おいしくやせる蜂蜜ダイエット

· 9月 2, 2015
体重を減らしたいと思うなら、白砂糖の代わりにはちみつを使うことです。また、コップ1杯の水に少量のはちみつとシナモンをまぜて空腹時に飲むと、ダイエットの目標達成に役立ちます。

信じがたいかもしれませんが、はちみつを使ってやせることが可能です。体重を減らしたいと思ったら、甘いものを最低限度に抑えるか、完全にあきらめるというのがダイエットの基本戦術ですよね。でも、甘味料として白砂糖の代わりにはちみつを使えば、味がよくなるだけでなく、自然にやせる効果も期待できるんです。ダイエットはそんなにあまくない! とお考えのアナタのために、今回ははちみつを使ったダイエット法についてお話します。

 

砂糖の代わりにはちみつを使うメリット

はちみつはダイエットに利用することができます。はちみつのカロリーは砂糖より低い(小さじ1杯当たり、砂糖は21カロリー、はちみつは16カロリー)ですが、甘さは砂糖より上。つまり、はちみつは砂糖よりも少量で同じ甘みが得られので、カロリーの摂取量がさらに少なくてすむわけです。

また、白砂糖は食品に甘味をつけるだけで、その他の栄養素を何も与えないのに比べ、はちみつはおいしいだけでなく、ビタミンやミネラル、必須アミノ酸を含んでいます。そのうえ、ストレスを軽減する・睡眠を調整する・呼吸器系の病気をふせぐ・緩下剤効果があるなど、心とカラダの健康に役立つ効能がたくさんあります。

はちみつは、安らかな睡眠をうながし、ストレスや不安感を軽減してくれますから、夜遅くに何か食べたくなったり、朝起きたときひどい空腹を感じたり、ということが少なくなります。ストレスまたは睡眠不足と体重増加のあいだに直接の結びつきがあることは、周知の事実です。

はちみつが持つダイエットおよびその他の効果

2-はちみつ

はちみつが持つ、非常に興味深いメリットの1つは、砂糖よりもゆっくりとカラダに吸収されるということ。砂糖のように急にエネルギーレベルが上がるけれどすぐ失われるということがないため、はちみつは活動的な人たちにとってすぐれたエネルギー源であるといえます。また、はちみつには1日をとおして血糖値を安定させる働きがあるため、運動の前後に適量のはちみつを摂ると、パフォーマンスレベルを上げ、疲労をふせぐのに役立ちます。

さらに、はちみつはダイエットの継続にも役立ちます。はちみつの持つ濃厚な甘さは、砂糖よりももっと満足感を与えてくれるため、砂糖や脂質またはカロリーを多く含むその他の食べ物を、あまり欲しいと思わなくなるからです。

はちみつでやせる方法

3-はちみつとシナモン

はちみつでやせる方法として有名なのは、はちみつ大さじ1杯とシナモン少々をコップ1杯の水に溶かして空腹時に飲むこと。また、間食として、りんご2〜3切れをカッテージチーズおよび小さじ1/2杯のはちみつといっしょに食べるのもよいでしょう。ボリュームある朝ごはんには、牛乳とはちみつを使ったオートミールがオススメです。

目標の体重を達成し、はちみつの持つ効能を最大限に生かすためには、白砂糖を食生活から完全に取りのぞき、その代用品としてはちみつを使うことが大切です。ダイエット効果だけでなく、生活の質を高め、心身の健康を向上させるのに役立つことでしょう。