お金をかけずに家をキレイにしよう

12月 12, 2015
電子レンジの臭いを取り去り、かつ掃除がしやすいようにするには、コップ1杯の水にレモン汁を適量入れたものを電子レンジで温めます。その蒸気が広がると、油分が落としやすくなります。

お酢や重曹やレモン汁のように安く手に入るナチュラルな素材で、家をキレイにできるのをご存じでしょうか? この記事では、ナチュラルな素材の役割別の使い方と、これらを使って家をキレイにすることのメリットについてご説明していきたいと思います。

ナチュラル素材の洗浄剤を使うことのメリット

 お酢や重曹、レモン汁を家庭で使える洗浄剤として使うことの主なメリットは以下の通りです。

  • 安価で経済的
  • 高い効果が期待できる
  • 使い方が簡単
  • 手に入りやすい
  • 有毒な化学物質を含まない
  • 環境にやさしい

リンゴ酢

アップルサイダービネガー

お酢は摂るのは身体に良いですし、肌や髪の毛にも使うことができます。さらには、家の掃除にも役立ちます。ナチュラルな素材だからといって効果が期待できないというわけではありません。お酢には、酢酸、酒石酸、クエン酸が豊富に含まれており、強力な殺菌効果があるのです。

お酢には様々な特性があるのですが、主に頑固な油や落ちにくい汚れを落とす効果、悪臭を除去する効果、そして輝きを増してくれる効果などがあります。以下に、いくつか場所ごとに使い方をまとめます。

キッチン:お酢に同量の水を混ぜ、スプレーボトルに入れます。調理台やコンロなどの掃除に使うことができます。

ガラス製品:ガラス用の掃除用洗剤の代わりとして使うことができます。お酢を5倍の水で薄めたものを、お手持ちの窓用の洗浄スプレーボトルに入れて使いましょう。

洗濯:お酢は、市販の柔軟剤の代わりとして使うことができます。また、洗濯機の配管の水垢を落とす効果もあります。

錆を抑制する:お酢を含ませた布でこすることで錆の汚れや跡を落とすことができます。浸け置きできる場合は、数時間お酢に浸けても良いでしょう。

家具や木製のフローリングをキレイにする:様々な種類の家具や木製のフローリングの汚れを落としたり磨いたりするには、お酢は最適です。お酢を少しの水で薄めてから使うようにしてください。

もしお酢の匂いが気になる場所があれば、エッセンシャルオイルを数滴混ぜてから使うようにすると良いでしょう。レモンやティーツリーオイル(エクストラバージンオリーブオイルでも代用可能)、ペパーミントのように汚れを落とす性質があるものがおすすめです。

一部の文化圏では、お酢は物をキレイにする効果があるだけではなく、家の中にある悪い気を取り去る効果があるともいわれています。

重曹

重曹

重曹は健康や美容のため、そして家庭用の洗剤などに使うことができます。無限の使い道があるといわれる素晴らしい素材なのです。歯を白くしたり、髪の毛の汚れを落とすだけではありません。お酢と同様、一般的な洗浄効果もあり、殺菌効果もあります。用途によってはお酢と重曹を混ぜて使っても良いでしょう。

浴槽とタイルの掃除:適量の重曹を布かスポンジに出し、浴槽やタイルをこすります。水をかけて表面をキレイにしたら、乾かしておきましょう。

洗濯:重曹は服を洗濯する際にも非常に有効です。柔軟剤としても使えますし、臭いや油分、汚れを落とす効果もあります。

脱臭剤: 古くなった靴や汚れたカーペット、ゴミ箱、食料品置き場やペットの寝床などについた臭いを取り除いてくれます。気になる場所に重曹を適量振りかけ、数時間後にブラシでこするか重曹を取り除くだけで大丈夫です。

レモン

4-レモン

レモン汁は体内をキレイにしてくれる最高の洗浄剤です。脂肪分を取り除き、血液をデトックスしてくれる作用があります。また、爽やかな匂いをつけると同時に、家庭内の掃除にも素晴らしい力を発揮してくれます。

水回り:レモン汁にはかなりの殺菌作用があるので、特にトイレには効果的です。レモンを半分に切ったもので汚れている部分をこすってみてください。

電子レンジ:レモン汁に同量の水を入れたコップを電子レンジに入れて2分温めます。発生した蒸気で油や粘り気のある汚れが落ちやすくなります。後は、庫内をキレイに拭くだけです。

白い物をより白くする:白い物を洗うときに少量のレモン汁を加えて洗うようにすると、素材を傷めることなく自然な白さを取り戻すことができます。

あなたへおすすめ