コレステロールをコントロールするには?

世界保健機構が実施した最近の研究では、世界中で、高コレステロールにも関わらず適切な治療を受けていない人が大勢いることが判明しました。

この調査で分かった一番の問題点は、コレステロール値が高い人のほとんどが治療を受ける必要性を感じていないことでした。この結果を踏まえて、今回は高コレステロール値をコントロールするために心得ておくべき大切なことをお伝えします。

高コレステロール値を下げるには?

お医者さんが定期健診などであなたの血中コレステロール値が非常に高いと気付いたら、値を低くする方法を自分で学ばなくとも気にする必要はない、かもしれません。合併症予防にお医者さんが適切なアドバイスをしてくれるはずですから、それに従うことは絶対必要です。

しかし今回は、自分で気にとめておくべき血糖値を正常に戻す5つのステップをご紹介します。これらは大変効果的ですが、お医者さんが処方した薬はきちんと飲むようにして下さい。薬物療法と並行して実施すると、短期間でコレステロール値が下がり、それを維持するのに効果的でしょう。

エクササイズ

軽い運動を毎日最低30分間行うと非常に効果的です。様々な恩恵の中でも、特に悪玉コレステロールを減らし、逆に善玉コレステロールを約10%増やす作用があります。激しいトレーニングをする必要はありません。長時間散歩をすることも良いでしょう。

飽和脂肪を避ける

周りを見渡せば、脂肪たっぷりの食べ物がよく目につくでしょう。ちょっと前まで、がコレステロール値を大きく上げると信じられていました。しかしそれは嘘です。様々な研究で、コレステロール値を上げる主な要因は飽和脂肪酸であると断定されました。従って、揚げ物やファーストフードを始めとする脂肪たっぷりの食事は避けるべきなのです。

ウォールナッツ

 

uoorunattsu

様々な研究で、ナッツは全般的にコレステロール値を大幅に減らすことが判明しています。ナッツは大切なカロリー摂取源でもあるので、食べすぎには注意しましょう。

食物繊維を積極的に摂取する

食物繊維は大麦やオーツ麦といった穀物によく含まれています。このような穀物は体内でスポンジのような働きをし、コレステロールの吸収を促進します。また、心臓に効く抗酸化作用があります。

タバコとアルコールは避ける

喫煙が習慣化すると、肺をひどく痛めつけていることになります。煙草の副作用はそれだけではありません。血中の善玉コレステロールを減らしてしまうのです。さらに、悪玉コレステロールを増やすので、不健康きわまりないのです。アルコールも健康に大きな悪影響を与えるので、飲まないようにしましょう。

 

上記のように、血中のコレステロール値をコントロールするためにしなければならないことは、決して難しい事ではありません。健康的な習慣は、コレステロールの症状だけでなく生活全般にも恩恵をもたらします。健康的な習慣を続けると様々な病気を予防できます。治療法を探るよりも、予防できるのであれば予防するほうが簡単ですよね。

カテゴリ: 健康習慣 タグ:
あなたへおすすめ