お腹の脂肪を減らす椅子を使った5つのエクササイズ

· 10月 25, 2017
お腹の脂肪を減らしてスッキリとしたウエストを手に入れるため、これからご紹介するエクササイズを続けてみてください。いくつか組み合わせてバランスの良いヘルシーなダイエットをしましょう。

引き締まったウエストを手に入れるには、エクササイズを日常生活に取り入れる事が大切です。

運動は体内の代謝活動を活性化します。また筋肉を強化し、体を引き締めることが出来ます。

ジムに行く時間が皆とれるわけではありません。そしてジムへ行けないと、エクササイズの道具がないから出来ないと諦めたりします。

体重を減らし、ウエストを引き締める方法はたくさんあります。

ここでは、椅子を使った5つのエクササイズをご紹介します。理想的なウエストを手に入れましょう!

 

1.膝を胸の位置まで上げる

イスを使ったエクササイズ

このエクササイズは脂肪を燃やし、美しいウエストを作り上げます

お腹周りの筋肉を引き締め、消化も改善します。

やり方

・背中をまっすぐにして椅子に座り、手で支えることなく背もたれに寄りかかります。

・足を揃え、手はお尻の横に置きます。

・膝を曲げて胸に近づけます。互いが触れる必要はありません。

・腹筋を使って胸の位置まで上げたら、またゆっくり元の位置に足を戻します。

・1度に4回するのを、15~20セット行います。

 

2.膝を斜めに持ち上げる

1のエクササイズと同じような姿勢で座ります。腹筋と腰周りの筋肉に効きます

お腹の側面に効果があり、きれいに引き締めることが出来ます。

やり方

・椅子に浅く背中をまっすぐにして座り、手はお尻の横に置きます。

・体を片方に傾け、傾けた方のお尻の筋肉で支えます。

・同時に足を揃えて膝から持ち上げます。

・出来るだけ胸に近づけたら、元の位置に戻します。

・15回ほど繰り返したら、もう片方もします。

・3~4セット行います。

 

3.膝を内側へ持ち上げる

座ってエクササイズ 体をひねる

これは下腹部の引き締めに効果があります。続ける事でウエストのサイズダウンが期待できます。

膝を持ち上げると同時に体をねじり、右の肘と左の膝、左の肘と右の膝が近づくよう交互に動きます。

やり方

・背中をまっすぐにして椅子に座り、背もたれによりかからないようにします。両手を頭の後ろで組みます。

・膝を胸の高さに上げ、それと同時に反対側な肘もまた胸に近づけるように動かします。

・戻の位置に戻ります。これを15回繰り返します。

・左右それぞれ4セットづつ行いましょう。

 

4.サイドベント

お腹周りの脂肪だけでなく、腰周りの引き締めにも役立ちます。また、臀筋を鍛えることも出来ます。

やり方

・椅子の後ろに立ちます。背もたれ部分を右手で掴んでで体のバランスを取ります。

・つま先立ちをして、左手を高く挙げて右側に体を倒していきます。

・手を降ろすと同時に、左足を上げてかかとを手でつかみます。

・元の位置に戻ります。これを10~15回繰り返します。

・それぞれの腕を4セットずつ行います。

 

5.チェアーリフト

チェアーリフト

筋力が付いて来たら、腹筋で体全体を支える運動を取り入れてみましょう。

このエクササイズは脂肪を燃焼し筋肉を引き締めます

やり方

・椅子に座って、手を椅子に置きます。

・体全体をお尻から持ち上げていきます。

・その体勢で、腹筋を使って膝を曲げたり伸ばしたりします。

・15~20秒間キープしたら体を元に戻します。

・4セット行いましょう。

家庭で出来る腹筋を鍛える方法がこれで分かりましたよね? 毎日の生活に取り入れて、それを必ず続けるようにしましょう!

それと同時に食生活も見直していきましょう。健康的な食事はエクササイズの効果を最大限に引き出してくれます。