二の腕のたるみをなくす方法

ある年代を過ぎると、女性の場合は特に、腕の皮膚や筋肉がたるんできます。しかしこの問題には自然療法で対処することができますし、腕を引き締めるだけでなく、たるみを予防することもできます。

この記事では、腕のたるみをなくすための簡単な家庭療法と、ヘルシーな食事についてご紹介します。

たんぱく質を摂る

植物性たんぱく質

たんぱく質は健康のために不可欠であり、肌と筋肉に栄養とハリを与えますたんぱく質を十分に摂らなければ、筋肉はすぐ脂肪に変わってしまいます。

体に吸収されやすい良質のたんぱく質を摂ることが大切ですが、たんぱく質を摂りすぎないようにすることも必要です。

たんぱく質を十分に摂るには、毎回の食事でタンパク質豊富な食品を食べることが良い方法です。赤身の肉やソーセージ、高脂肪の乳製品ではなく、より健康的なタンパク源を選ぶようにしましょう。具体的には次のような食品を摂りましょう。

  • 白身の肉:肌と筋肉を引き締め、ハリを与えるために理想的な食品です。
  • :脂ののった魚と白身の魚の両方にタンパクが豊富に含まれていますが、白身の魚は脂肪分がはるかに少ないため、よりヘルシーです。
  • :卵の白身にはたんぱく質が豊富に含まれており、黄身には脂肪が多く含まれているため、白身を積極的に摂るようにしましょう。
  • 牛乳と乳製品:乳製品の中で最もヘルシーで低カロリーなのはゴーダチーズ(ヤギのチーズ)とカッテージチーズです。一般的に、ヤギの乳で作られたものは、牛乳で作られたものよりもヘルシーであると言えます。
  • 豆類:豆は安価で、植物性のタンパク源です。豆を少量のクミンや昆布と一緒に料理することで、より消化しやすくなります。豆でクリーミーなスープを作って夕食に食べるのがおすすめです。豆を玄米、オーツやキヌアのような穀物と組み合わせることで、十分なたんぱく質を摂ることができます。
  • ドライフルーツ:ヘルシーでおいしいドライフルーツは理想的な間食ですが、ひとつかみ以上の量は食べないようにしてください。また、油で調理したものや、塩気の強いものも食べないようにしましょう。

ナッツ

毒素を排出するクレイパック

体が脂肪や水分を過剰に蓄えると、多くの場合、毒素を排出するのが難しくなります。

毛穴から毒素を排出し、肌にハリを与えるためには、少なくとも週に一回はクレイパックを行うことをおすすめします

クレイを水と混ぜ、垂れない程度の硬さでよく伸びるパックを作ってください。

これを腕のたるみに塗り、乾くまでそのままにします。

お湯で洗い流し、完全に乾いてから保湿剤を塗りましょう。

腕

保湿で肌にハリを与える

保湿は肌のための基本的なステップですが、腕に関しては忘れがちです。

高価なクリームを買う必要はなく、普段使っているナチュラルな保湿剤を腕に塗り、肌に栄養分を与え、しっかり保湿しましょう

アーモンドオイルかココナッツオイル、またはオリーブオイルを試してみましょう。

エクササイズ

腕のたるみを防ぐためには、しっかり腕を動かす必要があります。普段あまり腕を動かさない生活をしていると、腕は力やハリを失ってしまいます。

重いウェイトを持ち上げる必要はありません。適度な重みのある物を持ち、腕をあらゆる方向に動かしてください。

一日に5分から10分エクササイズを行って腕を鍛えるうちに、たるみが消えたことに気付くことでしょう。

冷たい水

冷たい水は即座に血行を改善するため、腕を引き締めるのに効果的です。

熱すぎるお湯でシャワーを浴びることは避けてください。

シャワーの最後には必ず冷たい水を使い、特に腕に意識してシャワーを浴びるようにしましょう。

一日に何度か腕を冷たい水にさらしてください。

このシンプルな方法を実践することで、より効果的に腕を引き締め、すぐにハリが感じられることでしょう。