コーヒーを飲むべき5つの理由

· 8月 12, 2016

コーヒーに含まれるカフェインを理由に、コーヒーを飲むことはあまり良くない習慣だと考えている人たちもいますが、実際のところ、コーヒーは健康増進や、活動的なライフスタイルを維持するために役立つ飲み物です。また、運動をすることで、カフェインの健康効果はさらに高まります。この記事では、コーヒーを飲むことをおすすめする5つの理由をご紹介します。

朝の目覚めの1杯としてコーヒーを楽しむ人は多いですが、近年の研究では、適量のコーヒーを飲むことには減量を促進する効果があると言われています。国際スポーツ栄養・代謝学ジャーナルで紹介されたスペインの研究によると、アスリートがエクササイズの前にカフェインを摂取した場合、エクササイズから3時間の間に燃焼されるカロリーが、偽薬のみを服用した場合と比べて15%増加するということです

成人女性の場合、一日のカフェインの摂取量の目安は300ミリグラム、およそコーヒー3杯(450ミリリットル)分を限度として考えてください。一度にたくさん飲んでしまうのではなく、数回に分けて飲みましょう。また、妊娠中の方はコーヒーを飲む量をできるだけ抑えるようにしましょう。

その他、コーヒーをおすすめする理由には以下のようなものがあります:

1. 血行を促進する

毎朝、食後にコーヒーを飲むことで、血行を促進することができます。

普段カフェインを摂らない人たちを対象に、コーヒーが血液の循環にどのような効果をもたらすかという研究が、近年日本で行われました。全ての参加者に、約140グラムの普通のコーヒー、またはデカフェのコーヒーを飲んでもらい、最も小さな血管がどのように機能しているか知るために指の血流を測定したところ、カフェインを含むコーヒーを飲んだグループは、デカフェのコーヒーを飲んだグループと比べて、75分間の間、血流が30%増加していました。

2. 筋肉痛を和らげる

muscle-pain

カフェインはエクササイズをより効果的に行うためにも役立ちます。イリノイ大学の研究者は、30分間の高強度のワークアウトを行う1時間前にコーヒー2、3杯分のカフェインを摂ることで、ワークアウト後に筋肉痛が起こりにくくなることを発見しました。

3. 記憶力を向上させる

Brain

ジョン・ホプキンス大学の研究によると、カフェインを摂取してから24時間の間、記憶力が高まるということです。研究員たちは、普段カフェインを摂らない人たちにいくつかの画像を見てもらい、その5分後に偽薬か200ミリグラムのカフェインのどちらかを服用してもらいました。翌日、前の日に見た画像を思い出してもらったところ、カフェインを摂ったグループの方が、大幅に良い結果が得られたのです。このことは、コーヒーが記憶力向上の助けになり、を効率良く働かせるのに役立つということを意味しています。

4. 筋肉の状態を維持する

コヴェントリー大学のスポーツ科学者たちは、カフェインには、老化に伴う筋力の低下を補う効果があることを発見しました。この筋肉の保護効果は、横隔膜(呼吸の際に使われる主要な筋肉)や、脊椎筋で現れました。この研究結果は、カフェインが、筋肉の状態を維持するため、また老化と関連したケガのリスクを減らすために役立つということを示しています。

5. 筋肉にエネルギーを供給する

応用心理学ジャーナルに掲載された研究によると、エクササイズの後に少量のカフェインを摂ることは、毎日トレーニングをするアスリートの持久力の強化に特に効果があるということです。また、糖質とカフェインを組み合わせて摂ることは、糖質のみを摂った場合と比べて、高強度のワークアウトから数時間後の筋グリコーゲン合成速度を速める効果があるということです。筋肉中に蓄えられる糖質をグリコーゲンといいますが、これはワークアウトに不可欠なエネルギーであり、高強度のエクササイズの燃料となります。より多くのグリコーゲンを蓄えられるということは、より効果的にエクササイズを行えるということにもなります。

 

あなたへおすすめ