むくみを避け、血行を良くする7つのヒント

むくみを避けるには、普段からの運動と十分な休息が必須と言われています。運動と休息は無駄な水分を体の外に排出し、体のデトックスをしてくれます。

水腫は一般的にむくみと呼ばれ、近年驚くほど増加している問題です。

むくみ自体は病気ではないものの、体内の異常な水分貯留は腎不全や関節炎など深刻な病気を引き起こしかねない重大な問題です。

むくみは体の組織に水分が留まり、炎症を起こし、循環、そしてリンパ系に異常をきたしてしまう事が原因で起こります。

一般的な症状として、手足のむくみ、痛み、疲労、そして一定の動きをする事が難しくなるなどがあげられます。

毎日行なって、このむくみを避ける事のできる健康的な事がいくつかあります。

それでは今日はその中の7つをご紹介しましょう。

1、水分を十分に摂る

毎日十分な量の水を飲む事は難しいと思っている人も多いかもしれません。実は水を十分に飲むことが、炎症を避け、余計な水分を体に溜めない為に一番効果的な方法なのです。

水は、体の中の水分量を増やす事はありません。それとは反対で、腎臓の働きを助けて、体から尿として水分を出すように促します。

水のデトックス効果、利尿作用は水が血流を通り体から出る事を促し、その結果むくみを避ける手助けをしてくれます。

 

2、塩分を控える

塩分の取りすぎはむくみの大きな原因であると言われています。

塩分の蓄積は、体の電解質バランスを崩し、抗炎症作用の妨げになります。

こうなってしまう前に、塩分の摂取量を少なくすることが大切です。塩分を多く含む食べ物には

  • ソーセージ
  • 缶詰
  • サラダドレッシング、ソース
  • ポップコーン
  • 揚げ物、揚げ菓子
  • チーズ

などがあげられます。

 

3、きつい洋服を避ける

最近は、健康にどのような影響を与えてしまうのか知らないまま、きつめの洋服を着ている人が非常に多いと言われています。

一見何も問題は無さそうですが、実際には体を締めると血行に影響を与え普段の余計な水分を体の外に排出する動きにも影響を与えてしまいます。

この理由から洋服は少し大きめのサイズを選ぶか、体を締め付けない素材で作られた洋服を選ぶと良いでしょう。

 

4、日常的に運動をする

運動を毎日の生活に取り入れる事は、むくみやそれに伴う病気などを避けるうえで非常に良い方法です。

日々の生活での動きは血行を良くしリンパ系の働きを促してくれます。結果、毒素や余計な水分を排出する事を促進してくれます。

運動は尿の生成を促し、尿路を強くしてくれるので腎臓の健康にも良いと言われています。

 

5、循環を良くする

マッサージや冷水シャワーなど毎日行う事も、体の循環を良くする方法の1つです

むくみは特に気にされなかったり、他の健康上の問題と混同されてしまいがちですが、実は血行の悪さが原因の場合があります。

むくみ、そしてそれに伴う病気を避ける為にも、血流を良くしてくれるマッサージや冷水シャワーなどを取り入れる事が非常に大切です。

 

6、睡眠を取る

質の良い睡眠は、むくみ、そしてその他の体内の炎症を避ける為に非常に大切な要素です

寝ている間、筋肉はリラックスし、血行も穏やかになります。それに加えて、体のデトックスも行われます。

この事で体の余計な水分の排出が促されるのと同時に、エネルギーも回復されます。

 

7、野菜と果物を摂る

野菜や果物のような新鮮なものを毎日摂る事で、体は余計な水分を体の外に出し、さらに体の中の炎症を抑えてくれます。

野菜や果物に含まれる抗酸化物質、水分、食物繊維、そして他の栄養素が腎臓の機能を向上してくれ、さらに水分の排出も促します。

それと同時に、水腫に伴う高血圧、筋肉系の病気そしてそのほかの健康の問題を防ぐ手助けをしてくれます。

むくみでお困りの方、是非これらのヒントを参考にしてみてください。

カテゴリ: 健康習慣 タグ:
あなたへおすすめ