お腹周りの脂肪を燃やす13の食品

2月 13, 2018
今回ご紹介する食品には豊富な栄養素が含まれているため、お腹周りの脂肪を燃やすだけではなく、私たちの全般的な健康維持と改善に高い効果を発揮します。頻繁に食事に取り入れてください。

魔法のように体重を減らす食品や食事方法はありませんが、代謝を向上させてお腹周りの脂肪の燃焼を促進する食品があります。

健康で引き締まった体を目指すとき、厳しい食事制限は必要ありません。

1.オリーブオイル

オリーブオイルは健康的な脂質の一つであり、体内の悪い脂肪を取り除く効果があります。

さらにオリーブオイルには、ストレスホルモンとして知られ、体重増加の原因ともなるコリチゾールをコントロールするのに役立ちます。

オリーブオイルは調理に使うのではなく、そのままの摂取をお勧めします。朝食にオリーブオイルを大さじ1杯摂取してください。

サラダ、パン、またはスープなどに入れる方法もありますが、そのままオリーブオイルを摂取するのが望ましいでしょう。

2.  リンゴ

リンゴ

 

リンゴにはビタミンと抗酸化物質が豊富に含まれているため、お腹周りの脂肪を効果的に燃焼します。

リンゴを1日1個、朝食に食べることで、リンゴの効果を最大に活用することができます。

3. 脂肪分の多い魚

脂肪の多い魚にはオメガ3脂肪酸が豊富に含まれているため、体内の過剰な脂質を排出する働きがあります。

お勧めの魚をご紹介します:

  • サーモン
  • サバ
  • ニシン
  • マグロ
  • イワシ
  • アンチョビ
  • メカジキ

4. バナナ

バナナ

 

バナナにはカリウム、カルシウム、マグネシウム、そしてビタミン類が豊富に含まれています。毎日バナナを食べると、体内、特に腹部に蓄積された脂肪を体外に排出します。

5. 柑橘系の果物

柑橘系

柑橘系の果物にはビタミンCが豊富に含まれているため、脂肪の分解を促進しながら、インスリンのバランスを整えます。

食事に加えるべき柑橘類:

  • オレンジ
  • ライムの果汁
  • グレープフルーツ

6. 魚介類

魚介類は一価不飽和脂肪酸一価不飽和脂肪酸が豊富に含まれているため、脂肪の蓄積を予防する効果があります。さらに、魚介類の多くにはオメガ3脂肪酸が多く含まれています。

7.メロンとスイカ

冷製メロンスープ

メロンとスイカには共通する部分が多くあります。

どちらも夏の果物であり、水分とカリウムが豊富に含まれているため、腹部膨満を予防・改善します。

8. 栗とアーモンド

栗とアーモンドにはオメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。またタンパク質を豊富に含むアーモンドには、糖質をコントロールして代謝を促進する働きがあります。

9. アボカド

アボカドは風味が良いだけではなく、空腹感を軽減する効果のあるオレイン酸、食物繊維、そして一価不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。

10. キヌア

低カロリーで食物繊維が豊富に含まれているキヌアは、食欲を抑制しながら代謝を向上させるため、脂肪の燃焼効果が促進する食品です。

またタンパク質、抗酸化物質、鉄分、亜鉛、セレン、ビタミンEなどを豊富に含むキヌアは、米の代わりとして食事に取り入れてください。

11. トマト


トマトは血液に蓄積される老廃物などを排出する効果があるクレンズ効果のある食品です。また強力な抗酸化物質であるリコピンが含まれているトマトは、毎日の食事に取り入れたいお勧めの食品です。

12. コーヒー

コーヒーは、消化管での糖質の吸収を減らす効果のあるクロロゲン酸が豊富な飲み物なので、蓄積されがちな脂肪を効果的に燃やします。また肝臓の代謝を促進することで、脂肪の燃焼効果を向上させます。

13. 赤いベリー類

ベリー類にはアントシアニンが含まれているため、満腹感が持続するだけでなく、脂肪や糖の吸収を減らすことができます。

食事に取り入れたいお勧めベリー類:

  • チェリー
  • いちご
  • ラズベリー
  • ブルーベリー

この中でも特にチェリーには、コレステロール値と尿酸を下げる働きがあります。

あなたへおすすめ