ラベンダー:色々使える素晴らしい精油

12月 6, 2017
ラベンダー精油は健康にもお肌にも良く、家庭内でも様々な場面で使うことが出来ます。ここではその使い方をご紹介します。

ラベンダー精油は健康にもお肌にも良く、家庭内でも様々な場面で使うことが出来ます。ここではその使い方をご紹介します。

ラベンダー

ラベンダーと言うとフランスの紫のラベンダー畑を思い浮かべる方も多いでしょう。この植物は地中海沿岸、アフリカの一部、アジア、インドなどに多く生息しています。乾燥した野原や丘など太陽の光がたっぷり当たる場所を好みます。

ラベンダー精油は酸類、クマリン、タンニン、サポニン(花に含まれる)などが含まれる、とても贅沢な精油です。

 

健康に対するメリット

ラベンダー

ラベンダーには以下の薬効があります。

・古くから強い鎮静効果があることで知られています。古代ローマでも、リラックス目的の沐浴に使われていました。不安症や不眠症、ストレスの緩和に効果があります。

・また殺菌作用もあり、消毒や鎮痛効果、切り傷や焼けど虫刺され、あざの回復などに効果があります。

抗ウイルス、抗菌作用があります。これらは喉頭炎、咽頭炎、扁桃炎などの呼吸器のトラブルや、生殖器の感染症の緩和に効果があります。

・乾癬や湿疹など皮膚トラブルから起こる痒みや炎症を緩和します。

消化を促進します。胃に影響する神経を鎮静します。

・抗炎症作用と鎮静作用が痛みの緩和に効果があります。

乗り物酔いの緩和に効果があります。

血圧を緩やかに低下させます。

抜け毛を予防します。

 

オイルとその他のエッセンス

精油にはラベンダーの香りや有効成分がギュッと詰まっています。これは蒸留器を使った蒸留過程を経て得られてるものなので自宅で作るのは難しいですが、ハーブ専門店や自然食品などが売っているお店で購入する事が出来ます。

家庭で作れるエッセンス

ラベンダーインフューズドオイル(アーモンドオイルやオリーブオイルを使う):ラベンダー精油とナチュラルオイルを1:10の割り合いで混ぜます。ガラス瓶に入れたら太陽の下に置き、時折振って混ぜてください。

ラベンダーインフューズドアルコール:ガラス瓶をドライラベンダーで満たし、エチルアルコールを入れます。1週間浸けてラベンダーのエッセンスを抽出します。

ドライフラワーで作るコンセントレートティー:ラベンダーを摂りいれるのに最も簡単な方法です。足浴をしたりお風呂に入れたり、マウスウォッシュとして使うことが出来ます。

 

健康に良いラベンダー

ラベンダーと健康

健康のためにラベンダーを取り入れる最も一般的な方法:

お茶。不眠症や不安症の解消に。

マウスウォッシュ。上気道の炎症緩和に。

・ラベンダーオイルを使ったリラクゼーションマッサージ。ストレスの緩和に。

・ラベンダーアルコールを使った痛み緩和マッサージ。関節リウマチの痛み、片頭痛、首の凝り、足や背中の痛みに。

 

お肌や髪の毛のケア

ラベンダー精油を使ったお肌や髪の毛のケアで最も簡単な方法は、ケア用品に精油を混ぜる事です。

フェイス&ボディローション:筋肉の緊張をやわらげ、細胞の再生を促し、お肌のトラブルを改善します。

シャンプー:抜け毛を予防します。

精油には天然成分のパワーを強化する力があります。

 

家庭で使えるラベンダー

ラベンダー

家周りの掃除にもラベンダーは役立ちます。(洗剤、柔軟剤、エアーフレッシュナー、バスルームクリーナー)良い香りを家中に漂わすことが出来るだけでなく、以下のような効果も期待出来ます。

・虫よけ

・心の落ち着く環境

・犬や猫のノミを取り除く

小さなバッグにラベンダーフラワーを入れて、タンスや棚の中に置きましょう。開けるたびに柔らかな香りを楽しめます。また、大きめのバッグに入れて首周り用のヒートパットを作り、寝るときに使っても良いでしょう。質の良い眠りを誘います。

あなたへおすすめ