オメプラゾールの代わりになる6つの自然療法

オメプラゾールは胃酸を抑えるのに適した薬ですが、副作用なく同様の効果をもたらす自然療法があります。

オメプラゾールは、胃炎や消化性潰瘍などの胃酸過多による胃の疾患に使用される薬です。

胃の壁細胞に存在するプロトンポンプから胃酸が分泌されますが、オメプラゾールは、その壁細胞の活動を抑え、胃酸の産出を95%減らします。

制酸薬とオメプラゾール

制酸薬は、胃酸を中和し、胃の痛みや不快感をすばやく解消するものです。

一方、オメプラゾールは4日目から効き始めるので、長期的中期的な治療だと捉えるべきです。

オメプラゾールの副作用

左胸に手をあてる女性

最近の研究で、オメプラゾールやその他のプロトンポンプ抑制薬の継続的な使用が、以下の疾患に関わっているとされました。

  • 慢性腎臓病
  • 骨粗鬆症による骨折リスクの増加
  • 痴呆症リスクの増加
  • 心血管疾患リスクの増加

 

オメプラゾールの代わりとなる自然療法

健康的な食生活と合わせて、以下の自然療法を取り入れれば、オメプラゾールに頼ることなく胃酸過多による胃の障害に悩まずに過ごせるでしょう。

重曹

重曹

重曹は、天然の制酸薬なのでオメプラゾールの良い代替品となります。

しかしながら、ナトリウムが多く含まれているため、高血圧の方は摂取しないでください。

材料

  • 重曹 大さじ1(10g)
  • 水 200ml

準備と飲み方

  • コップに入れた水に重曹を加えます。
  • 泡が消える前にすぐ飲み干します。
  • 1日1回、食後に飲みましょう。

リンゴ酢

添加物の摂取を避けるため、オーガニックのリンゴ酢を入手することが重要です。

リンゴ酢は、胃酸による不快感をすばやくコントロールする優れた味方です。

材料

  • リンゴ酢 大さじ1(10g)
  • 水 200ml

準備と飲み方

  • コップに入れた水にリンゴ酢を加えます。
  • 1日1回、食前に飲みます。

アロエジュース

アロエ 

アロエジュースは市販されていますが、大抵砂糖が加えられており、摂取すると酸に変化してしまいます。そのため自家製アロエジュースを作るのが良いでしょう。

材料

準備

  • アロエの葉を縦に半分に切り、果肉をスプーンで取り出します。
  • 果肉と水を液状になるまでミキサーにかけます。

飲み方

  • 毎朝大さじ1杯のアロエジュースを飲みます。
  • 少なくとも1か月続けましょう。

コリアンダー入りギリシャヨーグルト

ヨーグルトは乳製品ですからグルタミンが含まれており、自然に胃酸を抑えてくれます。

材料

  • フレッシュコリアンダーの葉 5枚
  • 無脂肪ギリシャヨーグルト 大さじ1(20g)
  • 精製水 150ml

準備と飲み方

  • すべての材料をミキサーにかけてよく混ぜます。
  • 毎日食後に飲みましょう。

アムラ

アムラの実

アムラはインドスグリとも呼ばれ、その豊富な栄養成分からアーユルヴェーダにて薬用に使用されてきました。

摂り方

  • 毎朝アムラの実を1つ食べましょう。
  • 酸っぱいので、食べる前に塩水に漬けておくのがおすすめです。
  • 品質に注意して、粉末になっているものを購入するのもよいでしょう。

スイカ果汁

スイカは、オメプラゾールの良い代わりになります。食前やデザートに摂ると良いでしょう。スイカ果汁にはスイカの有効成分が凝縮されています。

飲み方

  • 1日3回、コップ1杯(200ml)のスイカ果汁を飲みます。
  • 1か月この習慣を続けましょう。

 

健康的な習慣とアドバイス

どのような治療法であれ、それと並行して脂質を少なく、野菜や果物を多く摂る適切な食生活を続けることが必要です。

  • 精製糖を避けましょう。胃の中の細菌のバランスを乱し、胃酸の症状が出やすくなります。
  • 消化をよくし、逆流を避けるため、よく噛んで食べましょう。
  • 1度に大量に食べるのではなく、1日に5回の食事に分けましょう。
カテゴリ: 自然療法 タグ:
あなたへおすすめ