これって正しいの? 一般的な健康神話

4月 11, 2017
「寒い場所にいると風邪やインフルエンザになりやすい?」 正しいライフスタイルを目指すときに妨げとなるのが間違った「健康神話」です。今回は間違った健康神話についてお話しします。

人間と体の関係や体に関する健康神話には長い歴史があります。

美しさや健康を求める現代の私たちですが、かつては美しさや健康を求めるのがタブーとされた時代もありました。

薬が一般的ではなかった時代に、様々な「健康神話」が広まったと考えられています。その真偽に関わらず、「健康神話」は長い間私たちの文化に根づいてきました。

現代医学の進歩と共に、身体機能や病気に関する様々な事実が明らかになり、これらの健康神話が私たちを混乱させていることもあります。

現代医学は大きな進歩を遂げていますが、私たちが自力で健康維持を目指しているのも事実で、これまでの歴史の中で、自分の体を最も正確に理解・分析できる時代がやってきました。

情報社会の中で多くの情報を得ることができる反面、間違った情報を耳にする機会も増えています。

健康に対する不安や心配事への明確な答えも、インターネットから検索する人も増えていますが、インターネットの情報がすべて正しいとは限りません。

さらに、昔から言い伝えられてきた健康神話は私たちの生活や文化に深く根づいているため、その真偽を誰も疑わない神話もいまだに多く存在しています。

しかしその中のいくつかは実は間違った情報なのです。今回は一般的な健康神話のなかでも間違っているものを5つご紹介します。

今すぐ忘れるべき身体に関する5つの健康神話

1.高品質のシャンプーは枝毛を解消する

シャンプーやコンディショナーの広告には「枝毛が気になりませんか?」と枝毛について言及し、それを使うと枝毛問題が解消されるように宣伝されている製品も少なくありません。

「美容院にいかなくても理想の髪質が手に入る製品がついに登場」といった宣伝文句で、その製品を購入し毎日使う人も多くいるでしょうが、間違っています。

枝毛の悪化を抑えることはできるかもしれませんが、一度できてしまった枝毛はシャンプーでは解消されません。

唯一の方法は枝毛ができている部分を切ることです。

 

2.大人になると細胞は再生されなくなる

「加齢というのは、細胞が再生されなくなることであり、皮膚のシワや骨の痛みなどはその結果だ」というのは真実ではありません。

私たちの細胞は常に機能し、そして変化しています。

ただ、時間の経過と共に細胞の働きが変化し、例え細胞は常に再生していても機能が変化するために外見の変化が顕著に現れるのです。

3.歯は白いものだ

テレビや雑誌で、白い歯の広告を目にしたことはありませんか?

白い歯の広告を見た後、鏡で自分の歯を見て「なぜ自分の歯は黄色いのだろうか?」と考える人も多いでしょう。

毎日歯を磨いているのに、私たちの歯はどうして広告のように白くならないか?

その答えは簡単です。それが自然な色なのです。

輝く白い歯は歯のホワイトニングの成果ですが、ホワイトニングに使う薬剤には、私たちの健康に悪影響を及ぼす化学物質も多く含まれているので注意が必要です。

4.身体が寒さを感じると体が弱り風邪をひきやすい

寒い時期に風邪やインフルエンザをひきやすいのは事実ですが、それは私たちの身体が寒さを感じて弱くなっているからではありません。

低温では病気のウイルスが、より強くそして長く生存するため、病原菌やウイルスが蔓延し私たちの免疫システムを攻撃します。

ウイルスの強さや増加が原因であり、私たちの身体が寒さで弱くなるわけではありません。

風邪の予防にはビタミンCの摂取を心がけることで、免疫システムを強化し、強くなったウイルスを撃退することができます。

健康神話の中には私たちの健康の妨げになるものも存在します。

健康神話の真偽を見極め、健康的なライフスタイルにまた一歩近づきましょう。

メイン写真の転載元© wikiHow.com

あなたへおすすめ