毎日をちょっと楽にする6つのワザ

4月 4, 2016
「あれ?鍵どこに置いたっけ? 電気代の請求書はどこ? コルク栓抜きがなかったらどうやって瓶を開ければいいの?」などなど、私たちの生活にはちょっとしたイライラがいっぱいです。大したことではないのですが、多くの時間を割かれてしまうことも多々あります。

今回は、毎日の生活をちょっとだけ楽にする素敵で楽しいアイデアをご紹介したいと思います。手作りアイテムはお子さんと一緒に楽しんで作れます。

鍵どこに置いたっけ?車庫の鍵はどれだっけ?

家のどこかに使わなくなった古いテニスボールがあったりしませんか?もしあれば犬と遊ぶのも良いでしょう。もしくはよく失くす鍵やペン、携帯電話の充電器から領収書の類などなんでも置いておけるホルダーを作ってみるのもお勧めです。

材料

・テニスボール(古いものでOK)2個

・くぎ2本

・はさみ

作り方

・作り方はとても簡単です。ボールの中心部に近いところに小さな切れ込みを入れます。口のようにも見えますが、ここを開いて物を挟みます。

・くぎなどで壁に固定します。くぎに少し抵抗がある方は、吸盤や強力両面テープなどでも良いでしょう。吸盤なら鏡や冷蔵庫などにもくっつけることができます。これで出来上がりです!かわいいなどをつけてもいいですね。写真を参考にしてみてください。

鍵の見分け方

これは玄関の鍵、これはポーチの鍵、これは車庫…など色々な鍵があると思いますが、どうやって見分けていますか?実は簡単に見分ける方法があるのです。マニキュアを使って色分けするだけです。すべて違う色を塗っておくことで、簡単に見分けられます。マニキュアを塗る部分(持って回す柄の部分)以外を養生テープなどで保護するときれいに塗れますよ。

コルク栓抜きがない!

コルク抜き

今日は特別な夕食です。準備が整いました。さあワインを開けようというとき、あっ!コルク栓抜きがない!などという経験はありませんか?でも大丈夫。夕食を台無しにする必要はありません。驚かれるかもしれませんが、次の方法でワインを開けることができるのです。

コルク部分に大き目のくぎをねじ込み、写真にあるようなペンチや小型ハンマーなどで引き抜くだけです。2秒でできますよ!ペンチなどがない方はフォークでも代用可能です。

ごみ箱のいや〜な水分

ゴミ箱

ごみ箱に水分が染み出てしまっていやな思いをしたことは皆さん一度や二度あると思います。ごみ箱から袋を引き出すとき、生ごみなどからいやな臭いがする液体が漏れていたりしますよね。どうにかしたい!簡単です。ごみ箱に袋をセットするときに、底(袋の中)に新聞を数枚敷くだけです。これでごみ箱に水分がたまることはありません。

ペンキ塗りのコツ

ペンキ

箱や椅子、犬小屋や窓枠など、塗装が必要なものは意外と多いものです。やらなきゃいけないことは色々ありますが、塗装は汚れるし面倒だし…。

ここでおすすめの方法は、ペンキ缶の縦向きに輪ゴムをかけることです。(大き目の輪ゴムがおすすめです)輪ゴムの部分で刷毛についた余分なペンキを落とすことができ、ぽたぽた垂れるのを防いでくれます。これはかなり使える裏ワザです。

鍵かけたっけ?戻って確認するべき?

ドアノブ

これも皆さん経験があるのではないでしょうか?仕事へ行くとき、もしくはもっと悪いケースだと、旅行へ出かけるため車を数時間走らせたところで突然「あれ?戸締りしたかしら?」などと思い出したりするものです。

忘れっぽくてがっくりくることほど嫌なものはありませんが、しかし実際には‟忘れっぽい“という問題ではなく、何か物事を行うときに注意を払っているかいないかの問題なのです。

このようなことを防ぐためには、何かをするときに注意を払うことが必要になります。いつもと違うことをしてみるのも良いでしょう。例えば、玄関のドアを閉め戸締りをするとき、低い声で歌を歌ってみるのです。あとでちゃんと鍵をかけたか心配になったとき「戸締りしながら歌っていた」というちょっと笑ってしまう自分を思い出すことができるでしょう。

ピアスが見つからない!

ピアス

たまにそんな経験はありませんか? 洗面所で支度をしているとき、お気に入りのピアスを耳につけようとしてピアスのキャッチ部分や他の小さな部品を落としてしまった!そんなときどうしますか? 必死にあたりの床を探しますが、見つからなかったりしますよね。

でも大丈夫、この大ピンチを切り抜ける方法があるのです。掃除機のノズル部分にストッキングや靴下をはめ、掃除機のスイッチを入れ落としてしまったあたりを探すのです。落ちている物がストッキングの表面にくっつくので、すぐに見つかるはずです。

さて今回ご紹介した方法はいかがでしたでしょうか?どれも簡単ですので、ぜひ試してみてください。

あなたへおすすめ