紫ザワークラウトで腸内フローラを強くする

ザワークラウトを食べると消化機能が改善され、イースト菌感染を予防することを知っていましたか? ザワークラウトを自宅で作ってみましょう。

ザワークラウトは胃腸を保護するバクテリアフローラを強くする力があるとして近年人気が出てきているプロバイオティックです。

ザワークラウトとは、キャベツの葉を塩水に漬けて発酵させた食品です。数日経つと、健康を促進する健康なバクテリアとイーストが現れるのです。

ザワークラウトを食べることで、消化プロセスを促す活動をするビフィズス菌や乳酸菌といった微生物の成長が刺激されます。

これらの微生物はまた、乳糖、糖、その他大腸に残された物質の分解をサポートします。

実際、ザワークラウトは免疫系の健康にも面白い効果を与えます。なぜなら、ザワークラウトは大腸菌やクロストリジウム・ディフィシレといった害のある病原菌に対する抗体の反応を促すからです。

そしてそれ以外の利点はというと、最もお財布にも優しい発酵食品であるということ、簡単なステップに従い、自宅で準備することができるという点ではないでしょうか。

自宅でザワークラウトを作ったことがある人はあまりいないかもしれませんね。今日は紫のキャベツを使ったレシピを見ていきましょう。

腸内フローラを強くする紫ザワークラウト

紫ザワークラウトは、腸内フローラのpHを整え腸に健康な細菌を増やす働きをする天然のプロバイオティックスです。有害な微生物によってバランスが崩された時に特にその力を発揮します。

天然のヨーグルトを食べることでも同じような効果を得ることができますが、紫ザワークラウトはよりカロリーが低く、植物から栄養を摂りたいという人にぴったりです。

紫キャベツの葉にはイソチオシアナートと呼ばれる構成要素があるのですが、この要素はある種のガンの予防に関連付けられています。

これに含まれる細菌とイーストは、発酵過程で塩水によって濃縮され、腸管のフローラの値のバランスをとるスーパーフードとなるのです。

これは大腸の病気となるリスクを下げるだけでなく、ガスや炎症、お腹の痛みといった症状をコントロールしてくれるのです。

さらに、紫キャベツには胃腸のpHを正常に保つ効果がありますので、胃酸の過剰分泌などに良いでしょう。胃酸が過剰に分泌されると胃炎や潰瘍、胃酸の逆流などの原因となりがちです。

さらに、その栄養はウイルスやバクテリア、真菌による感染を減らす効果があり、免疫系の健康を強化します

つまり、インフルエンザや風邪などの状態を防ぐ優れたサプリメントのようなものなのです。

免疫系の強化以外に、代謝にも良い影響を与えます。これは、体に蓄積される老廃物を取り除くプロセスが加速させられるからです。

  • 気分を上げる
  • 身体的・精神的生産性を上げる
  • 心臓の健康を守る
  • 肌のエイジングを予防する
  • 尿管や膣の病気を予防する

紫ザワークラウトを家で準備する方法

紫ザワークラウトは、健康を害する一般的な疾患を撃退するのに理想的な食べ物です。

いつでも気が向いたときに自宅で簡単に作って食べ、その栄養を十分に摂取し食生活を完璧にしましょう。

胃腸の細菌フローラの健康を維持し、様々な病気にかかりにくくしてくれる効果があるのです。

材料

  • キャベツ 1個
  • 紫キャベツ 2個
  • 海塩 大さじ3(36g)
  • 水(必要なだけ)

使うもの

  • 密閉できるガラス製の瓶

方法

  • キャベツの葉を千切りにするかフードプロセッサーにかけましょう。
  • 細かくしたキャベツをガラス製の瓶に入れ、海塩を加えます。
  • 葉の上からごく少量の水を加えます。その後、上からキャベツをしっかり押し、蓋とキャベツの間にスペースができるようにします。
  • キャベツが発酵する過程で天然の汁が出てきます。柔らかさや臭いが変わります。
  • ペーパータオルでカバーしましょう。虫が入ってこない、品質が落ちないとわかっている場合は、お好みでカバーしなくても構いません。
  • 一日に数回、キャベツを押しましょう。押すことによって葉から水分が出てきます。
  • 1〜2日経つと、水分が上がってきます。匂いも強くなるでしょう。
  • 表面に現れたものは一部取り除き、2〜3週間くらい場所に置いておきましょう。
  • 2〜3週間経てば、ザワークラウトの出来上がりです。汁も捨てずに食べることができますよ。
  • サラダやお肉などの付け合わせとして食べると美味しいですね。

ご覧のように、自宅でザワークラウトを作るのはとても簡単なのです。ザワークラウトを食べることで胃腸にプロバイオティックスが与えられ健康トラブルを回避してくれるでしょう。

ぜひ試してみてくださいね。

カテゴリ: 好奇心 タグ:
あなたへおすすめ