りんごパックでアンチエイジング

10月 31, 2016

肌の状態が加齢によって変化してくるのは自然なことであり、ある年代に達すると、年齢を反映した小じわなどができ始めるのもごく普通のことです

できるだけ長い間、若々しい見た目を保ちたいと願う人は多く、美容業界や美容医療においては、老化のサインを予防するためのさまざまな技術や製品が開発されています。

肌にとって、現代のライフスタイルによる最大の問題は、環境汚染や紫外線に持続的にさらされたり、運動不足になりがちであったりと、肌と体の加齢を加速させる要因に囲まれているという点です。そのため、まだ若いうちから老化の兆候が現れ始める人もいます。

フリーラジカルや外的な刺激による肌へのネガティブな影響を減らすために、美容の専門家たちは、肌を回復させ、若々しく保つために必要な栄養分を、毎日に供給することを勧めています。

食事で栄養を摂ることはもちろん、外側からのケアとしては、肌ダメージを修復するための有効成分を配合したシワ予防クリームや、アンチエイジングクリームなどがあります。しかし、こういった市販製品はたいてい高価で、なかなか手が届きません。

しかし、簡単に手に入る自然の材料を使い、自家製のアンチエイジングクリームやパックなどを作ってケアすることもできます。この記事では、長きに渡って最もよく食べられているフルーツの一つであり、美肌効果のある抗酸化成分が豊富な、りんごを使ったパックをご紹介します。

りんごの肌への効能

apples-benefits-for-the-skin

世界中にさまざまな種類のりんごがありますが、栄養においては大部分が似通っています。

細胞の働きを阻害するフリーラジカルに対抗する、ビタミンCやベータカロチンなどの抗酸化成分が豊富に含まれているため、りんごを積極的に食生活に取り入れることは美肌につながります。

腸の運動を促す食物繊維やペクチンも豊富に含まれているため、食べ物のスムーズな消化や、肌に悪影響を及ぼす体内の毒素の排出に役立ちます。

また、りんごに含まれるリンゴ酸や酒石酸も美肌をサポートします。どちらの成分も肌の角質除去に効果的です

リンゴ酸はりんごに多く含まれており、りんごよりは含有量は少ないものの、ワイン、シードル、りんご以外のフルーツにも含まれています。

酒石酸も、りんごやワインなどに含まれています

りんごのアンチエイジングパック

anti-aging-apple-mask

栄養豊富なりんごは、ダメージを受けた肌を修復し、栄養を供給するパックの材料として適したフルーツです。

りんごに含まれるビタミンEなどの抗酸化成分や、りんごの持つ保湿効果を生かし、蜂蜜の美肌効果も組み合わせたこのパックは、とても簡単に作ることができますが、老化のサインを予防するために優れた効果を発揮します。

材料

  • 青りんご 1個(サイコロ切りにする)
  • 蜂蜜 1テーブルスプーン(25g)
  • 牛乳 100ml~適量

作り方

  • りんごと牛乳をミキサーに入れ、全体が均一なペースト状になるまで混ぜてください。
  • ペースト状になったらミキサーから取り出し、蜂蜜を加え、よくかき混ぜましょう。

りんごパックの使い方

  • パックを顔・首・デコルテに塗る前に、クレンジングや洗顔料で、メイクや一日働いた後の顔の汚れをしっかり落としておきましょう
  • 洗顔が終わったら、パックを適量取り、デコルテから額まで均一に伸ばしてください
  • 目に入ると刺激になりますので、目の周りは避けて塗るようにしましょう。目を閉じ、まぶたの上にきゅうりのスライスなどをのせてもよいでしょう。
  • 20分間そのままにし、冷たい水、またはぬるま湯で洗い流してください。

パックの効果が眠っている間に発揮されるよう、夜寝る前に行うことをおすすめします

あなたへおすすめ