脂性肌におすすめ!ライスウォーター化粧水

10月 15, 2017
日本人に昔から愛されている米から作るライスウォーターには、美肌成分が豊富に含まれています。ライスウォーター化粧水は、海外でも人気の美肌ケア方法です。

脂性肌とは、皮脂腺の働きが活発になり皮脂が出やすくなるために、顔全体の皮脂量が多く、テカリやベタつきなどの症状が現れる肌を指します。

脂性肌の正しいお手入れ方法を知らずに間違ったケアを行うと、肌のpH値の乱れが悪化するケースも見られるため、脂性肌ケアには天然素材を使用した自然な製品をお勧めします。

本記事でご紹介するライスウォーターは、過剰に分泌された皮脂を取り除きながら、肌への栄養を奥深くまで浸透させる働きがあり、肌にとても優しいため、肌トラブルの心配がありません。

脂性肌にオススメのライスウォーター化粧水

お米は世界中で消費されている食品で、調理に使われることがほとんどですが、美容にも活用できるおすすめの食品です。

米に含まれる成分は、私たちの体内にエネルギーだけではなく豊富な栄養素を供給します。

米から作るライスウォーターには、肌の再生を促進する成分が含まれており、美容業界でも、アンチエイジングクリームなどをはじめとする米を使用した製品が多く市販されています。

ライスウォーターの発見

米とぎをする日本人が、肌への美容効果に気づき、その後多くの人に使われるようになったと言われています。

ライスウォーターは肌の状態を驚くほど改善する栄養が豊富に含まれており、肌の表面の老廃物だけではなく、皮脂や毛穴の黒ずみまで取り除きます。

継続して使うことで、肌の正常なpH値を取り戻し、ニキビ、アトピー、乾癬などの慢性疾患の症状を和らげ、シミなどの発生を最小限に抑えながら肌を輝かせます。

 

ライスウォーター化粧水の作り方

天然のライスウォーター化粧水をご紹介します。

市販品と違い化学物質が含まれないライスウォーターには、ビタミン、ミネラル、抗酸化物質などが豊富に含まれているため、細胞を修復しながら、シワをはじめとする加齢による肌のトラブルを予防します。

毎日の肌ケアにライスウォーターを取り入れ、1日数回塗ることで、毛穴を洗浄しながら、テカリの原因となる過剰な皮脂を取り除きます。

材料

  • 有機米 大さじ5(100g)
  • 水 1カップ(250ml)

必要な道具

  • スプレーボトル 1本
  • ボウル 1個

作り方

  • 水を沸騰させたら火からおろして、ボウルに注ぎ入れます。
  • ボウルに有機米を入れたら蓋をして約30分間このままにします。
  • 濾して液体だけを取りだします。
  • この液体がライスウォーターで、スプレーボトルに入れて使用します。

使用方法

  • 洗顔料などを使って化粧を落とした後、ライスウォーター化粧水を顔に塗ります。
  • 顔に自然に浸透するまで、拭かずに待ちます。
  • 化粧を行う前と就寝前にも必ず塗ってください。
  • 肌が脂っぽいまたはテカっていると感じるときは、1日最大で3−4回使ってください。

今回ご紹介したように、作り方はとても簡単です。

ご自宅で簡単に作ることができるライスウォーター化粧水には、ビタミンとミネラルが豊富に含まれているため、肌の栄養を補給する効果があります。

毎日のお手入れにぜひ加え効果を実感してください。

あなたへおすすめ