みんなが知らない片頭痛の原因

9月 3, 2017
片頭痛のよくある原因は環境の変化によるプレッシャーです。また脳をゆっくり休ませる週末になると片頭痛が起こる人もいます。

頭痛が起きても、その原因に注意を払う人は少ないのではないでしょうか?

しかし、片頭痛と呼ばれる強い痛みを伴う頭痛が継続して起こる場合は、その原因を探ることで発症の頻度を下げられるかもしれません。

頭痛の中でも片頭痛と呼ばれる症状は、遺伝性から動脈の疾患まで、様々な要因によって起こります。世界中の多くの人が片頭痛の症状に悩まされている現代社会で、その原因を理解することが大切です。

片頭痛の原因の一部をご紹介

実は片頭痛の一番の原因はまだ解明されていません。

ただし、ある特定のいくつかの要因が引き金となっていることは明らかです。激しい片頭痛に悩んでいる方はこれからご紹介する原因を疑ってください。

1.気候

気温や湿度の変化など、環境が頭痛を引き起こすケースがあります。

低気圧になると頭痛が悪化する人がいます。また気温が上昇しすぎるときや湿度が異常に高い場合も片頭痛が起こります。

天候をコントロールすることはできませんが、片頭痛が起こらないように予防することはできます。例えば、暑い夏は日中でかけないようにする、または活発に行動せず気温が下がってから行動するなどの方法があります。

2.食べ物

頭痛を悪化させる食べ物が存在します。例えばチーズ、ハム、そして揚げ物です。

頭痛が頻繁に起こるときは、保存料や添加物の影響で頭痛が起きている可能性がありますので、これらの食品を食べないように気をつけてください。

果物や野菜を中心としたバランスのとれた食事を心がけることで、片頭痛の緩和につながります。

3.週末

週末が原因と聞くと驚くかもしれませんが、土曜日と日曜日に頭痛が起こりやすい人がいます。

土曜日と日曜日はお休みの方が多く、片頭痛などが起こりにくい日だと思いがちですが、実はここに片頭痛の原因があります。

月曜日から金曜日までの間に、職場や学校でかなりのプレッシャーやストレスを感じて生活している人は、週末が来ると体が必要以上にリラックスしてしまい、平日の生活パターンを乱しがちです。

遅くまで起きていたり、朝寝坊をしたり、パーティーに出かけたり、また週末に活発に活動しすぎたり。これらが原因で頭痛が起こる可能性がありますのでご注意ください

4.カフェイン

コーヒーだけではなく、炭酸飲料(コーラなど)にも、体内を脱水症状にするカフェインが含まれています。

コーヒーを1杯飲むとカフェインが血液から脳へと運ばれてエネルギーが満ち溢れたように感じますが、このプロセスで片頭痛が起こることがあります。

また逆に、カフェインを摂らない時に片頭痛が起きることもあります。普段からコーヒーを飲んでいる人は、突然やめると頭痛が起こる可能性がありますので、徐々に摂取量を減らしましょう。

5.睡眠時間が長すぎる

休暇中や週末に起こりがちな片頭痛です。

頭痛が起こると横になり休息を取る方がほとんどですが、長時間の「過剰な」睡眠をとると頭痛が起こる可能性があります

心当たりがある方は自分の睡眠パターンを見直す必要があります。

6.アルコール飲料

体内ではカフェインと似た働きのあるアルコール飲料が頭痛の原因となることがあります。

アルコール飲料を定期的に飲む方は頭痛や片頭痛を発症しやすくなります。

アルコールには私たちの体にとって有害物質となる成分が含まれているため、体内では肝臓や腎臓がいつもより激しく機能します。

グラス一杯のワインは問題ありませんが、パーティーなどで毎晩大量のお酒を飲むのはお勧めしません。

7.ストレス

かなりのストレスを抱えている方や、ストレスが長期にわたる方はそれが原因で頭痛を発症しやすい傾向があります。

解決方法が全く見つからないような厳しい問題に直面し、誰の助けも得られないように感じる時もありますが、ストレスを軽減し片頭痛の症状を緩和する方法を身につけることが大切です。

ヨガや瞑想を実践してください。

また入浴の際に入浴剤を入れたり、泡風呂にしたりするのもおすすめのリラックス方法です。

週末には郊外に出かけてゆっくりとした時間を過ごしたり、毎日仕事が終わったあと趣味や大好きなことを行う時間を作るのもストレスを軽減するのに良いでしょう。

8.マグネシウムの欠乏

栄養素が不足することで起こる頭痛があります。特にマグネシウムの欠乏は片頭痛の原因となる傾向があります。

マグネシウムを豊富に含む食品をご紹介します:

  • 小麦ふすま
  • 乾燥ハーブ(コリアンダー、ミントなど)
  • かぼちゃの種、ひまわりの種、フラックスシード、胡麻
  • アーモンド、カシューナッツ、ブラジルナッツ

9.感覚過敏症

音や光、味などの刺激に強い不安やストレスを感じる感覚の過敏さを持ち合わせる感覚過敏症の方は、片頭痛を発症するリスクが高いと言われています。

香水売り場などや映画館でアクション映画を見たとき、また強い光を見た時などに頭痛が起こることがあります。

10.グルテン過敏症

これはセリアック病を発症しているという意味ではありませんが、わずかながらもグルテンに対して不耐性があることは間違いありません。

グルテン過敏症が原因で頭痛が起こっているのどうかを見極めるためには、まずグルテンが含まれた食品(クッキー、パン、ピザなど)を食べるのをやめ、頭の痛みが解消されるかどうかを調べます。

 

あなたへおすすめ