驚くべきニンジンのスーパーパワー

5月 20, 2017
ニンジンにはビタミンとミネラルが豊富に含まれているため、毎日の食事に取り入れるだけではなく、フェイスマスクなどとして外用することもできます。本記事で詳しく見ていきましょう。

ニンジンは、目の健康維持や日焼け予防などに効果がある野菜として知られていますが、それ以外にもさまざまな効能があるのをご存知ですか?

今回は知られざるニンジンの驚異の力をご紹介します。

ニンジンの健康効果

ニンジンは世界中で最も多く生産されている野菜の一つです。

ニンジンには、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、そしてビタミンEなどのさまざまなビタミン、ミネラル、そして抗酸化物質が含まれています。

また低カロリー(100g33カロリー)のニンジンは、生、おろして、調理して、蒸して食べることができます。

ニンジンには豊富な栄養素が含まれているため、毎日の食事に加えたり常備菜として活用したい野菜です。

 

早期老化を予防

ニンジンに含まれる葉酸、食物繊維、マグネシウム、そしてニンジンのオレンジ色を作り出すβカロチンが若さを保ち、肝臓の健康維持を促進するだけではなく、肺がん、口腔がん、乳ガンなどのさまざまなガンの予防に効果的です

またニンジンに含まれるビタミンAは、美肌、骨の強化、免疫システムなどに働きかける栄養素で、喫煙、汚染、ストレスなどが原因の活性酵素の悪影響から私たちの身体を保護する働きがあります。

さらにニンジンを食べることで、消化器官の病気や血液循環の低下を防ぎます。

 

腸内の健康をサポート

消化機能に問題が生じているときは、生のニンジンをおすすめします。ニンジンに含まれるビタミンAが胃や腸間膜などの機能を正常化しながら保護します。

以下の症状や病気のある方には特にニンジンをおすすめします。

  • 胸焼け
  • 下痢
  • 便秘
  • 消化不良
  • 胃炎
  • 潰瘍

特に、過敏性腸症候群、憩室炎、クローン病の患者は、ニンジンを継続して食べることで、胃の形状を正常に保つことができます。

また、食中毒、感染症、寄生虫などからの回復期にもニンジンはおすすめです。

茹でたり蒸したニンジンは、消化管粘膜を柔らかくし、腸の機能を正常化させて痔を予防する効果もあります。

 

お母さんと赤ちゃんにおすすめ


ニンジンに含まれているビタミンAは妊娠中の女性や授乳期の女性、そして子供におすすめです。

  • 新しい細胞の生成
  • 抗酸化物質、カルシウム、葉酸の供給

妊娠中の女性は、一日に必要な栄養素を摂取するために、ニンジン2〜3本を食べるべきです。

離乳食期が終わった子供には、茹でたニンジンがおすすめです。

消化や胃腸の問題がある子供にはニンジンは消化しやすくおすすめの食品です。胃腸の健康を改善し、赤血球の形成を助けます。

 

血糖値の正常化

糖尿病患者が生のニンジンを食べると驚くべき効果が発揮されます。

ニンジンに含まれる炭水化物はゆっくりと吸収され、高血糖症の原因となりません。

ただしニンジンを調理すると、グリセミック指数が上昇するため糖尿病患者にはおすすめしません。

さらにニンジンには血液の循環や目の健康など、糖尿病患者が発症しやすい問題を改善します。

 

免疫システムの改善

ビタミンAとβカロチンは、免疫システムの機能を正常に保つ効果のある栄養素です。

ニンジンジュースやサラダはインフルエンザや風邪に効果的です。

適量のビタミンAを摂取していれば、体内の「防御」細胞の生成を助け、バクテリアなどの攻撃を予防できるため、免疫システムに効果的だといわれています。

感染症や病気の予防をしたいときはニンジンがおすすめです。

 

肌に栄養を与える

ニンジンは肌に蓄積されるあらゆる種類の汚染物質を吸収する働きがあります。そのため、ニンジンを使ってニキビの症状を緩和するフェイスマスクなどが効果的です。

ニンジンを外用すると、日焼け、火傷、傷、アトピーなどへの効果や紫外線から肌を守る効果もあります。

ニンジンで作ったフェイスマスクを一時間顔に塗ると、シワなどが薄くなり肌が若返ります。

 

気分の向上

ニンジンに含まれるリンとカリウムの効果で脳の健康を促進し、気分が向上します。神経を再生させ、ストレスを最小限に抑えます。

 

その他のニンジンの効能

前述した以外にもニンジンにはさまざまな効能があります。

  • 爪や髪の強化
  • 心臓を保護し、動脈硬化を予防
  • 利尿作用で体液貯留を緩和
  •  歯と歯茎をバクテリアから保護し健康を維持
  • 食欲促進:摂食障害の方におすすめ
あなたへおすすめ