セルライト解消のために避けるべき食品7つ

8月 26, 2017
炭酸飲料を過剰に摂取するとセルライトの原因となります。炭酸飲料は一部の疾患を引き起こす炎症の原因ともなり、セルライトを減らしにくくします。

セルライトは、体液や脂肪の蓄積、女性ホルモンや脂肪の影響で、皮下脂肪の内外に脂肪編成物質やコラーゲン線維が沈着したものを指します。

太ももや足にできやすいと言われていますが、腹部や上半身にも発生します。

肥満と関わりがあると言われていますが、ホルモンの乱れ、リンパの老廃物、または有害物質の蓄積もその原因です。

セルライトは深刻な疾患ではありませんが、外見上、そして美容の面からもセルライトを解消したいと考える人がほとんどです。

あまり知られていませんが、脂肪や炭水化物など、セルライトの解消を妨げる食品が存在します。

本記事では、セルライトを解消するために避けるべき食品をご紹介します。

1.精製された小麦粉

私たちの毎日の食事には、精製された小麦粉が多く使われていますが、肌や体重の問題を解消するときに「敵」となる食品です。

単純炭水化物とも呼ばれる精製された小麦粉は、代謝されにくく、体内に蓄積されて脂肪となりやすい食品です

できる限り摂取を減らすべき食品をご紹介します:

  • 精製された小麦粉
  • クラッカー
  • クッキー
  • パン類
  • パスタ類
  • 白米

2.ドレッシング

市販されているドレッシングを食事に加えるだけで、いつもと違う風味が楽しめますが、脂質や飽和脂肪酸が含まれているため、代謝に悪影響を及ぼします。

またドレッシングを日常的に使うと、体液貯留やリンパの問題を発症し、セルライトの解消の妨げとなります。

できる限り摂取を避けるべき食品をご紹介します:

  • マヨネーズ
  • トマトソース
  • マスタード
  • 醤油

3.加工肉

加工肉は手軽に食べられるため、多くの人が毎日の生活に取り入れていますが、私たちの健康には非常に有害です。

脂肪、塩分、そしてその他の有害な化学物質が含まれている加工肉は肥満のリスクを高め、セルライトが増やす危険があります。

セルライトを減らしたいと考えているときは、以下の食品は食べないようにしてください:

  • ソーセージ
  • ハム
  • ホットドック
  • サラミ
  • ベーコン

4.塩

塩の過剰摂取は、高血圧体液貯留、そして関節疾患を引き起こし、はセルライトを増やします。

塩分が多く添加されている加工食品の摂取を避け、塩分の摂取量を最低限に抑えてください。

塩分を全て制限する必要はありませんが、精製された塩ではなく、天然の塩を使用してください。また必ず食品ラベルを確認してください。

5.乳製品

乳製品には私たちの健康に有害な飽和脂肪酸が大量に含まれているため、体内組織に蓄積されてセルライトを形成します。

オレンジの皮のようになったセルライトを解消したい人にとっては特に避けるべき食品であり、一部の人は乳製品を摂取すると炎症反応を起こし、病気の原因となることもあります。

6.甘いもの

甘いものは美味しく癖になりますが、セルライトを解消し、肌の健康を取り戻すためには、砂糖を含む食品の摂取を控えるべきです。

砂糖を摂取すると体内に脂肪が蓄積されやすくなり、長期的に見るとセルライトが悪化する原因になります。

また砂糖を使ったデザートやお菓子は、毎日食べたいという中毒症状を引き起こし、これらの食品を止めるのが難しくなります。

デザートやお菓子を購入するときは食品ラベルを必ず確認し、できる限り市販品ではなく、手作りを心がけてください。手作りする場合も、砂糖などを加えることは避け、ステビアやココナッツシュガーなど、健康的な食品を代替えとして使用してください。

7.炭酸飲料

炭酸飲料の風味は、癖になりますし、テレビCMや広告の影響で喉の渇きを潤すのに最適な飲み物という印象を与えます。

しかし、炭酸飲料は高カロリーで砂糖が大量に添加されているため、セルライトの原因となります。また炭酸飲料の過剰摂取により、炎症などを発症し、健康に悪影響を及ぼします。

セルライトを解消するためには、今回ご紹介した食品の摂取を制限し、バランスのとれた健康的な食生活を心がけてください。

もちろん、これらの食事を時々食べることまでは制限する必要はありませんが、できる限り低カロリーで健康的な食品に変更し、食生活を改善することをお勧めします。

 

あなたへおすすめ