孫から学ぶ4つのこと

· 8月 18, 2016

毎日の生活の中で孫から学ぶことはたくさんあります。

今まで気づいていなかった、自分自身の一面さえ気づかせてくれることだってあります。

親になるということは、そこから人生が変わることというのも真実ですが、おじいちゃんおばあちゃんになったときには、また一味違う素晴らしい幸せが待っているのです。若くして祖父母になる方もいらっしゃいますし、孫を持つことがないままの方もいらっしゃいます。

いろいろなケースがありますが、ほとんどの人は祖父母になることにより、人生で特別素晴らしい段階を経験することになるのです。この時期は変化に満ちたものであり、そうした状況のおかげで、今まで気づかなかった自分を発見することさえあります。

ここで少しだけ時間をかけて、人生のこの段階を考察し、ここで起こることを分析してみましょう。

小さな命があなたの人生に明かりをともしてくれるでしょう

子供を導いていく責任が親にあることはみなさんご存知ですね。子供の人生におけるそれぞれの段階において、いつもそこにいてあげる責任のある、中心となる人が親です。子供の人生のとって、祖父母は2番目に大事なサポート役となります。

 

child-with-flower

ここでは祖父母の人生にとって孫がどんなに大切なのかを説明します。

1.孫は自分自身の子育てでした失敗についてもう一度考える機会をくれます。

生まれながらに子育てについて知っている人はいません。特定の個人的な事情で、理想的だと思わないような環境で子育てをしなければならないこともあります(経済的な問題や仕事で家を空ける時間が多いなどの理由)。

  • 孫の世話をすると、祖父母は、どうしたら違う方法でアプローチできるかを考えたり、子育てしていた時にした失敗の穴埋めが出来たりするのです。
  • 自分の子育でした失敗を避けるかわりに、祖父母は、新しく親となった人にアドバイスをすることができるのです。当然、親となった人はみんな、こういった助言を受け入れるべきなのです。

2.ただ一つの目的:幸せにすること

悪い行動に対する規則、制限、注意やお仕置きは、親によって施行されるべきです。

  •  祖父母は教える立場ですが、その責任のありかは違ったところにあります。子育ての中心人物だったのは過去の話。祖父母の役割は、他に何でもなく、孫が幸せになれるよう、お助けをすることなのです。
  •  孫の新鮮でありあふれるエネルギーについて行くということは、ものすごく頑張らなければならなかったり、孫にとって家族の中でも特に大好きな人になったりすることを要求されます。

3.孫のために残せる伝説

今まで経験したこと、発見したことすべて、過去の勝利、恐れ、冒険、そして素晴らしい考え方は、孫に伝えなければならない宝物です。

  • 自分が家族の一員だったことをいつまでも覚えていてもらうには、小さな子孫たちに我々の経験や感情を伝えなければならないのです。
  •  子孫たちとは出来るだけたくさん話す機会を設けてくださ。いお話を聞かせたり、いろいろな質問に答えてあげたりしてください。そして、子供たちのかわいらしい笑顔に、勇気づけられたり、うきうきしたり、幸せな気分で目覚めてください。
child-with-bird

4.失ってしまったと思っていた強さの発見

  • やがてこの子供たちが大人になったとき、落ち着いた、大人な態度で人生に臨んでいくことができるでしょう。そう言った姿を見ることで、我々は誇らしく思い、人生におけるある段階を完了したという思いになるでしょう。
  •  自分の趣味や、家族、責務があるのは当然ですが、孫が誕生すると、再び多くの変化が起こります。 自分について再考するのです。「おじいちゃん、おばあちゃん」になり、出来るだけ孫の力になってあげようとすることが生への張りや新たな強さを生み出します。