線維筋痛症の症状を和らげる/薬用植物

· 12月 13, 2015
伝統的な医学的治療と組み合わせることで、ある薬草は、線維筋痛症の症状を耐えれられるものにしてくれます。その中でも、カプサイシンを含有するカイエンペッパーは痛みを軽減するのに役立ちます。

今日、線維筋痛症の原因は未だ不明ですが、医師のアドバイスに従い、適切な栄養摂取および以下の薬用植物の使用によって、症状を和らげることができます。

線維筋痛症の症状を和らげる薬用植物

セルジペ国立大学(ブラジル)は、いくつかの植物が、様々な面で繊維筋痛の症状を軽減してくれることを発見しました。しかしながら、これらの植物が疲労や痛みを跡形なく取り去るという意味での治療ではないということは、はじめにはっきりしておかねばなりません。これらの薬草は、線維筋痛症の症状を緩和するだけであり、他の治療法、例えば処方薬、心理学的治療、および栄養指導と組み合わせて使用することによって、より痛みに耐えられるようにしてくれるのです。まず、植物にどのような効果があるのか見ていきましょう。

  • 睡眠の質を向上させる
  • 線維筋痛症の症状を軽減する
  • 痛みを軽減する
  • 関節の凝りをほぐす
  • 炎症を抑える
  • 不安を和らげる
  • 戦争神経症

それではどの植物が最も有効なのか見てみましょう。

関節痛2

1.デビルズクロー

この植物は「悪魔のかぎ爪」としても知られており、自然食品のお店や薬局で錠剤やお茶として目にすることができます。デビルズクローはゴマ科の多年草であり、古くから薬として利用されてきました。ドイツの厚生省はこの植物を関節痛、リウマチ、関節炎を患っている人々に勧めています。優れた抗炎症作用を持ち、痛みの緩和に適しています。何よりすごいのは、この植物には薬を妨げになるような作用がほとんどないのです。デビルズクローは、特に毎朝摂取することが線維筋痛症の患者に適しています。

2.オトギリソウ

この植物はサン・フアン(プエルトリコ)の植物として知られています。オトギリソウは、線維筋痛症に関連した憂鬱、落胆や軽度のうつ病に非常に効果的な自然に作用します。それに加えて、この植物から作られたお茶は、体に有機酸、精油、ケラチン、リモネン、及びタンニンとボディを与えます。それはまさに自然の特効薬であり、毎日午前と午後に試してみる価値があります。

3.カイエンペッパー

カイエンペッパーは日本の調味料では、一般的に唐辛子の別名で販売されていることが一般的です。これは驚きだったのではないでしょうか。一般的にカイエンペッパーは炎症を引き起こすと考えられていますが、実はガーリックや生姜、マスタードシードのようにとても健康的なのです。その効能はカプサイシンの含有量にあり、疼痛緩和を促進します。きっと痛みを軽減するカプサイシンを含む話題のクリームについて聞いた事があると思います。ですから、心配しないでカイエンペッパーを入れたお茶を一日に2回飲んでみて下さい。その素晴らしい効能を活用する最も良い方法は、温かいお湯に緑茶のティーバッグとカイエンペッパーを一つまみ、数滴のレモン汁を混ぜて飲むことです。