尿もれについて知っておきたい6つの事柄

尿もれは患者の精神的健康、性生活や社会生活に影響を与えます。
6-datos-sobre-la-incontinencia-urinaria-que-debes-saber-500x281

尿失禁(尿もれ)は、膀胱から無意識に尿がもれてしまう疾患身体に力をいれたり、咳やくしゃみをした時に起こります。

非常に一般的で、成人女性の約30%が経験していると言われています。

骨盤周囲の筋肉の弱まりによって尿もれは起こりますが、出産や特定の薬物の服用や膣感染症も原因の一つだと考えられます。

尿もれの症状は、不快で恥ずかしさを感じることが多く、患者に、衛生面でも心理面でも影響を与えます。

さらに、尿もれは患者の生活の質にも大きな影響を与えてしまいます。我慢したり、コントロールすることが不可能だからです。

尿もれは、いつでも起こりえますが、特に妊娠そして閉経後に起こるのが一般的です。

尿もれは、誰にでも起こりえるので、どのように発症するのかなど尿もれに関する情報を知っておくとよいでしょう。

1.トイレに行くのを我慢していると発症する可能性がある

Aguantar-las-ganas-de-orinar-500x375

トイレに行くのを我慢してしまう人は多いようです。しかし、この習慣が尿もれの発症に関係しているのです。

始めのうちは、身体への悪い影響に気がつかないかもしれません。しかし、この習慣を頻繁に行っていると膀胱が弱まり、尿道に圧力がかかります。

膀胱が弱まると、運動中や笑ったり、咳をしたりする時にかかる少しの力で尿がもれてしまうようになります。

膀胱は少なくとも4時間ごとに空にしなければいけないと、多くの専門家はアドバイスします。

2.骨盤周辺の筋力低下が原因

尿もれが発症する原因の一つとして、骨盤周辺の筋力の低下が挙げられます。

日頃から定期的できる骨盤周辺のための筋力トレーニングがあります。

しかし、尿もれがすでに発症している場合は膀胱への負荷がかかるトレーニングは気をつけて行うようにしましょう。

ランニング、縄跳びやウエイトリフティングは、骨盤周辺の筋肉を程よく伸ばして、筋力をつけることが可能です。

3.尿もれは食べ物が原因で発症することもある

Refrescos-500x332

いくつかの食品を食べ過ぎると、尿もれが発症する恐れがあります。

食品に含まれる化合物が膀胱を刺激して尿を出そうと、より頻繁に膀胱を収縮させるためです。

この状態は、水を飲み過ぎた時や、利尿剤を飲んだ後にも起こりえます。

膀胱を刺激する食品は以下の通りです:

  • 柑橘類
  • トマトジュース
  • お茶
  • コーヒー
  • チョコレート
  • 清涼飲料
  • エナジードリンク
  • 唐辛子

4.尿もれにもいくつかの種類がある

尿もれは様々な形で発症し、いくつかの種類があります。

  • くしゃみ、咳、または重いものを持ち上げた時に漏れてしまうものは、「腹圧性尿失禁」として知られており、最も一般的です。
  • 「尿失禁」は、予期なくいきなり尿が漏れてしまうものです。
  • 「心因性失禁」は、膀胱が寒さや水などの外部刺激によって尿を出てしまいます。
  • 最後に、「神経性失禁」と呼ばれるものがあります。これは、アルツハイマー病、パーキンソン病、そして脊髄損傷のある神経系障害を持つ患者に多く発症します。

5.男性にも尿もれは起こりえる

Joven-incontinencia-500x333

泌尿器への問題は、女性の方が多く悩まされています。しかし、だからといって男性に尿もれが起こらないとは限りません。

膀胱の損傷や、前立腺の障害によって、発症する可能性があります。実際、ストレスを抱えている人や、糖尿病患者は、尿もれを発症する確率が高いようです。

6.尿もれの治療方法はいくつかある

尿もれは症状を完全にコントロールするのは難しいですが、再発を防止したり、症状を軽くするのに役立つ治療法がいくつかあります。

膀胱周辺の筋肉を鍛えるケーゲル体操は、尿もれを予防する素晴らしい運動です。

トイレに行く際に尿を途中で止めてみる運動も、膀胱をコントロールするのに役立ちます。

膀胱収縮を抑える抗ムスカリン薬、アドレナリン作動薬も膀胱周辺の筋肉を強める働きがあります。

最終的な治療法としては、膣を切り、尿路を修復する手術があります。

尿もれは、精神的にも生活全般にも影響を与えますから、症状が現れた場合、病院で診察を受けて、正しい治療法を探すのが賢明でしょう。