丸く引き締まった美尻を作る6つの方法

10月 24, 2016
お尻の引き締めに焦点をあてた運動と保湿クリームを使ったマッサージを組み合わせて、誰に見られても恥ずかしくない丸く引き締まった美尻を目指しましょう。

お尻の形には遺伝的要素もありますが、努力次第でより引き締まった美尻を手に入れることができます。

多くの女性にとっての理想のお尻とは、セルライトのない丸く引き締まったものでしょう。最近では特に、体全体のバランスと合うヒップラインが理想とされています。

本記事では、健康的な方法で丸く引き締まった美尻を手に入れる6つの方法をご紹介します。

1.お尻の筋肉を鍛える

お尻の筋肉は、大殿筋、中殿筋、小殿筋の3つに大きく分類され、美尻を手に入れるためには、これらの3つの筋肉を鍛える運動を取り入れることが大切です。

それぞれの筋肉を鍛える美尻効果のある運動を、少なくとも週に3回行いましょう

 

2.ストレッチ

2-stretching

運動の前後に行うストレッチは、お尻を鍛える運動と同じくらい大切です。

美尻効果のある運動とストレッチ運動を組み合わせることで、筋肉を鍛えながら体をリラックスさせ、引き締まった美尻を目指します。またストレッチには、筋緊張を防ぐ効果があります。

お尻の筋肉につながる脚、太もも、そして腰のストレッチをお忘れなく

 

3.タンパク質の摂取を増やす

筋肉を鍛えるためには、十分なタンパク質の摂取が必要不可欠です。

ただし、肝臓や腎臓に負担をかける動物性タンパク質の過剰摂取はお勧めできません。動物性タンパク質だけではなく植物性タンパク質もバランスよく摂取してください。

毎食ごとに適量のタンパク質を食べましょう。タンパク質として摂取するのにお勧めの食品をご紹介します。

  • 肉類
  • 魚類
  • 乳製品
  • 豆類
  • ナッツ類や種

全粒穀物やアボカドのように、実はタンパク質を含んでいる食品もあります。タンパク質を、野菜(サラダ、蒸し野菜、または野菜ジュース)と一緒にバランスよく食べて、健康的な美尻を作りましょう。

 

4.健康的な脂質の摂取量を増やす

3-healthy-fats

脂質にも種類があり、私たちの体内で良い働きをする脂質とそうでないものがあります。タンパク質に加えて美尻作りに欠かせないのは、体に良い脂質です。

精製されていない天然の良質な脂質を摂取することが大切です。

体に良い脂質を摂取すると代謝が上がり、減量効果も期待できます。また、ウエスト周りなどのお尻以外サイズダウンにも効果的です。体に良い脂質をご紹介します。

食事に加えるべき食品

  • 植物性脂質:オリーブオイル、ココナッツオイル、セサミ、フラックスシード、小麦胚芽
  • ギー(インドなど使われる無塩バターを濾過したバターオイル)
  • アボカド
  • イワシ
  • ナッツ類や種
  • 卵の黄身
  • 冷水魚

5.毎日の肌の保湿

4-stay-hidrated

毎日欠かさずお尻の保湿を行いましょう。皮膚のたるみを改善して、ストレッチマークと呼ばれる肉割れ線やセルライトを予防することで美尻を作ります。

天然成分のエッセンシャルオイルと植物のオイル(アーモンドオイル、アボカドオイル、アルゴンオイルまたはホホバオイルなど)を豊富に含んだ保湿クリームを選びましょう。

手を拳の形にするか、アボカドの種を使ってお尻に円を描くようにマッサージを行います。このマッサージは、運動やシャワーの後に毎日行ってください。

 

6.カッピング療法

お尻の形を自然に整える方法がカッピング療法です。

吸い玉と呼ばれるサクションカップを用意するだけで、ご自宅でも簡単に始められます。吸い玉は、インターネットショップまたは物理療法やマッサージを行う施設などで購入できます。

カッピング療法に使用する吸い玉はプラスチック製で、体のどこにでも使用でき、体の循環を改善する効果があります。

カッピング療法と保湿マッサージの組み合わせで、さらに丸く引き締まった美尻作りが期待できます。そしてまた、セルライトを減少させる効果もあります。

お尻にオイルを塗り、吸い玉を使って円を描くようにマッサージを行います。オイルを塗ることで吸い玉を円滑に動かすことができます。一カ所に吸い玉を置いたままにすると出血しますので避けてください。

あなたへおすすめ