体重を減らすためのデトックスドリンク4選

12月 8, 2017
デトックスドリンクを食事に加えることで、減量効果、体内のクレンズ効果、そして病気などの原因となる過剰に蓄積された毒素の排出効果が高まります。本記事で詳しくご覧ください!

毎日の食生活を通じて、体内の健康を改善しながら減量をと考えている方におすすめのデトックスドリンクです。

デトックスドリンクの効果のいくつかをご紹介します:

  • 体内に供給される栄養素の偏りを防ぐ
  • 脂肪を燃焼することで体重を正常に保つ
  • 体内のデトックス機能を促進する
  • 毒素を体外に排出する

様々なデトックスドリンクが市販されていますが、本記事では天然成分のみを材料として使って作るデトックスドリンクをご紹介します

1.パイナップルときゅうりのデトックスドリンク

きゅうりとパイナップル

パイナップルには、食物繊維、鉄分、マグネシウム、そして亜鉛が豊富に含まれているため、多くの効能があります。

きゅうりはビタミンA、B、C、抗酸化物質、カルシウム、そしてリンが豊富に含まれています

きゅうりとパイナップルを組み合わせることの効能:

  • 体内のクレンズ
  • 空腹を抑制
  • 便秘の予防

材料

  • 中サイズのパイナップル 1個
  • きゅうり 1本
  • アロエの葉 1/2本
  • りんご 1個
  • 水 400ml

作り方

  • すべての材料を冷水できれいに洗い、農薬などの残留物を取り除きます。
  • パイナップルの皮を剥いたら小さく切ります。
  • きゅうりとりんごは皮をつけたままにしてください。
  • アロエの葉を剥いて中のゲルを取り出します。
  • すべての材料をブレンダーの中に入れたらしっかりと混ぜます。

摂取方法

  • 1週間続けて、空腹時にグラス2杯飲んでください。
  • 朝食には、活力がみなぎり消化機能を促進するものを食べてください。

2.パパイヤデトックスドリンク

パパイヤ

パパイヤは、効果的にむくみを解消しながら腸内に生息する有害な寄生虫や細菌を体外に排出する働きがあります。

パパイヤにはビタミンB群、カリウム、マグネシウム、食物繊維が豊富に含まれているため、体内をクレンズする効果があります。また鎮痛成分も含まれています。

材料

  • パパイヤ 500g
  • 桃 2個
  • 人参 1本
  • ニンニク(皮をむいて) 3片
  • ビーツ 1個
  • バナナ 1本
  • 水 400ml

作り方

  • すべての材料を冷水できれいに洗い、農薬などの残留物を取り除きます。
  • パパイヤの種と皮も全て使います。
  • 桃の種を取り除きます。
  • ニンニクを潰します。
  • すべての材料を小さく切り、水と一緒にブレンダーに入れます。
  • 滑らかになるまで混ぜてください。

摂取方法

  • 1日を通じてグラスに2〜3杯飲んでください。

3.オレンジとキウイのデトックスドリンク

キウイ

オレンジは最も多くのビタミンCが含まれている果物の一つです。

オレンジの効能をご紹介します:

  • 腎結石の予防
  • コレステロール値の正常化
  • 免疫システムの強化
  • 肌の保湿と健康維持

キウイには便秘を予防しながら体液貯留を解消し、消化機能を正常化する働きがあります。

材料

  • オレンジ果汁 5個分
  • キウイ 3個

作り方

  • ジューサーなどを使用してオレンジの果汁を絞りブレンダーに入れます。
  • キウイの皮をむき、小さく切ってブレンダーに入れます。
  • 滑らかになるまで混ぜてください。

摂取方法

  • 1日を通じて、グラスに2〜3杯飲んでください

4.りんごとパパイヤのデトックスドリンク

りんごとパパイヤ

りんご、パイナップル、そしてパパイヤを組み合わせたこのデトックスドリンクには、減量効果があります。

りんごの効能をご紹介します:

  • 消化機能の改善
  • カルシウムの吸収を促進
  • 口臭予防・解消
  • 高血圧の症状の緩和
  • 血糖値を下げる

このデトックスドリンクは胃腸系の問題を解消するだけではなく、腸粘液を強化して腸内の機能を正常に保ちます。

材料

  • りんご 1個
  • パイナップル 3カップ(465g)
  • パパイヤ 3カップ(420g)

作り方

  • すべての材料を洗ったら小さく切ってブレンダーに入れます。
  • 滑らかになるまで混ぜてください。

摂取方法

  • 2週間続けて毎日グラス2杯飲んでください。

今回ご紹介したデトックスドリンクを飲むことで、消化機能をはじめとする体内の健康維持に効果を発揮します。ただし、必ず健康的でバランスのとれた食事と運動を組み合わせることが大切です。

 

あなたへおすすめ