寝つけないときに試したい安眠ドリンク

1月 21, 2017

健康で快適な生活を送るためには、毎日7〜8時間の質の高い睡眠が必要です。

心身の健康、そして身体が正常に機能するためにも睡眠が必要だという事実に目を向けない人が多いといわれています。

私たちの身体は、睡眠中も脳の一部が活発に活動していたり、身体エネルギーを回復させるなどの働きをしています。

現代のライフスタイルによって、多くの人が睡眠不足となり、睡眠障害が原因の病気を発症するリスクが高まっています。また睡眠障害は、集中力の低下、倦怠感、体内機能の低下やトラブルの原因となります。

就寝時間が遅くなる要因を生活から取り除き、早めの就寝を心がけ、良質の睡眠で健康維持を心がけてください。

ただし睡眠を得るためとはいえ不眠症用の薬の過剰摂取は、薬物への依存や副作用の危険があるためおすすめできません

今回は、自然に睡眠を誘う安眠ドリンクをご紹介します。

身体をリラックスさせながら睡眠障害を解消するこのドリンクは、副作用の心配のない自然療法薬ですのでご安心ください。

睡眠障害の症状を緩和するナチュラルドリンク

insomnio-500x319

今回ご紹介するナチュラルドリンクは、睡眠障害の症状を緩和します。

ストレスを軽減し、不眠症を引き起こす緊張感などの症状を緩和する働きのあるバナナとシナモンから抽出したお茶を、就寝前に飲ことで安眠を誘う効果があります。

この安眠ドリンクは、市販の入眠薬の代替薬となる天然成分100%の自然療法薬です。

バナナとシナモンの組み合わせの効果により、コルチゾール値を正常に保ち、睡眠障害を引き起こすストレスを発症するホルモンの分泌を鎮静する理想のドリンクが出来上がります。

バナナの入眠効果

甘くておいしいバナナは、神経システムや心臓血管系の健康を改善する働きのあるカリウムとマグネシウムというミネラルを豊富に含む果物です。

適量のバナナを摂取することで、高血圧の予防、体液貯留の軽減、炎症性疾患のリスクの低下などの効果が期待できます。

バナナに含まれる筋肉や静脈瘤を鎮静させる作用が眠気を誘い、バナナに含まれるアミノ酸の一種であるトリプトファンは、質の良い睡眠に効果のある神経伝達物質であるセロトニンの分泌を増加します。

良質の睡眠を誘うシナモンの成分

シナモンには抗炎症作用、鎮静作用、抗痙攣作用、そして抗酸化作用をもつオイゲノールという有効成分が含まれています。

適量のシナモンは、血糖値を正常に保つサプリメントとして、グルコース代謝において効果的にその機能を発揮します。

また不安感や感情障害など神経の状態を穏やかに保ち、睡眠障害の原因を緩和することで安眠効果が得られます。

安眠ドリンクの作り方

platano-e1455597358224-500x375

材料と作り方が簡単な安眠ドリンクです。できる限り材料はオーガニック製品を選んでください。

この安眠ドリンクには不眠症やその他の睡眠障害を緩和する入眠作用があります。

材料

  • 完熟バナナ 1本
  • シナモン 小さじ1/4杯(1.2g)
  • 水 1リットル

 

作り方

  • 水を沸騰させます。その間にバナナの皮を残したまま小さく切ります
  • 水が沸騰したらバナナを皮ごと水の中に入れて弱火で5分間煮ます。
  • 火を止め、バナナをいれたまま10〜15分間そのままにします。
  • 熱すぎない程度の温度になったら漉してからコップに注ぎます。
  • その時、シナモンをコップに入れてかき混ぜます。
  • 就寝時間の30〜40分前に飲むのが効果的です。

この安眠ドリンクとあわせて、快適な睡眠を得るために寝室の状況が整っているかどうかも確認し、睡眠の数時間前からは睡眠の妨げになる電化製品の使用は控えましょう。

今回ご紹介した安眠ドリンクやアドバイスを活用しても、不眠症などの睡眠障害が解消されない場合は、医師に相談して自分に合う治療方法を見つけてください。

あなたへおすすめ