食べてやせるチアシードダイエット

8月 15, 2015

チアとは、すぐれた栄養素を豊富にふくむ、地球上で最も貴重な植物のひとつ。マヤ・アステカなどの古代文明では、主要な栄養源として栽培されていました。チアシードは、オメガ3脂肪酸・抗酸化物質・ビタミン・ミネラルなどを提供してくれるほか、なんと体内の脂肪を燃焼するのを助けてくれるため、ダイエットのつよ〜い味方なんです。今回は、毎日の食生活にチアシードをとりいれてやせるにはどうしたらいいか、ごいっしょに学んでゆきましょう!

チアシードのダイエット効果については、さまざまな研究がなされています。最近『ブリティッシュ・ジャーナル・オブ・ニュートリッション』が掲載した研究報告によると、チアシードには減量を助ける効能があるという結果がでたそうです。ただし摂取量には注意が必要で、1日あたり大さじ1杯、または25グラム以下に抑えなければなりません。チアシードのダイエット効果と摂り方について、さらに詳しく見てゆきましょう。

どうしてチアシードでやせられるの?

体重増加

  • チアシードには、基礎代謝を高める、おどろくべき効能があるため、ウエストやおなかまわりの脂肪を燃焼するのに役立ちます。また、カルシウムも多く含むため、その日に摂取した脂肪を消化するのを助けてくれます。つまりチアシードは、ペタンコおなか達成のための、心強い助っ人なわけです。
  • チアシードはオメガ3脂肪酸を豊富にふくむため、蜂窩織炎の治療に役立つほか、早期老化をふせぐのにすぐれた効果があります。また、抗炎症作用もあります。
  • チアシードは、食欲のコントロールに役立ちます。毎日食べるようにすると、満腹感を与え、過食をふせぐなど、食欲を抑える役割を果たしてくれます。
  • チアシードは、腸内の調整にもすぐれた効きめがあります。繊維質を多くふくむため、腸の蠕動運動を活発にします。ただし、1日に2リットルの水を飲むことが肝心です。
  • 米国のオハイオ大学が行った研究によると、チアシードには不安感を抑える働きがあるそうです。リラックスにすぐれた効きめがあり、栄養士たちから推奨されています。

チアシードのその他の効能

  • チアは、オメガ3脂肪酸を最も多く含む植物です。
  • 抗酸化物質・タンパク質・アミノ酸・ビタミン・ミネラル・繊維質が豊富です。
  • グルテンを含みません。
  • それ自体は無味・無臭です。
  • カラダの活力を高めます。
  • コレステロールを下げ、血圧を調整します。
  • 消化をうながします。
  • 心臓を守ります。
  • 筋肉の発達と、細胞の再生をうながします。
  • 血糖値を調整します。
  • チアシードは低塩食品です。

食生活にチアシードを取り入れてやせるには

チアシード

  • チアシードを食生活に取り入れてやせるには、毎日25グラムのチアシードを摂取することをおすすめします。
  • 日々体重を減らすためには、チアシードを最低1ヶ月以上、毎日食べ続けなければなりません。あなたにとってメインとなる食事2食(たとえば昼食と夕食など)の前に、コップ1杯の水か生ジュースにチアシードをまぜて飲むようにします。1日の摂取量は25グラムですから、1回の使用量は12.5グラムになります。
  • チアシードは水溶性植物繊維をふくみ、水分を吸収する作用がありますから、水またはジュースに加えると、種のまわりが徐々にゼリー状になり、全体がとろりとしてきます。30分間そのままおいてから飲みましょう。
  • チアシードは、豆乳などの植物性ミルク・ヨーグルト・くだもの・ソース・スープ・クリーム・野菜などといっしょに食べてもOKです。粉末状のものを購入して、デザート作りに利用しても効果があります。
  • 1日に2リットルの水を飲むことをお忘れなく。十分な水分の補給は、チアシードが効能を発揮するために欠かせません。

チアシードはどこで買えるの?

チアシード-2

日本ではまだあまり普及していないチアシード。インターネットの通販で簡単に手に入ります。それ以外では、お近くの健康食品店や輸入雑貨店、薬局などをチェックしてみましょう。できるだけ質のよい、新鮮なものを購入しましょう。パッケージに記載されている包装年月日を確認してください。

先にも述べましたが、チアシードは種としてだけでなく、粉末状でも販売されています。粉末状のものは、サラダにふりかけたり、デザートに入れたりなど、気軽に利用できます。どちらを使っても、ヘルシーなダイエットに役立ちます。食べてやせるチアシードダイエット ー あなたも試してみませんか?

あなたへおすすめ