抜け毛は防げる?

6月 24, 2015

 

昔、「髪は女性の命」と言われていたように、光る美しい髪を手に入れたいと思っている人が多いのではないでしょうか。流行のヘアースタイルやカットで本来の髪の美しさを際立たせることもできますが、髪は、体の変化に極端に敏感だという特質があるのです。突然枕にたくさんの髪の毛が抜け落ちていたり、ブラシに引っかかる量が多くなってびっくりすることもあると思います。それは、体から発されている深刻な何かのサインなのです。

 

 

でもご安心下さい。これから解決方法をいくつかご紹介します。が、その前にまずは、どんな問題があるのか見てみましょう。

 

毎日髪が抜け落ちるのは普通のこと

大人には、一定のあるサイクル(髪のサイクル)で100000本~150000本もの髪の毛が生え変わります。髪の毛は1本1本違うリズムで成長するので、頭皮全体の髪の毛の健康状態はそれぞれ違っています。通常では、髪のサイクルの成長期、退行期、休止期の3段階目に入っている60~100本もの髪の毛が1日に抜け落ちています。これは普通のことです。

 

しかし、髪の毛がはっきりと分かるように抜け始めたり、特定の部位だけ抜け出したらそれは脱毛症と言っていいかもしれません。これらの原因として皮膚の病気、遺伝性の問題、医薬品、ストレス、栄養不足、ブラシなどで整えるときに力が強すぎるなどの問題があります。

この脱毛症は放置すると、髪の毛を全部無くしてしまう全頭脱毛症に発展する可能性もあります。しかし、その逆に抜け毛を防いで髪を生やしていくこともできます。

これから、抜け毛を防ぎ、長く髪を伸ばすための7つの方法を紹介します。

 

脱毛症のタイプ

脱毛症

 

脱毛症は抜け毛の原因につながる2つの大きなグループに分類されます。それは髪が生える可能性のあるものと無いものです。

髪の1本1本の繊維は毛包に入った幹と茎のようなもので形成されています。先ほど述べた髪のサイクルの休止期の状態では髪は抜け落ち、その間に毛包は新たな髪の毛を再生します。そのため、毛包が傷ついていなければ髪の成長は再び活発になります。

 

生える可能性の無い脱毛症は滅多にありませんが、外傷性、伝染性、炎症性の毛包の損傷が原因で発症する場合があります。この脱毛症は進むと後戻りできません。主な原因は次の通りです。

 

・魚鱗癬や表皮母斑症候群などの遺伝性の病気

 

・火傷や腐食性の原因による物理化学的要因

 

・ウィルス、バクテリア、真菌などによる伝染性の病気

 

・リンパ腫のような腫瘍性の病気

 

・毛包性ムチン沈着症やサルコイドーシスなどのような皮膚の病気

 

しかし脱毛症の80%は髪が生える可能性のある脱毛症です。つまり毛包が傷つかなければいいわけですから、正しい治療方法を使えば髪は復活します。

ここでよく使われる5つのタイプの治療方法を紹介します。しかし、正しい判断をしてもらうためにも皮膚科のお医者さんに相談することをおすすめします。

 

男性ホルモン型脱毛症は95%が遺伝性やホルモンが原因であると言われています。これらには2パターンあります。

 

男性:主に前の部分から頭のてっぺんにかけての生え際から薄くなります。

女性:特にどこから始まるということはなく、全体的に薄くなってきます。

 

外傷性脱毛症

れは外傷によって起こるものです。こちらは様々なパターンによって区別されています。

 

・引っぱること:お団子や三つ編みなどで髪が強く引っぱられる。

圧力:枕のようなもので髪が一定の時間こすれて圧力がかかる。

抜毛症:神経性のもので髪が抜ける。

 

 

円形脱毛症:主にストレスが原因と言われています。抜け毛の一種で楕円形の形の脱毛が起こります。これは頭全体に広がる可能性もあります。よく自然に治る場合もありますが再発もします。

 

拡散型脱毛症:これは様々な部分に広がる抜け毛の一種で、原因としては主に栄養失調、急激な体重の減少、重い病気、発熱、出産後の不安定なホルモンバランスによるものなどです。

 

麻薬や医薬品による脱毛症:服用量の多い抗ステロイド剤、抗凝固剤、ヨードなどのビタミンAを多く含むものは脱毛症の原因となります。薬の効果が切れるとまた髪は成長し始めます。

 

 

もうこれで脱毛症にはどんなタイプがあるのかお分かりになったと思います。これから抜け毛を防ぎ、美しい髪を手に入れる7つの自然で簡単な方法を紹介します。

 

抜け毛を防ぐ7つの方法

 

アロエ

 

方法1:アロエの葉や芯

アロエには頭皮を刺激する成分が含まれています。茎の皮をむいて四角く切ります。そこから出るゼラチン状のものが傷んだ頭皮全体をマッサージしてくれます。

頭皮にアロエのゼラチン状のものを塗ってタオルで覆い一晩置いて、次の日にぬるま湯とレモンのスライス一枚の半分でよくすすぎます。最低で3~4週間続けると効果が出始めます。

 

方法2:ココナッツミルク

ココナッツには水、栄養、脂肪酸が豊富に含まれています。ココナッツに含まれている乳液成分には抜け毛を防ぐ効果が含まれています。この乳液成分を摂るためには、すり潰したココナッツの実を布に入れて手で絞ります。その液体を頭皮になじませて週に1回マッサージをするとかなり効果的です。

 

方法3:たまねぎ

たまねぎはビタミンA,B,Cが多く含まれており、抜け毛に効果があります。

ミキサーに玉ねぎ、スプーン3杯分のはちみつを入れてすり潰したものを小さいブラシに取り頭皮に塗り、30分ほど放置したら水でしっかり洗ってください。3週間以内には見違えるほどの効果が現れるでしょう。

 

方法4:にんにくとオリーブオイル

にんにくには信じられないほどの栄養素がたくさん含まれています。この方法を実践すると効果がわかるはずです。寝る前に4等分にしたにんにくを頭皮にこすり合わせて、そのあとオリーブオイルで優しくマッサージしてください。一晩帽子などをかぶり、次の日にアロマ成分配合のシャンプーでしっかり洗ってください。週に2回、この方法を1か月以上続けると効果が現れます。

 

方法5:髪を元気にする

スプーン1杯分のお湯にスプーン2杯分のはちみつ、卵黄2つ、スプーン1杯分のヨーグルトを混ぜます。これを軽くマッサージをしながら頭皮に塗り、アルミホイルで包み20分間ほど放置してそのあとお湯でしっかりと洗ってください。つやつやの髪が戻ってきます。

 

方法6ローズマリーとヘンルーダ

この方法は頭皮の循環を活性化させます。コップ3杯分の沸騰したお湯にローズマリーとヘンルーダの花の束を入れ5分間ゆでます。この煮汁は、いつものシャンプーの最後に、頭皮をマッサージしながら髪をすすぐために使って下さい。

 

方法7:にんじん、はちみつ、オリーブオイル

スプーン2杯分のはちみつと1杯分のオリーブオイル、にんじん1本をミキサーにかけてペースト状にします。円を描くようにマッサージしながら頭皮に塗っていき、タオルで頭全体を包みます。20分ほど放置したらぬるま湯でしっかりとすすいでください。

にんじんはビタミンの宝庫です。週に2回この方法を実践すると効果的です。

 

最後にアドバイス

あとは自分が実践しやすい方法から行動に移すのみです。脱毛症という問題を解決するには辛抱強くこの問題の原因と向き合わなければいけません。

適した栄養を摂る、ドライヤーの使用や髪をきつく縛ることを避ける、健康な生活を送る。この3つは頭皮の健康を守り、ダメージを回避するための素晴らしい方法と言えます。

あなたへおすすめ