食事療法をやり遂げるための大切な15のポイント

ほとんどの人は食事療法やダイエットを始めるときは、やる気に満ち溢れていますが、時間の経過と忙しい生活の中で続けるのが難しくなり挫折してしまいます。

これまでに何度も挫折してきたけれど、今回は絶対に誘惑や弱い気持ちに負けたくないと決意している方は、本記事でご紹介する大切な15のポイントに従い、健康的な食事やライフスタイルを実現してください。

ポイント1

どの食事制限を行うときでも、朝食は大切です。

朝食でしっかりと栄養を摂ることで、職場や学校、また家事などをしっかりと行う活力が得られます。

朝食を食べないと、昼食までの間、空腹感に教われるだけでなく、最終的に必要以上に昼食を食べたり間食をするリスクが高まります。反対に、健康的な朝食を食べれば、午前中は満腹感が続き、昼食の時間になったら、決まった量の昼食だけで、十分に満足できます。

ポイント2

ジャンクフードや甘いもの食べる癖がついている方が食事制限を始めるときは、まず「甘い食べ物は不安感を誘発する」ことを覚えてください。

甘いデザートなどを食べる代わりに、好きな果物を食べれば、より健康的に栄養が補給できます。

ポイント3

食事の際は普段使っているお皿よりも小さいお皿を使ってください。通常より少量の食事を摂っていても、お皿が小さければいつも通りの量を食べているような気持ちになります。

ポイント4

十分な睡眠をとってください。

シカゴ大学の研究によると、満腹感を与えるホルモンであるレプチンは十分な睡眠によって生成されます。反対に睡眠不足でこのホルモンが不足すると、空腹感を感じ始めます。

毎日少なくとも8時間以上の睡眠をとってください。

ポイント5

定期的に体重を測りましょう。正しい食生活を送り、体重の変化を目にすることがモチベーションアップにつながります。

また自分の体内の変化にも敏感になります。

ポイント6

忍耐強くなりましょう。

すぐに効果のある食事療法やダイエットはありません。またすべての人の代謝が同じわけではありません。諦めずに継続することが成功への一番の近道であり、運動とバランスのとれた食事が目標へとつながります。

ポイント7

台所の棚には、健康的な食品だけをストックするようにしてください。果物と野菜をたくさん用意し、おやつの時間になったら、果物や野菜を食べてください。

ポイント8

水分や果物を十分に摂取してください。不安感を取り除く効果があります。また水分補給により、食事量が減る効果もあります。

一日の目安摂取量はグラスに6−8杯です。食事の前に水を飲むと食べすぎ防止効果があります。

ポイント9

パン、ヨーグルト、そしてクラッカーなどを完全にやめる必要はありませんが「全粒穀類」を選ぶようにすると、好きな食品を健康的に楽しむことができます。

ポイント10

オレガノ、マスタード、ガーリック、胡椒などの調味料を上手に活用することで食事がよりおいしく満足のいくものになります。

ポイント11

前述したように全粒穀類には食物繊維が豊富に含まれているため、消化機能を改善し、コレステロール値を下げ、便秘を解消する働きがあります。

ポイント12

食事療法は個人的なことで、家族や周りの人を巻き込む必要はありません。

ゆっくりと食生活を改善することで体が健康になり、動きも軽くなります。食事療法中は、これまでの努力を無駄にするような体に悪い食事は控えてください。

ポイント13

食事制限で体内の健康改善を目指すときにには、フェイスマスクや、肌への栄養補給、角質除去や髪のお手入れ、そして新しい洋服の購入など、自分の外見にも気を配ってみませんか?

内面と外面の両方から変化を目指すことで周りの人を驚かせましょう!

ポイント14

アルコールが高カロリーだとご存知ですか?

アルコールのカロリーは最終的に脂肪として体内に蓄積されます。

アルコールが大好きでやめられない方は、量を減らすか特別なときにだけ飲むように心がけてください。無理にアルコール断ちする必要はありませんが、ダイエットの効果をあげるためには、アルコール飲料の消費量を減らすことが成功への鍵です。

ポイント15

友達や家族に、自分が食事制限やダイエットを頑張っていると伝えましょう。

周りの人々からのサポートがあると食事制限やダイエットを続けやすくなります

お土産にチョコレートやアイスクリーム、そしてピザなどの食べ物を持ってこないでほしいと伝え、もし集まりや持ち寄りがある場合は果物や野菜お願いしてみることも成功への近道になります。

また周りからの励ましで、やる気が持続します。