記憶力を向上させるトレーニング

3月 12, 2017
人間の脳の神経細胞の数は1000億個ともいわれており、これらがお互いに結びつき複雑なネットワークを作り出しています。今回は、脳の機能を最大化するトレーニング方法をご紹介します。

鳥の中には、数か月前に自分が種を落とした場所を記憶できる鳥もいますが、人間は、毎日の生活の様々な場面で簡単に何かを忘れることが多くあります

人間の脳の神経細胞の数は1000億個ともいわれ、それらが複雑に結びついてネットワークを形成しています。このネットワークにより私たちは物事を記憶し、多くの情報の中から取捨選択をして行動にうつすことができます。


本記事では記憶力を改善し向上させるトレーニング方法をいくつかご紹介します。

  • ストレスは、記憶力を低下させる要因の一つだとされています。ストレスを感じたときは、リラックスし、目を閉じて、深呼吸をしましょう。何かを記憶しようとするときは、現状や自分が行っていることを改めて考え直し改善することで記憶力が改善されます。
  • 勉強中に休憩を取るのは、学んでいることをしっかりと理解し記憶するのに最適な方法です。
  • 勉強中にすべてを記憶しなくてはいけないときは、イメージや図式を使うと簡単に記憶できます。
  • 記憶は感情と結びついているので感情からの刺激を受け、記憶力を向上させるのがお勧めの方法です。
  • 注意力散漫が原因で記憶力の低下が起こります。
  • メモをとったり大切なポイントを書き出すことで心にしっかりと焼き付けてください。また書き出すことで、見直しや確認に役立ちます。

 

  • コンセプトやアイディアそのものが理解できないのに、それを記憶しようとしてもなかなかうまくいきません。コンセプトやアイディアを作りだしている要素や要因とコンセプトの関係を導き出し、それを理論的な考え方へと結びつけることで記憶できます。
  • 同じようなコンセプトを分類すると効率よく記憶することができます。たとえば「しなくてはいけないことリスト」を作るときに「家ですること」「職場での問題」「空き時間に行うアクティビティー」などに分類します。あいうえお順に分類するのもよいでしょう。
  • 何か新しいことを学ぶとき、自分の中にある知識と組み合わせるのも記憶を手助けする良い方法です。新しいアイディアと頭の中の記憶を組み合わせることで、新旧の情報が結びつきます。
  • 人の名前を覚えるときにその人の特徴や見た目と一緒に覚えるとすぐに覚えられます。理論的な方法ではないかもしれませんが、覚えやすくなる間違いのない方法です。
  • 頭の中にある知識や情報を整理するためにはそれらを誰かに説明するのがよいでしょう。誰かに説明することで、自分の頭の中を整理することができます。

前述した以外にも記憶力を向上させる方法がたくさんありますのでこれからご紹介します。

記憶力を向上させるライフハック

1.単語と数字の長さ

それぞれの数字を文字と数字を含む単語に置き換え、フレーズを作ります。数字が長ければ長いほど、この方法は記憶に効果を発揮する理想的な方法です。

2.寓話

覚えたいコンセプトやアイディアを統合したような物語を自分で作ることで、すぐに記憶できます。頭の中で一つ一つの単語を思い出すよりも、物語を思い出す方が早く簡単です。

3.連鎖

2番の方法と似ています。私たちの脳は、理論的な考え方よりも物語や少しふざけたことを記憶しやすいといわれています。
何かのリストや概念を記憶するときは、単語をつなげて意味のない物語を作ると記憶に残ります

4.最初の1文字

記憶したい単語の最初の1文字を使い、簡単なフレーズを作るのに使ってください。おしゃれな言葉や逆にイヤミや皮肉のこもった単語を選ぶと簡単に覚えられます。覚えたい単語をイニシャルにするのもお勧めです。

 

5.場所のルール

場所とすでに知ってるルートを使うテクニックです。

家の中で物をどこに置いたか忘れてしまったときなど、忘れてしまったものがおいていある部屋にある色々な「物」を心の中で整理し、探している物へのルートを導き出します

今回ご紹介したトレーニング方法で記憶力を向上させてください。

あなたへおすすめ