立ち直る力、レジリエンス

8月 21, 2016
レジリエンスとは、困難な状況に陥った時にその状況に立ち向かう力、心の傷を癒す力、そして未来に向かって進む力のことを言います。人は皆誰もが持っているはずの力ですが、この力は伸ばすことができるのです。

レジリエンスとは、自己啓発心理学の分野に深く根を下ろしていますが、レジリエンスという言葉の起源は物理学から来ています。

心理学者たちが取り上げている物理的特質として、私たちは逆境に直面し、それを乗り越え、さらにはより強い人間になることができるという点が挙げられます。

今日はこのセラピー的要素を持った癒しのメカニズムについて見ていきましょう。

信じられないかもしれませんが、私たち人間は生物学的にある種の事柄に”耐えて生き抜く”準備ができているのです。私たちの脳がその生き抜く過程を導いてくれるというのです。

私たちには困難を切り抜け、新しい希望を持って歩む力が備わっているのです。

立ち直る力、レジリエンスを身につける方法

今日は、立ち直る力、レジリエンスのコンセプトについて見ていきましょう。例えば職場環境で考えると、この力を身につけているなら困難な状況に対処することができますし、状況を分析したり新しいストラテジーを立てて前進することができます。

時として、困難な時にこそチャンスが訪れる場合があります。これは精神面でもそうですし、個人的な面においても言えるでしょう。

1. 自分の身の回りの人との関係を繋ぐ

2-heart-in-a-mountain

困難に直面した時、世界は突然崩壊してしまったような感じがすることと思います。周りの人は皆前に向かって進んでいるのに、自分一人だけが取り残されているようなそんな気がするのではないでしょうか。

まず、自分は一人ではないということを思い出しましょう。勇気を出して家族や信頼できる友達などに心を開き、頼りましょう。きっと力になってくれます。

周りの人に助けてもらうということで自分自身も強くなれます。守られている、一人ではないと感じるでしょうし、新たな決定をしたり希望を持つことができます。

2. 心の痛みはいつかは消える

しかし、こういった辛い状況というのは永遠に続くものではないということを忘れてはいけません。痛みは永遠ではなく、日に日に状況は改善していくのです。

時には人生の流れに”身を任せる”ということも大切です。人生には、幸せを感じる瞬間があることはもちろんですが、チャンスが訪れる時があれば、困難が訪れる時もあるのです。

3. 人生に変化はつきもの

すでに述べたことと関連していますが、人生とは川の流れのようなものです。人生に変化は付き物で、痛みを抱え続けるかどうかはその人次第です。

新たな希望を見つけることに全力を尽くしましょう。起こってしまったことはそれとして受け入れ、前に進みましょう。そして、毎日まっすぐ前を見て歩むのです。

4. 新たな目的を見つける

すでに起こってしまったことは今更変えられません。あなたにできることは、起きてしまったことを受け入れ、前に進むことです。まず最初にするべきことは、目的を見つけることです。最初は何か単純で達成できるものにしましょう。

次第に目的はより複雑なものへと変えていきますが、最初は簡単でセラピー的な要素を含んだものがよいでしょう。散歩に行く、新しい友達と会う、旅行に行く、些細なことを楽しむなどです。

過去に起こってしまったことを変えることは誰にもできません。起きてしまったことに対し否定しようとしたり、腹を立てたり、悲しく思うことは当然です。

 

5. ポジティブな自分像を創り上げる

3-leaping-with-heart

苦しみを抱えている時、失敗した時、がっかりして打ちひしがれている時、人はどのように見えるかご存知でしょう。簡単にイメージできると思います。では、今度は新しい自分の姿を想像しましょう。

問題を解決し、毎日上手くやっていくには自分に自信を持つことがポイントとなります。こうして立ち直る力、レジリエンスを身につけていくのです。

6. 物事を見通す力をつける

例え、困難なことにぶつかっていても、物事を見通すのをやめてはいけません。今はまるで真っ暗闇の中にひとりぼっちになってしまったように感じていても、再び幸せになる権利はあるのです。

誰か大切な人を失ってしまったとしても、笑うことや人生を楽しむことを止めてしまわないでください。先のことを考えることでが回復していくでしょう。

7. 自分自身を労わる

あなたには友達や家族を始め、あなたを大切に思い、辛い時には助けてあげたいと思っている人が周りにいます。しかし、あなたを本当に助けるべきなのはあなた自身なのです。

どんなに辛い時でも、例え絶望のどん底にいると感じても、再び笑って幸せを感じてもいいのだということを忘れないでください。心身ともに健康な状態になるために努力することを躊躇してはいけません。

散歩に行き、食生活を改善しましょう。夢や希望、いろいろな計画を通して感情を解放しましょう。どうか未来について考えることをやめないでくださいね。

あなたへおすすめ