食べ方を変えてサイズダウンを目指す5つの方法

空腹を感じずに理想の体重や洋服のサイズを目指すのは不可能のように感じるかもしれませんが、今回ご紹介するちょっとした食事の変化で達成できます。

食べ方をちょっと変えるだけでパンツや洋服が1〜2サイズダウンするのをご存知ですか?

ちょっとしたシンプルな変化が私達の健康に大きな効果をもたらします。

ダイエットで最も気をつけたいのがリバウンドです。理想の体重になったのについついリバウンドしてしまう人が多くいます。

「ダイエット」とは一時的なものなので、ダイエットを終えるとリバウンドを引き起こしますが、「食事」そのものを変更して、毎日の生活に取り入れていくことで、リバウンドを防止して理想の体重を維持することができます。

例えば、砂糖の摂取を制限して積極的に水分補給を行うのは、減量のためだけではなく、健康維持に効果的な食生活の変更です。

本記事でご紹介する方法は、サイズダウン効果が期待できますが、そのためにはまず、生活習慣を根本から変える必要があります。

ただし生活習慣を根本的に変えるといっても、多額のお金を費やしたり、何かを犠牲にしたり辛いダイエットをするわけではないのでご安心ください。

 

1.シナモン

甘みをつけるときは、シナモンを使ってください。

朝食に果物を食べるときに、少量のシナモンを、またお茶を飲む時は、砂糖ではなく、シナモンで風味を加えてください。

就寝前に睡眠の質をあげるときは、温かいミルクに小さじ1杯のシナモンを加えると睡眠の質が上がります。

シナモンがサイズダウンに効果的な理由をご紹介します。

  •  シナモンは、このインスリン感受性を良くするため、 血糖値が安定します。
  • シナモンを摂取すると代謝が向上し、カロリー消費が高まるため、お腹周りの脂肪を減らし、脂肪が溜まるのを防ぎます。

2.ライ麦パン

健康的な食事にはパンが欠かせませんが、精製された小麦粉からできたパンではなく、栄養素が豊富な穀類を材料として使っているパンを選んでください。

  • 最もおすすめなのはライ麦パンです。シナモンと同様に血糖値を正常化する働きがあります。
  • 他のパンと比べても、少量で満腹感を得られるライ麦パンをトーストして食べるのがおすすめです。
  • 朝食にライ麦パンを食べると、エネルギーが長時間持続します。

3.オリーブオイル

サラダのドレッシング、タルタルソースなどの料理に使われるソースや、バーベキュー用のマリネソースなどの代わりにオリーブオイルを使ってください

  • 高カロリーのソースやドレッシングは料理をおいしくしますが、ダイエットの天敵です。日常的には使わないように気をつけてください。
  • サラダにオリーブオイルを使うと、お腹周りの脂肪を取り除くだけではなく、心臓の健康に効果を発揮します。
  • ドレッシングやソースに使われる飽和脂肪酸をやめ、オリーブオイルに切り替えることで、コレステロール値を正常に保ち減量効果を促進します。

また朝食前に、少量のレモン果汁とオリーブオイル小さじ1杯を混ぜたものを摂取するのも減量に効果的です。オリーブオイルとレモン果汁を摂取したら朝食を食べるまでに30分待ってください。

4.ダークチョコレート

甘いものが欲しくなったときはダークチョコレーがおすすめです。

一日にダークチョコレートを25〜30g食べると、心臓の健康に効果があるだけではなく、甘いものを食べたいという欲求を抑える効果があります。

お腹が空いたときや、甘いものが食べたくなったときは、果物一切れ、ナッツ類、そして少量のダークチョコレートを食べるとエンドルフィンが分泌されます。

5.コーヒー

カフェラテなどの牛乳や砂糖の入ったコーヒー飲料の代わりにコーヒーをお楽しみくください。コーヒーは代謝を向上させながら空腹感を満たす、利尿作用のある飲み物です。

ただしコーヒーの中に何を入れるかが大切です。

牛乳は脂肪分が高く体内で消化されにくいだけではなく、砂糖も健康に悪影響を与えます。

  • ココナッツシュガーやシナモンなどで甘みをつけるのもおすすめですが、一番のおすすめはブラックコーヒーです。
  • コーヒーに少量の水を加えて薄めると、より健康的で消化しやすく満腹感が増える朝食になります。