歯肉炎によく効く自然療法

8月 27, 2015

歯垢は放っておくと歯石になり、取りのぞくのがさらにむずかしくなります。どちらも私たちの歯のエナメル質を溶かしてゆき、やがて歯を失う結果を招いてしまいます。

もし歯をみがくたびに歯ぐきから血がでるなら、歯肉炎の初期症状である可能性があります。歯ぐきが腫れている・色が赤いというのも、歯肉炎の兆候です。これは歯垢(歯と歯のあいだや、歯ぐきと歯の境目につくネバネバした白い膜)がたまることによって起こります。今回は、歯肉炎とその原因、またそれに対する自然療法について、ごいっしょに見ていきましょう。

歯肉炎とその原因って?

歯肉炎の症状は、歯ぐきの腫れと出血。これを引き起こす歯垢とは、食べ物のカスそのものではなく、食べた物の糖分をエサにして口内の細菌が作り出した、細菌のコロニー(集落)であり、英語ではプラークと呼ばれます。食後に歯をきちんとみがかなかったり、ある種の食物(コーヒーなど)を過剰に摂りすぎたりすると、歯垢がたまっていきます。放っておくと、歯垢はやがて「歯石」と呼ばれる、黄色っぽい物質に変化します。

この過程において、歯垢の中の細菌が作り出す毒素が、歯ぐきを刺激して後退させます。そのため、歯と歯ぐきのあいだに「ポケット」と呼ばれる隙間ができます。この隙間の奥に感染症が起こると、骨にまで達することがあります。その結果、歯の根がゆるみ、最悪の場合は歯が抜け落ちてしまうのです。

2-歯茎

歯肉炎の原因をいくつか挙げると・・・

  • まちがった歯みがき(固い歯ブラシを使う・食事のあとに歯をみがかない・フロスをしないなど)
  • 精神的なストレス
  • ホルモン分泌のアンバランス(妊娠中・思春期・生理中など)
  • 栄養失調
  • 骨粗しょう症糖尿病などの病気
  • ある種の医薬や食物の摂取(血液希釈剤・抗生物質・血圧降下剤・免疫抑制薬・抗てんかん薬など)
3-りんご1

歯肉炎によく効く家庭療法って?

  • 過酸化水素水(オキシドール)と重曹を同量混ぜてペーストを作り、これで歯をよくみがきましょう。特に、歯ぐきの周辺を丁寧にみがいてください。重曹には、歯垢と悪臭を取りのぞき、歯を白くする働きがあります。
  • ぬるま湯に塩小さじ1/2杯を溶かしたもので、毎晩口をすすぎましょう。
  • 牛乳で煮たイチジクまたはアロエベラゲルを使って、1日に数回、歯ぐきをマッサージしましょう。
4-オートミール

  • 食事(昼食か夕食)のあと、熟成したチェダーチーズまたはスイスチーズを1〜2切れ食べましょう。皮をむいていない生のりんごを1切れ食べるのもよいでしょう。
  • 乾燥させたミント・アニス・ローズマリー各小さじ1杯と水3/4カップでお茶を作ります。材料を合わせて10分間沸騰させてから漉し、できた液体で1時間おきに口をすすぎましょう。
  • 水カップ1杯とリンゴ酢小さじ1杯をまぜてマウスウォッシュ(洗口剤)を作り、毎朝これでブクブクうがいをしましょう。同じものを食事のときに飲んでもOKです。
  • ラベンダーオイル3滴と純粋はちみつ大さじ1杯を冷水またはぬるま湯に混ぜて作ったお茶で、口をすすぎましょう。
5-はちみつ

  • 熱湯カップ1杯にミルラ(没薬)2滴を溶かします。これを洗口液として、食前・食後に飲みましょう。
  • 沸騰させたお湯カップ1杯に、セージの葉をひとつかみ入れます。ふたをしてさまし、できた液体でうがいしましょう。このミックスには、消毒薬および抗真菌剤としての作用があるため、歯ぐきの炎症をやわらげ、歯をきれいに保つのに役立ちます。
  • タイム大さじ2杯を沸騰させたお湯カップ1杯に加えます。ふたをして数分間置いてから、マウスウォッシュのように適量を口にふくんで、ブクブクうがいをしましょう。歯肉炎を引き起こす細菌の繁殖を抑えるのに役立ちます。
  • ゼラニウムの葉大さじ2杯を沸騰したお湯カップ1杯に加え、15分間置いてから漉します。できた液体で1日に2回口をすすぎましょう。
6-ティール

  • 水カップ1杯に、乾燥させたアルテア根を大さじ2杯加え、5分間沸騰させます。この液体がまだ温かいうちに口をすすぎましょう。1日に数回実行してください。
  • ベリー(イチゴなど)カップ1/2杯・牛乳カップ1/2杯・バニラエッセンス小さじ1杯・バナナ1本を刻んだものを、なめらかになるまでミキサーにかけます。朝起きてすぐ飲みましょう。ベリーには、歯肉炎を引き起こす細菌を殺す働きがあります。
  • マンゴーの葉ひとつかみを、1リットルの沸騰したお湯に加えます。ふたをしてさまします。この液体を使って、1日に1回うがいしましょう。また、マンゴーの果肉2切れを洗ってからつぶしたものを、5分間かんでもよいでしょう。
  • はちみつ30グラム・レモン汁7滴・ペパーミントオイル7滴を混ぜ合わせます。これで1日に1回、口をすすぎましょう。
  • アルニカ大さじ1杯を、アルテア根およびスギナの葉といっしょに、カップ1杯の水で温めます。これを10分間置いてから漉します。できた液体にセージオイルを5滴足してから、ガラス容器(広口びんやボトルなど)に移し、ふたをしておきます。使用前によく振ってください。歯ぐきの出血があるとき、この液体で口をすすぎましょう。

7-スパイス

  • アロエベラゲル30グラム・はちみつ30グラム・過酸化水素水(オキシドール)8滴をまぜあわせます。これを使って、1日に2回、口をすすぎましょう。
  • ヘンルーダ(ルー)の葉ひとつかみを1リットルの水に加えてお茶を作ります。これをマウスウォッシュとして、1日に3回、朝・昼・晩に使いましょう。
  • トマト1個を刻んで、ほうれん草・パセリニンニク2片・ブロッコリーといっしょにミキサーにかけ、水カップ1杯を加えます。これを1日にコップ1杯飲みましょう。
  • イチゴひとつかみをミントの葉といっしょにミキサーにかけます。ドロリとしすぎているときは水を適宜加えてください。これを食事(朝・昼・晩)のあとに飲みましょう。

「歯肉炎によく効く自然療法」、ご参考になりましたでしょうか? ご家庭でできるこれらの自然療法を実行して、お口の健康を守りましょう!

あなたへおすすめ