自然に動脈の詰まりを取る方法

10月 3, 2015

あなたの動脈は、毎日身体が正常に機能し、血液が臓器から臓器へと適切に循環するために必要な大切な器官ですが、とても敏感な器官でもあります。

動脈が詰まると、何が起こるのか?

動脈が詰まったということは、身体のある部分が適切に機能していないということを意味しています。その時、動脈に酸素の循環と血液の流れの減少が起こります。また、異常なプロセスを通して、心臓を取り巻く動脈にプラークが蓄積しますので、1カ所の動脈に注意すればよいのではなく、循環系システムに悪影響を与えるより大きな問題なのです。

どうやって動脈の詰まりを取るのか?

まず絶対に忘れないで頂きたいのは、ひどい詰まりが起きた動脈がある場合は、手術による治療が必ず必要だということです。自分の動脈の状態がわかったら、いくつかのステップに従って、以下で説明するような自然な方法で動脈の詰まりを解消することも可能である、ということです。

代替方法

ここでご提案するシンプルで効果のある代替策には、果物から抽出された自然なものを使います。その果物とはざくろです。

ざくろの力

ざくろから抽出された成分は、動脈の詰まりをしっかりと予防し、また、詰まった動脈が引き起こす影響を元に戻すことができると、いくつもの研究が示しています。ざくろの効果は、冠動脈に最も良く効きます。

ざくろが何をしてくれるのか?

ざくろジュースには、心臓や血管の病気を直してくれる特別な力があります。その特別な成分と抗酸化物質、そして抗アテローム性の能力が力を発揮します。

その特別な成分以外にも、ざくろには程よい糖分が含まれ、また、ビタミンA・B・C・Eが豊富です。一方、グラス1杯のざくろジュースを飲むと、葉酸の1日所要量をすべて摂ることができる他、上に書いたビタミンの1日所要量の半分を摂ることもできます。ただ、最も大事で最も豊富に含まれている成分は他にあります。カリウムです。

この成分は、ナトリウムとカリウムのバランスを維持するために介在する活性のある成分です。また、筋肉の活動や神経の信号を作り出したり、伝達したりするために、極めて重要です。

ざくろ:心臓の守り神

低血圧

ざくろに含まれる一酸化窒素がその理由を説明してくれます。一酸化窒素は身体の中に少量見つかるもので、筋肉を緩めたり、血管を拡げたりすることに関係があります。また、一酸化窒素は血圧や血圧の流れを調整するためにも働きます。そのため、ざくろは一酸化窒素を守ることで、心血管系の問題を予防するために一酸化窒素がより確実に働くことができるようにしているのです。

何をしたら良いのか?

1日1杯のざくろジュースを、最低でも3ヶ月飲むことをオススメします。この期間の後、あなたの動脈の状態とその改善度を評価すると良いでしょう。何も変化がなければ、医師の診察を受けるべきです。

私たちのオススメ

もちろん、ざくろジュースを飲むだけでは十分ではありません。身体の中のバランスを維持することが重要で、だからこそ、バランスのとれた食事を摂り、新鮮な野菜や果物をもっと食べなければならないのです。脂肪や加工食品を避けましょう。

また、グラス1杯の人参ジュースを飲んで、このジュースが良い循環を助ける効果を活用することもできます。もっと簡単な方法には、伝統的な、ハチミツとレモンの飲み物を飲むというものがあります。

あなたへおすすめ