お腹の脂肪を落とすアドバイス

· 6月 22, 2015

 

腹部脂肪は、筋肉組織の下で重要な臓器を囲むようにして存在します。お腹周りの脂肪を落とすには、身体運動の頻度を増やし、腹筋を鍛えて食事計画を立てて、喫煙や飲酒といった好ましくない生活習慣を正すことが大切です。

ダイエットと食事療法のアドバイス

腹部脂肪を減らすには、食事量とカロリー摂取量に気を配りましょう。

エキストラバージンオリーブオイルと合わせて、果物、野菜、全粒粉などの自然食品を摂取しましょう。脂肪のない赤身の肉、とりわけ鶏肉、 皮を取り除いた七面鳥や魚がお勧めです。精白パン、精製済みパスタ、炭酸飲料、加工食品、飽和脂肪食といった単炭水化物は避けましょう。

食事にはアスパラガスなど利尿効果のある野菜を取り入れましょう。摂取することで水分を貯めこまずに済み、腹部膨満や炎症を防げます。また、きゅうりには水分排出と満腹感を促す効果があるので、過食をせずに済みます。 ケールは血糖値を一定に保つので、カロリーの過剰な消費を食い止めることができます。

揚げ物や肉汁は避け、煮る、蒸す、焼く、茹でるなどの調理法を用いて下さい。

水をたくさん飲みましょう 。 1日2リットル以上は摂取して下さい 。 肌と体が潤い、溜まった毒素を排出し、お通じも良好になるだけでなく、健康的な体重も維持できます。

1日当たり500カロリー分少なめに摂取すれば、1週間でおよそ1キロ痩せられます。

 

お勧めのエクササイズ

お腹の脂肪を効率的に減らすには、食事と共に抵抗運動と有酸素運動を取り入れて下さい。

有酸素運動と筋力トレーニング

ウォーキングやランニングで有酸素運動の効果を最大限に引き出しましょう。

まずは好きなペースでサイクリングマシンなどの適度な運動から始めましょう。数分間ウォーミングアップを行ってから、抵抗を増やして強度を増し、ウォーキングとランニングを組み合わせて30分以上続けて下さい。

腹筋を使った筋肉トレーニングを始めましょう。腹筋が終わったら、ランニング、ジャンプ、ロープ運動や様々な種類のジャンプなど、ハードな有酸素運動に切り替えましょう。

腹筋運動

腹部に焦点をあてた運動で、脂肪を燃焼して筋肉を鍛えることでお腹周りのサイズを減らすことができ、結果として体重の減量につながるのです。