目指せ明るい肌!/自宅でできるトリートメント

2月 26, 2016

生気も輝きもない、シミだらけの肌にさよならしたい方、もっと活き活きとした明るい肌にしたいと思う方は、是非今日の記事を読んでください。輝く明るい肌を目指し、自宅で簡単にできるトリートメント法をご紹介します。

1年中美しく明るい肌を保つ

女性なら、365日いつでも肌を美しく見せたいと願うのではないでしょうか?陶器のように滑らかでシミもシワも吹き出物もない美しい肌・・・日焼けの後や加齢の形跡など微塵もない肌です。この願いを叶えるには、自然の恵みを利用し、あなただけの”肌の応急処置”をして明るい肌を目指すべきです。

には様々な要素が原因となってシミができます。特に主な原因となるのが、紫外線や保湿不足などでしょう。特にビーチなどにいる時に注意しましょう。妊娠中や月経周期、加齢などのホルモンの変化もシミの原因となります。

明るい肌1

明るい肌を作るトリートメントレシピ

  • レモン汁:レモン汁は、明るい肌を作るには大変効果的な天然素材です。ビタミンCが豊富であることで知られていますが、このビタミンCは肌のメラニン生成を抑える働きがあります。さらに、レモン汁に含まれているクエン酸が細胞の再生を助けます。レモンを輪切りにし、直接顔や体の気になる部分を優しく擦りましょう。コットンをレモン汁に浸し、肌に当てる方法もあります。レモン汁のトリートメントをした後は日光を浴びてはいけませんので、出かける予定のない休日などに行うと良いでしょう。レモン汁をつけた後に日光を浴びると、余計にシミができやすくなってしまいます。
  • タマネギ:タマネギそのものというより、タマネギのミルクについてお話ししましょう。タマネギのミルクにはビタミンCや硫黄が含まれています。タマネギのミルクは1年を通して明るい肌、健康的な肌を保つのに最適です。シワやシミ、ニキビ跡を薄くするのに使用してください。皮膚以外であれば髪の毛嚢発達を促進、フケを防ぐ効果があります。赤タマネギをブレンダーにかけてピュレ状にし、出てきたミルクにコットンを浸します。このコットンを直接シミやシワに塗布してください。約10分間おいた後、冷たい水で洗い流します。塗布する部分の皮膚が荒れている場合は痛いような熱いような感じがするかもしれません。そう感じた時は使用を止め、直ちにタマネギを洗い流してください。
明るい肌2

  • :アップルサイダービネガーは、家庭での自然療法で使用できるトップクラスの食材です。健康にも美容にも優れた効果があります。アップルサイダービネガーに含まれている酸性pHが滑らかで明るい肌へと導きながら、吹き出物の発生を抑えるからです。使い方は簡単です。アップルサイダービネガーをコットンに取り、シミのある部分に押し当てます。20分程おいた後、冷たい水で洗い流しましょう。
  • 牛乳:古代エジプトの女王クレオパトラは発酵した牛乳を美容に利用していたということをご存知の方は多いのではないでしょうか。牛乳の乳酸は死んだ肌細胞を取り除くのに役立ち、柔らかく、清潔な肌が現れます。また、乳酸には皮膚を輝かせる効果もありますので、より明るい肌となります。定期的に使用すればシミも消えていくでしょう。あなただけの”フェイシャルピーリング”を作るには、温めた牛乳にコットンを浸し、一晩顔に乗せておきましょう。翌朝洗い流すだけで明るい肌となるでしょう。
明るい肌3

  • ヨーグルト:ヨーグルトは牛乳からできているため、上記の牛乳と同じような効果があるのですが、さらにヨーグルトには肌の消毒、吹き出物が出来るのを予防、肌本来の潤いを維持、肌細胞を癒すなどの効果が挙げられます。発酵乳はまた、細菌の肌への感染に対抗する力もあります。ヨーグルトをマスクとして使い、より明るい肌にしましょう。まず最初に低刺激の石鹸と水で洗顔します。無糖ヨーグルトを適量取り、指か小さなブラシを使って顔に塗ります。20分程おいた後、ぬるま湯で洗い流しましょう。
  • キュウリ:スライスしたキュウリを目の上に乗せる方法は美容現場でよく使われています。なぜなら、キュウリの保湿効果が瞼の疲れを癒しリラックスさせるからです。美しく輝く、明るい肌になることでしょう。キュウリにはまた、肌に柔らかさを与え、シミやシワを取り除く効果もあります。キュウリの皮をむき、種がある場合は取り除き、ブレンダーでペースト状にしましょう。これをシミやシワの気になる部分に塗布し、20分程おいた後洗い流します。結果はすぐに現れるはずです!
明るい肌4

  • アロエベラ:美容に欠かせないアロエ。アロエもまたクレオパトラとネフェルティティが肌を美しく保つために好んだものです。アロエの葉から採れるジェルは、肌に栄養を与えて保湿し、明るいへと導きます。アロエの葉を適量切り取り、中からジェルを取り出します。肌の明るくした部分に直接塗布し1時間程おいてからぬるま湯で洗い流しましょう。
  • トマト:トマトの汁にはビタミンAやビタミンC、タンパク質、リコピンなど肌に良い様々な栄養が含まれています。リコピンにはいわゆる”フリーラジカル”の形成を減らす働きがあります。トマトの汁大さじ1杯とレモン汁大さじ1杯を混ぜたものをコットンにとり、顔に塗布しましょう。
あなたへおすすめ