体内器官と感情の結びつき

1月 20, 2018
心身の健康維持には自分の感情をコントロールすることが大切です。驚くべきことに、私たちの精神状態は体内器官に影響を与え得るのです。

私たちの精神状態が、体内器官にどのような影響を与えるのかと考えたことはありますか?

中国発祥の東洋医学によると、私たちの体は外的そして内的な刺激に反応するため、体と心は深く結びついていると考えられています。

私たちの体内機能は、代謝機能や食品をエネルギーに変える生命維持機能だけではありません。

現実的には、体は私たちが受ける刺激を全て受け止めるため、それがポジティブな刺激であれネガティブな刺激であれ、体内はそれに反応し、体内器官と機能に様々な影響を及ぼします。

私たちの体が受け止める外的な刺激だけではなく、神経系が受ける刺激や毎日の生活や経験、そして感情の移り変わりなども刺激となります。一見すると大きな影響がないように感じられる出来事も、実は心身の両方を刺激して体内器官に影響を及ぼします。

一般的にはこれは健康的なプロセスだと考えられていますが、感情が強い力を持ち負の感情がいつまでも続くとき、体内器官にダメージを与えて、ある種の病気や症状を発症するケースがあります。

本記事で詳しくご紹介します。

体内器官と感情

体内器官と感情

心の中に持っている感情や気持ちが、体内器官の機能低下に直接影響していることが東洋医学からも明らかになっています。

体内機能が感情の影響を受けると、体全体のバランスが乱れます。そのため、精神状態が悪化している原因を突き止めることが、健康維持に欠かせません。

負の感情を引き起こしがちな時は、ポジティブな考え方を心がける方法を身につけることが大切です。

ここからは、私たちの様々な感情がどの体内器官に影響を及ぼすのかを説明します。

心臓と小腸:喜び

喜び

東洋医学によると、喜びという感情は心臓と小腸に深く関わっています。

血液を体内へと流し循環させる心臓と、体内に取り入れられた食品から栄養素やミネラルを吸収する小腸は、喜びといった感情でその機能を促進する効果があります。

逆に以下の感情や症状が、心臓と小腸に悪影響を及ぼすこともあります:

繊細で外交的で、一般的に「おしゃべり」と言われる人は、自分の感情に圧倒され、常に元気でいなくてはいけないという葛藤に押しつぶされることがあります。

何かに陶酔している時の陶酔感や興奮などをはじめとする過度の感情に対処する方法を学ぶことで、心臓と小腸の機能を健康に保つことができます。この二つの器官を健康に保つことは私たちの体全体の健康維持にも欠かせません。

2.肝臓と胆嚢:激しい怒りや欲望

激しく怒る女性

激しい怒りや欲望、そしてそれに関連する他のすべての感情は、肝臓や胆嚢と深く関わっています

肝臓は血液を貯蔵し、生命を維持するための血液循環を調節する役割を担っています。その 一方胆嚢は、胆汁を集めて体外に排出する働きがあります。

極度な心配性の人や、何に対しても過度に反応するタイプの人が肝臓や胆嚢の問題を発症しやすい傾向があるため、怒りや欲求不満などの感情の原因を特定し、正しい方法で対処する必要があります。

健康的に機能する肝臓は、私たちの体内エネルギーを正常に保つ働きがあることもお忘れなく。

3. 脾臓と胃:強迫観念

脾臓と胃は、強迫観念や郷愁などと深いかかわりがあります。

体内に取り入れられ栄養の生成を胃が担う一方で、脾臓はリンパ系の一部を形成し、感染症などを撃退しながら体液のバランスを維持します。

通常は静かで落ち着いているのに意思決定がなかなかできないタイプの人が、脾臓や胃の問題を発症するといわれています。

4.肺と大腸:悲しみ

泣いている女性

肺と大腸という2つの臓器は、憂鬱や悲しみという感情に強く結びついています。肺の主な機能は呼吸の調節で、 大腸は、消化、栄養素の吸収、そして免疫系機能の維持に重要な役割を果たします。

肺と大腸という器官に何か問題が生じがちな人は、独立心のある合理的な人です。また自分を振り返り反省することも多い人です。

ただし、反省や後悔する気持ちが強くなりすぎて悲しみという感情が発生すると、食欲不振、胸の圧迫感、そして無関心などの症状が現れることがあるので注意が必要です。

5.腎臓と膀胱:恐怖心

恐怖心

腎臓は恐怖心と不安感に深く関連しています。 腎臓は血中の老廃物や毒素を体外に排出し、膀胱は尿を貯め、排尿として体外に排出します。

腰の痛みやその他の症状に悩まされている人は、人生に悩んでいる可能性があります。つまり人生への恐怖や不安が体内の不調として現れています。逆に腎臓機能を健康に保つことで、自分の能力に自信を持つことに役立ちます。

本記事では、私たちの感情がどの体内器官に影響を与えるのかをご紹介しました

毎日の生活の中でポジティブな思考を心がけてそれに集中することで、感情によって負の影響を受けていた体内器官が徐々に癒されて健康な状態に回復します。

 

 

あなたへおすすめ