すぐに痔を見つける方法

4月 3, 2017

痔は、多くの人が悩む肛門や肛門周辺に起こる病気のことです。肛門や肛門周辺に静脈の炎症や腫れが起こり、痛み、刺激、出血などが起こります。

痔の原因は様々ですが、妊娠中の女性や排便時にいきみすぎる人が発症するケースが多いといわれており、痔のリスクを軽減するためにも、痔ができたらすぐに見つけること、つまり早期発見が早期治療につながります。

本記事では痔の見つけ方をご紹介します。

痔を見つける方法

はその症状が出ても、初期症状に注意を払わなかったり、無意識にも恥ずかしく思ってついつい無視してしまう人もいたりします。

今回は痔の主な症状をご紹介します。本記事を参考に痔の早期発見を心がけてください。

  • 肛門の痒み
  • 肛門の痛みや不快感(特に座った時)
  • 出血や痛み(特に排便時)
  • 肛門や肛門の周りの腫れや炎症

痔の原因の中で最も一般的なのは、排便時のいきみ、便秘、長時間座る生活、肛門の炎症、または肝疾患です。

また専門家は遺伝的な要因も考えられると話しています。それ以外にも、食生活の乱れや直腸の静脈のむくみも原因となることがあります。

早期発見が可能な痔

痔の初期症状に注意を払っていれば、早期発見が可能です

の症状が恥ずかしいからとその症状を自覚せず目を背けようとする人もいますが、早期発見により、専門家の治療を直ちに受けられるという利点があります。

これからご紹介するアドバイスに従って痔の初期症状を見つけてください。

  1. 肛門や肛門付近の不快感などを感じたり、前述した症状を実感したらすぐに痔を疑ってください。
  2. 症状が現れたらすぐに医師の診断を受けてください。早期発見により、症状の悪化や合併症を予防できます。内視鏡などを使った医師の診断により、適切な診断と治療方法が見つかります。
  3. 痔の初期症状を見つけたら症状の悪化を防止することが先決です。必ず医師の診断を受け、自己判断で治療を行おうとしては行けません。
  4. 痔に関する知識を深め、もしも初期症状が見つかった場合は本記事を参考にすぐに医師の診断を受けてください。
あなたへおすすめ