コレステロールをコントロールし/脂肪を燃焼させるドリンク

1月 15, 2016

悪玉コレステロールが血液中に蓄積すると、動脈が詰まり心臓血管の損傷を経験するリスクが高くなります。体が上手く機能するために、ある程度のコレステロールが必要なことは事実ですが、多くの人々は推奨される一日の摂取量を超えており、動脈内での蓄積を促進してしまいます。 以下は、コレステロールを制御し、脂肪を燃焼させる方法です

コレステロールのレベルが高いと診断された場合は、ただちに食事の改善を開始し、脂肪やコレステロールが豊富な食品の摂取量を減らすことが重要です。 健康的な食事は、コレステロール値と、それが健康にもたらすリスクを軽減する鍵となります。 幸いなことに、食生活の改善に加えて、脂肪燃焼や体重減少を促進するといった優れた利点を提供しながら、効果的にコレステロール値を下げる方法があります。

このナチュラルなドリンクの利点は?

この記事では、レモンとパセリで作ったドリンクのレシピをご紹介します。

パセリの利点

パセリは、非常に使い道が多く、世界中のキッチンで使用されている有名なハーブです。しかし料理の用途を超えてまた、パセリは利尿作用と、健康に負の影響を与える毒素と共に体から余分な水分を除去する能力で知られています。

パセリの主な利点は、体の内外に利点をもたらすエッセンシャルオイルとフラボノイドの含有量の高さです 。 またパセリは強力な免疫システムを維持し、感染や病気から体を守るために不可欠な、ビタミンC、A、Kを大量に含みます。

パセリの定期的な消費は、血液中の毒素を取り除くとともに、コレステロールを下げ、血液循環を刺激します。 それが、血管の状態を改善し、心血管障害を防止するための強力な要素である理由です。

レモンの利点

ビタミンC、抗酸化物質、天然エッセンシャルオイルの高い含有量のため、レモンは動脈をきれいにし、コレステロールを下げる、もう一つのすばらしい助っ人です。レモンは動脈の壁にコレステロールが付着するのを防止し、すでに付着している分の除去を助け、血液循環への悪影響を防止します。

レモンに含まれる抗酸化物質は、体内に蓄積して健康にマイナスの影響を与える液体と毒素を排除しつつ、フリーラジカルとの戦いを助けます。 実際、定期的にレモン汁を消費することはまた、より多くの脂肪を燃焼し、体重を減らすのを助けます。

このドリンクの作り方

4-レモン

パセリとレモンの利点を一緒にすると、血中コレステロールレベルのコントロールに最強の味方となる飲料になります。また、このドリンクの定期的な消費は、ダイエットを促進し、体液貯留を防ぎ、腎臓の健康を向上させ、フリーラジカルによって引き起こされる早期老化を防ぎます。

材料

  • 水1.5リットル
  • パセリ3枝
  • レモン2ポンド(907g)
  • 重曹一つまみ

作り方

  • 食料品店では、残留農薬や化学物質を避けるために有機栽培のレモンを探しましょう。常に徹底的に消毒するために、重曹を水に混ぜて洗うことをお勧めします。
  • レモンを洗った後、スライスして、横に置いておきます。
  • 水を沸騰させます。 レモンとパセリのみじん切りを加え、冷まします。
  • しっかり蓋して、冷蔵庫に保管してください。
  • この飲み物を1日約4オンス(118ml)飲みます。

一日を通じてこの飲み物の効果を実感するために、朝に飲むことをお勧めします。 最良の結果を得るためには、コレステロール値が低下するまで定期的に飲んでみてください。

また、結果はあなたの食事やライフスタイルに影響されることもお忘れなく。アルコール摂取、喫煙、座りがちな生活というような、コレステロール値にマイナスの影響を与える悪い習慣を避けるようにしましょう。

あなたへおすすめ