小鼻の黒ずみを簡単に取り除く7つの方法

1月 19, 2017

毛穴は皮脂腺から出る過剰な汗によってふさがり、皮脂やケラチンが酸化して黒ずみとなります。この黒ずみは、暗い色のついた深い病変によって形成されています。

毛穴の黒ずみができてしまうと、見た目にもよくありませんし嫌な気分になりますよね。毛穴の黒ずみは顔、特に鼻にできることが多く、目立つので尚更です。

世間で一般的に言われているのとは違って、実は、小鼻の黒ずみはニキビとは関係ありません。むしろ、余分な皮脂の問題なのです。言い換えると、汗をかく量が増えると小鼻の黒ずみもよく見られるようになります。小鼻の黒ずみを取り除くには、顔をしっかりと洗浄しなくてはいけません。小鼻の黒ずみ対策をうたう商品はたくさん販売されていますが、実は自宅でもより効果的なトリートメントを作ることができるのです。

小鼻の黒ずみを取り除くには、まず、まめに洗顔をしましょう。そして、毎晩きちんとメイクを落としましょう。間違っても爪などで毛穴の汚れを”押し出す”方法はしないでください。これは皮膚を傷つけるだけです。

face

方法1 ヨーグルト、キュウリ、パセリのマスク

ナチュラルヨーグルト大さじ2杯、パセリの葉、キュウリ半分をブレンダーにかけます。ペースト状になる迄待ちましょう。これを顔に塗布し、15分間おきます。ぬるま湯で洗い流しましょう。

方法2 スチーム

ボールにお湯を入れます。近づきすぎて火傷しないよう十分気をつけながら、顔をボールの上方におき、湯気を顔に当てます。数分湯気を当てたら、顔を湯気から離し、小鼻の黒ずみのある部分に圧力をかけます。熱のおかげで皮膚は伸びやすく、毛穴が開きやすくなっているため、洗浄しやすいはずです。

指を直接当てる代わりにコットンを使って圧力をかけても良いでしょう。

方法3 ゼリーとミルクのマスク

牛乳大さじ1杯と味の付いていないゼリーをボールに入れます。よく混ぜてペースト状にしましょう。その後10秒間熱します。トングを使ってペーストを小鼻の黒ずみがある場所に塗布し、10分間おきます。マスクはジェルのようになっているはずですので、手で取り除きましょう。

方法4 レモンマスク

lemon-mask

レモン汁、アーモンドオイル、グリセリンを各少量混ぜます。これを毎晩メイクを落とした後、小鼻の黒ずみが気になる部分に塗布しましょう。塗布した後はぬるま湯で洗い流します。

方法5 ハチミツとシナモンのピーリング

ハチミツ小さじ4杯と粉末状のシナモンを混ぜます。ペースト状になるまでよく混ぜ、これを小鼻の黒ずみが気になる部分に塗布します。翌日まで取らずにそのままにしておきましょう。これを2週間続けてください。

方法6 オートミールシェイク

オートミールを1カップ、粉末状にします。これにぬるま湯を1/2カップ加えて混ぜ、ペースト状にします。小鼻の黒ずみが気になる部分に塗布し、完全に乾燥するまで待ちましょう。乾燥したらぬるま湯で洗い流し、清潔なタオルで拭きましょう。

方法7 アップルマスク

赤いリンゴを半分に切り、種を取り除きます。皮は剥かずにそのまま残しておきましょう。このリンゴをレモン汁大さじ1杯と一緒にブレンダーにかけます。これを小鼻の黒ずみが気になる部分に塗布し、10分間おきます。10分経ったらぬるま湯で洗い流しましょう。

あなたへおすすめ