もうこれ以上あなたのことは考えない!/別れた相手のことを頭から追い出す方法

7月 8, 2017
思い出は心を占め続けます。でも、強さと意思を持って今日からはあの人のことを考えるのをやめます。

あなたのことを考えるのはもうやめたい。でもどうすればいいのかわからない。あなたを心から消したいと思っても、心が私を支配していてできない。

とても不愉快。思い出だけでなく、前向きではない感情まで心に渦巻く。

さまざまな心配や、「もしあの時違うことをしていたら…」「もしすべてのことが違っていたらどうなっていたのだろう」といった疑問もまた私の心に溢れ出る。

どうしたらいいのか本当にわからないでもあなたのことを考えるのはもうやめたい。

思いはやってくる

誰かのことを頭から追い出す最初のステップは、心に浮かんだ感情的な考えや思いを無視しないことです。

別れた相手の顔を見たくないと思うのは当然のことです。あなたのことを傷つけたのですから。しかし、これをしなければ、あなたの人生から去ってしまった相手のことを考えるのをやめることはできません。

  • 自分の考えを分析する: 別れた相手のことを考え、あなたをどのような気持ちにさせたか、なぜかを考えます。論理的に考えましょう
  • あなたは心配しすぎるタイプですか?私たちは、時に自分の決定や選択を疑うことがあります。これを“後悔”といいます。しかし、この行動はやめることができます。一歩下がって見ると、自分が抱える心配事には何の根拠がないということに気がつくからです。
  • 恐れを受け入れる:別れた相手のことを考えるという行為には、孤独という恐れを伴うでしょう。
  • 自分の人生と他人の人生を比べない:人と比べると、ネガティブな輪にはまってしまいます。心地よく感じることはなく、満足できないでしょう。
このステップに従って進むと、自分の心に浮かぶ考えを素直に受け入れることができるでしょう。

 自分の注意を他のものに向ける

相手のことに関する考えと一旦きちんと向かい合えば、いずれ自然と消滅していくでしょう。言い換えると、相手に対する思いは、来ては去っていくのです。
しかし、不安感、悲しみ、憂鬱、疑いといった感情も湧き上がるでしょう。そういう時は、他のことに興味を向けましょう

誰かのことを忘れるには、新しいことをする、好きなことに集中するなどが良いでしょう。今は自分だけに使える時間があるのです。自分のために好きに時間を使いましょう。

友達と一緒に出かけましょう。新しい人に会いましょう。仕事に集中しましょう。今まで行きたいと思っていた所へ旅行しましょう。

これらのことを行うことで、忙しく過ごすことができます。時にはふと心に浮かぶかもしれませんが、別れた相手のことを考えなくてよくなるまでそう時間はかからないでしょう

この方法は、単に問題から逃げているだけなのではないかと疑問に思う人がいるかもしれません。

前もってきちんと状況に向き合う時間を持っていれば、逃げていることではないのです

 別れた相手のことを考えるのをやめるには、妄想するのをやめること

まだ終わりではありません。今でも嫌な気持ちがするでしょうし。別れた相手のことを完全に忘れられていないからです。それは、二人の関係をまだ夢みて妄想しているからです。

自分にとって都合の良いことを夢見ていると、実際に起こったことから遠ざかってしまいます。

このように妄想していると、本当はやめたいと思っていても別れた相手のことを考えずにはいられなくなってしまいます。

の中には、別れた相手とのデートやキス、思い出溢れるいろいろな場面が残っているでしょう。この思い出は素敵な思い出として、にっこり笑って受け入れましょう。思い出して涙を流すのはもうおしまいです。

思い出して涙を流しても自分が苦しくなるだけです。泣いて思い出しても良いことは何もやってこないからです。 これらの思い出はもう存在しない痛ましい記憶なのです。

今日お話ししたコツに従ったとしても、一番大切なのはやはり時間です。時間がすべてをあるべき位置においてくれるのです。

自分にとって大切だった人のことを一晩で忘れるなんて不可能でしょう。 時間と、そして起こったことを受け入れることが大切なのです。

もし現実を否定し、文句を言い続けるのなら、この状況はもっと長く続くことになります。

だからこそ、自分に起こった出来事を受け入れるということを学ばなくてはいけません。遅かれ早かれ、すべてのことはだんだん良い方向になっていくのですから。

今日、私はあなたの事を考えるのをやめます。私は強く、それを達成することができるのです。

あなたへおすすめ