恋愛関係でよくある間違い4つ

1月 18, 2016
私たちは皆、自分のスタイルで愛を伝えますが、愛情は言葉では言い表せません。

日々の生活を通し我々は精神的に成長し、少しずつ自分自身を知っていくものです。過去の恋愛の誤ちから学んだり、時には自分が快適でいるために相手との間に“壁”を張り巡らせる方法を覚えたりもするでしょう。

しかし自分を知ることは決して簡単なことではありません。また時として私たちは、感謝や愛情、尊敬の気持ちを相手に示すのではなく、疑いや不幸せな気持ちを相手にぶつけてしまうかもしれません。今日は、些細なことでありながらもよくある恋愛関係の間違いをみていきましょう。

1. 愛とはただ「愛している」と言うことではない

関係.

誰かと恋愛関係にあると、「愛している」と毎日言うのは簡単でしょう。そしてこの言葉を聞くと、ホッとするのですが、これだけでは愛は表現することにはなりません。言うだけではなく、本当の愛情を示すような行動を取らなければならないのです。

  • 人は皆、それぞれの方法でを表現します。中にはとても情熱的に愛を表現する人もいるでしょうし、反対に、黙って愛情を示すため、相手をよく理解していないと気付かれないような人もいるでしょう。しかし、その人の愛の表現方法が少ないからといって、“愛が足りない”わけではないのです。愛を示す方法は数えきれない程あるでしょう。
  • 中には、キス、ハグ、ちょっと体に触れるなどの愛情表現をいつもいつも求める人がいます。しかし、皆がそうではないということを知っておかなくてはいけません。そして、そういった体での表現が少ないからといって愛が少ないわけではないのです。
  • 必要な時には、ちょっとした目つきで愛を表現することもあります。それは、あなたと相手がお互いに繋がっていて、賞賛し合っているということを表すような、ちょっとした微笑みかもしれません。あなたは今、相手に対し、もっと表現豊かにどれ程自分と一緒にいたいかについて毎日語って欲しいと思っているかもしれません。しかし、本当に大切なことは表現回数ではありません。いくら少なかろうと、その表現が相手の本心であることが一番大切なのです。
  • 言葉ではなく、行動や態度で相手を評価しましょう。言葉は、時として間違って受け取られたり、意味を失ってしまう場合があります。また、言葉に嘘をつくことは簡単ですが、行動には嘘がつけません。相手があなたのことをどのように扱ってくれるか、想ってくれるか、尊敬してくれるかを見ましょう。それが本当の愛なのです。
  • もしあなたが愛情表現を毎日必要とするタイプで、“相手よりも自分の方がより愛している”と感じているなら、一度相手と話してみる必要があるかもしれません。相手にあなたが必要としていることを伝えましょう。

 

2. 見返りなしに自分の全てを捧げることではない

関係.コーヒー

これは多くの人が嵌ってしまう罠だと言えます。相手を愛することは、無条件に、無制限に自分の全てを捧げることだと勘違いしてしまうのです。しかし、気をつけなければいけません。

  • バランスを保ちながら賢く人を愛することが大切です。2人が一つの“チーム”になるのだという意識を持ち、相手に自分を捧げるのは素敵なことです。あなた自身を捧げ、相手はそれに報いてくれるでしょう。あなたは相手の人生を豊かにし、相手はあなたの人生を豊かにしてくれます。あなたの精神的な成熟さと独立心があれば、日に日に2人は一つのチームとなれるでしょう。
  • 相手の為にすべてを諦めてしまうのなら、いずれ、あなたは心が空っぽになったと感じ、苛立ちを感じる日が来るでしょう。あなたの全てを“恋愛関係”という箱に詰めこんで蓋をしてしまったため、もう取り出すことができないことに気がつくでしょう。
  • 相手が自分のために何かしてくれると期待するのは自分勝手ではありません。1日の終わりにはお互いに気を配りましょう。2人は2人の関係の中で、同じだけ幸せであるべきなのです。

3. 気に触ることがあった時、黙って相手が気付いてくれるのを待っていてはいけない

関係2

人は皆、何でも知っているわけではありません。恋愛関係の中で最もありがちな間違いは、自分が傷ついたり嫌な思いをした時、相手もそれをわかっているはずだと思い込むことなのです。

そして、何が嫌なのか、何に傷ついたのかを説明する代わりに黙り込み、あげくの果てに怒りを覚える人がいます。相手からは無視されたように感じ、黙って相手を罰するのです。

これは大変未熟な行動です。もし、何か嫌なことがあるのなら、黙っていてはいけません。相手に“見えない短剣”を投げつけてはいけないのです。どんどん怒りのサイクルに嵌ってしまうだけなのですから。

気持ちを打ち明けることを恐れないでください。何かに怒っているのなら、そう言いましょう。傷ついているなら、その痛みを表現してください。何かが必要なら、頼んでください。あなたのパートナーはあなたが選んだ人なのです。会話や協調性を持って2人の間にハーモニーを築き上げましょう。戦場を作り上げるのではありません。

4. “わたしだけの世界”

関係.日記

こんなふうに考えてください。新しい恋愛関係が始まる時は、2人ともまるで子どものようです。あなたはきっと相手の周りの世界に注目するでしょう。あなたにとっての新しい世界を選んだのですから、それは良いことなのです。

  • 自分自身が個人的に成長することが大切です。つまり、毎日何かしら学び、あなたがどのような人間であるかを確かめましょう。学業、友達、仕事などをおろそかにしてはいけません。
  • 恋愛関係はもちろん大切です。しかし、あなたの人生にある、他の事柄も同じように大切なのです。例えば、エクササイズ、社交の輪、自分だけの場所・・・全てがあなたを一人の人間として輝かせるものです。自分の自尊心や安全を築き上げましょう。
  • 自尊心を高く持つことで、恋愛関係はより良いものとなりますし、精神的に成熟できます。もし、自分の恋人だけに全注意を向け、仕事や個人的な成長をおろそかにしていたら、いずれ苛立ちを覚え、最悪の場合は自分の不幸を恋人のせいにするようになるでしょう。

あなたは一人の人として成長できますし、カップルとしても成長できるのです。これが人生における本当の幸せを見つける方法です。

あなたへおすすめ