目のリラックスとクマ解消にアイパック4種

アイパックの有効成分を最大限に生かすには、パックの際にゆったりとリラックスする時間をとりましょう。

目の下のクマの原因は、十分な休息がとれていない、不眠、食生活の乱れ、さらには化粧品の使用などが考えられます。また遺伝的な要因もあるようです。

目をリラックスさせクマをすばやく解消させるアイパックは、手作りもできます。

これらの手作りアイパックの利点は簡単に準備できることで、時間もほとんどかからず最低限の出費で十分です。重要なのは、最大限の効果を引き出すために新鮮な材料を使うことです。

大量に作り過ぎてしまったら、ガラス瓶に密閉して冷蔵庫で保管することもできます。こうしておけば、その冷たさで目のリラックス効果も高まります。

 

1. ジャガイモとキュウリのアイパック

キュウリのアイパック

このアイパックは、血流を改善し目をリラックスさせてまぶたの腫れを抑える効果があります。1週間続ければ、目のクマはほとんど消えているでしょう。

1週間毎日続けた後は、週に1回のペースで継続するのがおすすめです。

材料

  • ジャガイモ 中1/4個
  • キュウリ 1/4本
  • ビタミンEのカプセル 1/2個

準備と使い方

  • 野菜を洗って皮をむきます。
  • たっぷりの水とともに鍋に入れ、弱火で10分間ゆでます。柔らかくなったら火からおろして冷まします。
  • 常温になったら、ビタミンEのカプセルとともにミキサーにかけてなめらかにします。
  • 目に入らないように注意して、目の周りに塗ります。
  • 15分間そのままにしたら、冷水で洗い流します。

 

2. カモミールとヨーグルトのアイパック

カモミールはその鎮痛作用とリラックス作用で知られ、アイパックの材料にも最適です。

カモミールをヨーグルトと組み合わせることで、とても経済的ながら目のクマを解消し肌を柔らかくしてくれるアイパックができます。

材料

  • カモミールのティーパック 1個
  • 熱湯 約60ml
  • ヨーグルト 大さじ1(20g)

準備と使い方

  • 熱湯にティーパックを入れてカモミールティーを準備します。
  • そこにヨーグルトを入れて均一になるまでよく混ぜ、泡も壊してなめらかにします。
  • 冷たい方が効果が高まるので冷蔵庫に入れます。
  • 1日冷やした後、目のクマにやさしく塗り、20分間作用させます。

何時間もパソコンの前に座って働いている人は、目をリラックスさせてクマをとるために少なくとも週に3回このアイパックを行いましょう。効果が続くように毎日就寝前に行うのもよいでしょう。

 

3. リンゴとオリーブオイルのアイパック

赤リンゴ青リンゴ

リンゴは、抗酸化成分を多く含み、細胞再生の力となります。そこにオリーブオイルの栄養素と粘度を組み合わせることで、優秀なアイパックになります。週に2回行って目をリラックスさせましょう。

オリーブオイルは必ず混じりけのない良質なものを使ってください。メーカーによっては他のオイルも加えられており、有効成分に変化をきたす場合があります。

材料

  • リンゴ 中1/2個
  • オリーブオイル 大さじ1

準備と使い方

  • リンゴを少量の水とともにゆでます。
  • ゆでたリンゴをミキサーにかけますが、ピューレ状になるようにゆで汁も加えます。
  • そこにオリーブオイルを加え、なめらかになるまでよく混ぜます。
  • オイルが目に入ると痛いことがあるので入らないように注意して、目の周りに塗ります。
  • 湿らせた布で覆い、30分間そのままにします。
  • 時間がたったらぬるま湯で洗い流し、最後に保湿クリームを塗ります。

 

4. アーモンドオイルとアボカドオイルのアイパック

冷蔵庫に保存するようなアイパッククリームを作らずに、目のクマを消す方法もあります。オイルを組み合わせる方法です。

アーモンドオイルアボカドオイルは、どちらも栄養成分豊富な上に経済的なオイルです。ただ塗るだけで、一晩中そのまま作用させておくこともできます。

材料

  • アボカドオイル 3滴
  • アーモンドオイル 3滴

使い方

  • 2種類のオイルを混ぜ、目の周りにとんとんとやさしくたたきながら塗ります。
  • 目に入らないように注意し、肌に吸収させるようにやさしくマッサージします。
  • オイルが浸透するまで待ちます。
  • ぬるま湯で洗い流し、目の周り用のクリームを塗ります。

 

目のクマを解消するために覚えておくべきポイント

化粧パフを目元にあてる女性

目のクマは誰にとっても外見上の大きな問題。疲れて見せるだけでなく、メイクにも影響大です。

1. アイパックを塗るときの注意

目は非常に繊細な臓器ですから、どんなアイパックも目の中に入らないように注意しなければなりません。

天然の材料を使っていても、視力に異常を起こす可能性もあります。元々目に疾患のある方は、特に注意をしてください。

2. アイパックの時間を休息の時間に

理想的なのは、時間に追われることなくアイパックを準備し、ゆったりと行うことです。そうすれば、リラックスしながら十分作用させることができます。好きな音楽をかけて、快適な休息の時間をつくりましょう。

3. アイパックを洗い流すときの注意

目の周りの皮膚が弱っている状態ですから、クマをとるためにこれらのアイパックでいたわってあげましょう。

アイパックを落とす時は、たっぷりのきれいな水で円を描くようにやさしくマッサージしながら洗い流しましょう。水で落ちない時は、コットンを使ってやさしくふき取るのもよいでしょう。

カテゴリ: 美容 タグ:
あなたへおすすめ