目の下のくまを/明るくしたり取り除く方法

6月 16, 2016

あなたの体はあなた自身の身体的状態や気分を反映しますが、顔は特に敏感です。過剰物を簡単に溜め込んだり、ケアの怠りが出てしまいます。目の下のくまは、時に炎症を起こしているように見えたり、茶色や緑色だったりして、何か良くない状態であることを示しています。一般的に、目の下のくまは睡眠不足、ストレス、または不安によって引き起こされますが、脱水症状、体液貯留、血行の悪さ、ホルモンの変化にも起因します

目の下のくまを取り除くホームトリートメント

キュウリとニンジン

cucumber-

キュウリとニンジンを一枚スライスして、毎晩15分間まぶたの上に置くと、疲れ顏を取り除くことができます。冷蔵庫に入れておいてとても冷たくしておくと、まぶたがよりリラックスできます。可能なら、冷たい水で洗い流しましょう。

ラベンダー

ラベンダーは抗炎症性を持っています。肌に直接ラベンダーオイルを使用することはお勧めしませんが、エッセンシャルオイルを一滴、水に入れて使いましょう。それをコットンで目の下のくまに優しくすり込みましょう。少ししか使わないので、洗い流す必要はありません。超敏感肌の場合は、水とラベンダーを煎じて、その蒸気を吸いましょう

ご存知のように、氷は体内の炎症に効果的です。柔らかい布で氷を数個包んで、15分間、目の上に置きましょう。

ミント

mint-5

ミントの葉を数枚、オリーブオイルに混ぜます。これをコットンにつけて、寝る前に下まぶたに当てます。ほんの少しだけ当て、一晩置いても大丈夫です。

ミルク湿布

牛乳をできるだけ冷たくします。グラスに注ぎ、コットンの布切れを浸します。それを取り出し、まぶたの上に置きます。20分間置き、大量の水で洗いましょう。

ポテト湿布

これは素早く行えるレシピの一つです。ジャガイモの皮をむきカットし、ガーゼにのせ、目の上に置きます。さらに効果が出るように、出来るだけ長く置いて、毎日頻繁に繰り返しましょう。

カモミール

カモミールは鎮静特性や抗炎症特性を持っています。カモミールを煎じ、ナチュラルヨーグルトを少し加え、なめらかにします。目の周りにこれを適用し、10分間放置します。 冷たい水をたっぷり使って、洗い流してください。

ローズ湿布

バラの花びらを抜いて、煎じます。花弁の栄養素すべてが放出されるように、約2時間沸騰させましょう。漉して、少し冷まします。この液体にコットンを浸し、数分間、目の上にのせ、冷たい水で洗い流しましょう。

大量の水を飲む

前述したように、 脱水は目の下のくまの原因です。十分な量の水、少なくとも1日8杯は飲むことが重要です。

お茶の湿布

eye-bags-2

お茶は炎症を軽減し、身体をリラックスさせるのに効果的です。ティーバッグを10分間煮た後、それをそれぞれの目の上に置き、しばらく放置します。一日数回、このトリートメントを行いましょう。

イチゴ

イチゴには抗炎症特性があります。その果肉でピューレを作り、まぶたに塗り、半時間置いた後、大量の水で洗い流しましょう。

レモン

これは、ビタミンCが目の下のくまの色を明るくしてくれる、素晴らしいレシピです。レモン汁をグラスに入れ、コットンを浸します。目のまわりに置き、目に入らないよう注意してください。しばらくしてから、ぬるま湯で洗いましょう。それを週2〜3回行います。

これらの家でできる簡単な方法が、目の下のくまを取ってくれると良いのですが、これらの方法で全く効果が出ない場合は、より深刻な問題を抱えている可能性があるため、医師の診察を受けるのが最善です。

あなたへおすすめ