抜け毛の原因を探る

10月 30, 2015
ほとんどの場合、根本的な問題を解決すれば、髪の成長は正常に戻ります。

男性の方が一般的ですが、この問題に悩んでいる女性もいます。特に、 ビタミン欠乏など一時的な問題から引き起こされているのか、病気といったより深刻な問題が原因なのか分からないときには、不安で、大変なストレスを感じます。 抜け毛の一般的な原因について見ていきましょう。

肉体的ストレス

髪は、成長と衰えという、通常のライフサイクルに従うようにプログラムされています。体がなんらかの外傷を受けた場合、そのサイクルが中断され、髪がサイクル途中で抜け落ちてしまいます。 外から加わる物理的要因、手術、交通事故、またはインフルエンザや病気は、一時的な脱毛を引き起こす可能性があります。幸いなことに、その状態や病気から回復したら、髪は通常のサイクルに戻ります。

妊娠

妊娠

妊娠は別の種類の身体的ストレスですが、ホルモンも関係しています。 この場合の抜け毛は通常、妊娠の初期段階に始まりますが、出産前の最後の週に悪化します。この問題を経験することなく妊娠期間中を過ごす人もいますが、抜け毛に悩んでいる場合も心配しないでください。出産後数ヶ月で髪の成長は正常に戻ります。

ビタミンAの過多

ビタミンAを多く含む食品やサプリメントの取り過ぎは、脱毛を誘発します。 ビタミンAの推奨摂取量は大人で5,000 IUであり、サプリメントだけで2,500〜10,000 IU含んでいるので注意してください。ビタミンAの摂取を適度にするように気をつけると、数週間のうちに髪がまた成長し始めるでしょう。

タンパク質の欠乏

卵

十分なタンパク質を取っていない場合は、体が、摂取したタンパク質を割り当て始めます。その一つが、毛の成長を停止することです。 

毎日いくらかの髪を失うのは正常ですが、同じペースで髪が成長しているので、通常はあまり抜け毛を意識することはありません。しかし、タンパク質摂取量が十分でないときには髪の成長が起こりませんから、結果として抜け毛のほうが多くなるのです。 問題解決には、魚、肉、卵をより多く食べるようにしましょう。あなたがビーガン(完全な菜食主義者)やベジタリアンである場合は、植物性タンパク質をより多く取るようにするか、最後の手段としてビタミンやミネラルのサプリメントを取ってください。

遺伝性脱毛

抜け毛

これは男性の間でより一般的ですが、女性でも経験することがあります。若い女性でこの問題に悩んでいる例がいくつかありましたが、それはまさに悪夢です。遺伝的問題なので、専門家の治療が必要です。正確な原因を特定するために、医師に相談してください。

抜け毛を予防したり、そのスピードを遅らせたり、抜け毛をかなり減らすことができるクリームや経口薬があります。最悪の場合は、髪のインプラントもあります。

女性ホルモン

経口避妊薬は、抜け毛の原因となる妊娠中に分泌されるホルモンと同じような効果があります。経口避妊薬を服用していなかったり、閉経を経験していない場合でも、この問題が起こる可能性があります。 なんらかの理由で体内で男性ホルモンが活性化されると、毛包がやせ細り、髪が簡単に抜け始めます。

もし経口避妊薬が問題の場合、婦人科医と他の選択肢を検討することが重要です。同様に、 抜け毛が閉経に関連している場合も、医者が治療法を見つけるのを助けてくれるでしょう

精神的苦痛

感情的なバランスが崩れると、抜け毛が加速します。複雑な状況やストレスの多い状況にいる場合は、心を落ち着かせる活動を探してみてください。そうでなければ、髪は生えてくるより、速く抜け落ちるでしょう。ヨガや散歩など、あらゆる種類の運動をやってみたり、セラピストに相談してみてください。

貧血

血液

20〜49歳の女性の10人に1人が、貧血や鉄分不足に悩まされていると推定されます。この状態は、抜け毛、またより深刻な問題の原因となります。 鉄分不足の場合、自覚症状として脱毛に加え、頭痛、青白い肌、手足の冷え、疲労感があります。貧血なら、問題解決には、毎日サプリメントを取れば十分です

甲状腺機能低下症

甲状腺が正常に機能していない状態は、甲状腺機能低下症と呼ばれています。甲状腺は首にある小さな器官で、代謝、成長、その他の重要な機能に必要なホルモンを生成します。 甲状腺が機能していない場合の副作用の一つは、抜け毛です。医者だけが、甲状腺レベルを正常に戻す最も適切な治療を決定することができます

抜け毛は、多くの人を悩ませている一般的な問題ですが、原因が特定できれば、予防や解決も簡単になります。

あなたへおすすめ