペースト状になるまで混ぜます。
  • ペーストを滑らかにするために水を少量加えるのも良いでしょう。
  • 患部をきれいに洗って乾かした後、ペーストを塗ります。
  • プラスチックの袋などを患部に被せたら20分間そのままにして浸透させます。
  • 熱めの湯で洗い流した後、軽石を使って取り除きます。

2. 玉ねぎ

消毒効果のある玉ねぎには、皮膚を柔らかくして自然とタコが「数日以内に消える」働きがあります。

玉ねぎを半分に切るだけで準備が完了する簡単な方法です。

  • 就寝前、半分に切った玉ねぎでタコのできた患部をこすり、靴下を履きます。
  • 翌日洗い流してください。
  • 少なくとも1週間、毎晩続けてください。

3. カモミールティー

カモミールティーの花で作るカモミールティーには鎮静効果があります。

また足にできたタコなどの硬い部分の治療とpH値のバランスを保つ働きも期待できます。

暑さ、運動、または靴によって足に汗をかいたときにタコができやすいと言われています。そのため、カモミールティーを使って足の発汗を抑えることができます。

  • ティーバッグまたは茶葉からカモミールティーを作ったら室温まで覚ましてください。
  • 足が入るサイズの容器を準備したらカモミールティーを入れ、足を入れてください。

4. 軽石

足にタコができやすい人は、軽石を常備すると良いでしょう。

濡れていても、または濡らさず乾いた状態でもどちらでも使用できる軽石を購入してください。

軽石でタコを取り除く時は、滑らかな円を描く動きを行うと、皮膚を傷つけることなくタコを取り除くことができます。

浴室に常に軽石を準備しておけば、入浴の際に手軽に行うことができます。

5. ニンニクの絞り汁

ニンニクを使うこの方法は、皮膚を柔らかくしてタコを取り除くのに非常に効果の高い自然療法です。

この方法を使えば、軽石でこするだけでタコを取り除くことができます。

材料

  • ニンニク1片
  • オリーブオイル大さじ2

使用方法

  • ニンニクを潰したらオリーブオイルに加えてペースト状にします。
  • タコにつけたら布またはプラスチックを被せます。
  • その上に靴下を履いたら一晩そのままで就寝してください。
  • 翌朝、ぬるま湯で洗い流します。
  • 1週間、毎日続けてください。

6. トマト

栄養価の高いトマトには多くの成分が含まれており、肌を健康に保つのに非常に効果が高いと言われています。また、タコを自然に取り除くのにもおすすめです。

  • トマトを細かく切ったら潰してペーストを作ります。
  • このペーストをタコに塗ったら布などで包帯のように巻きます。
  • 一晩この状態にしてタコに浸透させます。翌朝洗い流します。
  • 1週間この方法を繰り返してください。

7. アップルサイダービネガー

 

アップルサイダービネガーの酸性成分が、硬くなった皮膚を柔らかくしながら保湿します。

カモミールティに似た働きのあるアップルサイダービネガーは、皮膚のpH値を正常に保ちながら浮腫を軽減させます。

運動前に使用することで、摩擦によるタコの発生や発汗を防ぎます。

 

あなたへおすすめ