脂肪を落とす5つの秘訣

腕やウエストについた余分な脂肪を落としたいと思っている方は多いと思いますが、運動やダイエットをもってしても脂肪を落とすのは難しいですよね。極端な体重の増減によって、脂肪のついた部分の皮膚は、もとの状態を維持できないくらい引き伸ばされます。時間の経過、運動不足、誤ったダイエットもこの原因となります。

この記事では脂肪を落とすのに役立つ、秘訣の数々を紹介したいと思います。

脂肪撃退のステップ

専門家たちによると、脂肪が現れる主な原因の一つは明らかに、粗食にあるようです。私たちは体重を減らすために、ある特定の食物を摂取しがちになることがありますが、それでは水分、そして筋肉量までも減らすことになります。つまり、腕、臀部(おしりの部分)の骨格、腹部や筋肉など、体の大部分で減量が起こっているということです。減量をするとこういった部分は柔らかくなったように見えますが、それは水分や筋肉組織が減量によって不足しているからで、以前は脂肪を含んでいた皮膚が今はしまりなくたるんで見えるということなのです。

うっとうしい脂肪を撃退するために、どんな行動ができるか、生活習慣のどういった部分を改善できるか、見ていきましょう。

1.筋肉を強化し、脂肪を燃焼する食べ物

apple

単に体重を減らすだけでなく、極端に水分を減らしたり筋肉の強さや抵抗力を失ったりすることなく適切に体重を減らすためには、筋肉を強化し脂肪を燃焼するという二つの効果を持った食物が不可欠です。この種のものは、体を強くし、骨や関節にとって重要な働きをします。

適切な食物を摂取することによって、この二つの効果に気を配り、効果を高めることによって、脂肪がつくのを防ぐことができるでしょう。ダイエットをするときは、脂肪を減らすのであって、筋肉は減らさないように気を付ける、ということを心にとめておくことが重要です。

良質なたんぱく質:たんぱく質は筋肉を強化するために必要です。ダイエットを始めるとき、体重が増えるのではないかと考えてたんぱく質なしですまそうとする人がいます。これは大間違いです。バランスのとれた色々な栄養をとるために、タンパク質は摂取すべきものです。身近にあるタンパク質を含む食物のうち、最もおすすめなのは、卵や、鶏肉やシチメンチョウなどのような脂肪の少ない肉です。赤身の多いものを使用すると良いですね。適切な量のたんぱく質を摂取するために、アーモンドや魚のサケもおすすめです。

りんご:驚くべきことに、皮付きのリンゴは非常に優れた食物で、たんぱく質もとれるし、脂肪を燃焼させるためにも役立ちます。アイオワ大学の研究によると、リンゴの皮に含まれるウルソール酸は、筋肉の成長を促進し、同時に多くのカロリーを消費してくれるそうです。ウルソール酸は他にも、バジルやクランベリー、プルーンのような植物にも含まれますが、とりわけリンゴの皮に含まれる量は多いようです。

2.抗酸化物質の重要性

berries

抗酸化物質はフリーラジカルと闘うために最適な物質です。(フリーラジカルとは、体内の組織を酸化してしまう力が強い、体内に存在する分子のことで、少しずつ肌を老化させ、脂肪をひき寄せてしまいます。)抗酸化物質に加えて、これらの多くに含まれているビタミンCは新陳代謝を早め、筋肉を減らさずに脂肪を燃やすことを促進します。言い換えれば、こういった種類の果物を定期的に摂取すると、肌のなめらかさやハリはがアップし、修復力が高まり、お手入れがしやすくなり、そして有害で体の役に立たない脂肪を燃焼させることができるということになります。他にビタミンCを多く含む果物には、ゆず、レモン、柿、キウイフルーツなどがあり、野菜にはピーマン、ケール、キャベツ、ブロッコリーなどがあります。

ベリー類は優秀で、オレンジやレモンと同じくらい、適切な量の抗酸化物質とビタミンCを取ることができます。ベリー類を取ることによってコラーゲンも摂取できますが、これは肌のハリを保つために必要なものです。ですので、可能なときはベリー類を添えた適切な朝食をとり、健康に良い天然果実のジュースを作りましょう。ビタミンとミネラルが持つ素晴らしい力は、どんなときも健康な体づくりに役立つでしょう。 

3.ファーストフードや油っぽい食べ物はダメ

fast-food

これは分かりきっていて、誰でも知っていることだと思います。しかし、時間がないときや、例えば心配事があって、スイーツを食べることで楽しみを得たいときなど、時にはファーストフードは簡単で手っ取り早い食事になります。これは間違いで、こんなことをしていると体重が増えるだけでなく、塩分や糖分の取りすぎで体がむくみ、血液中の水分量が増えることになり、必然的に肌のハリを失うでしょう。ですので、もうご存知の通り、ファーストフードや油っぽい食べ物は避けましょう!

4.日光に気を付けて!

sun

日光に気を付ける」と聞いて驚きましたか?そうでしょうね。日光が、例えばビタミンDの合成に使われるなど、健康に必要なことはみんな知っています。しかし、長時間日光にさらされると、天然コラーゲンが失われ、水分の補給が難しくなり、肌のハリが衰えます。ですので、太陽光線が最も強い時間(正午から午後4時)は常に日光浴を避けるようにしましょう。

5.脂肪撃退のための運動

exercises

脂肪撃退に一番効果があるのは、必要以上に脂肪がついた部位の脂肪をなくそうとすることです。ウエストや腹部に余分な脂肪があるのなら、手足の曲げ伸ばしやストレッチはいつでもおすすめです。足や臀部(おしりの部分)を引き締めたいのなら、少なくとも1時間、早歩きをしたり自転車に乗ったり、泳いだりしましょう。適切な食物をとることに加えて、このささやかなトレーニングをすれば、健康状態が改善され、少しずつ脂肪をなくすことができます。これは、誰もが分かるように努力が必要なことですが、少しの意志があれば少しも不可能なことではないでしょう。今日から始めてみてはいかがでしょう。