キヌア、リンゴ、シナモンで一日をスタート

今日ご紹介するこの食事は、体にエネルギーを与えてくれます。キヌア、リンゴ、シナモンを組み合わせた朝食を取れば、昼食まで満腹感が続くでしょう。

キヌアとリンゴ、シナモンを朝食に食べることは、まるで体にご褒美をあげるようなものです。美味しいだけでなく、健康にも良いからです。

驚くべきことに、キヌアの料理法はたくさんあります。キヌアはとても体に良い穀物で、カロリーはほとんどありません。

明日の朝から是非、朝食にキヌアとリンゴ、シナモンを食べましょう。お気に入りになること間違いありません。数週間続けたら、大きな変化が見えてくるはずです。

キヌア、リンゴ、シナモンを食べる利点

あなたは普段、朝食に何を食べていますか?もしかして、スーパーで買ったマフィンとコーヒーだけで済ませていませんか?もしそうなら、今こそその習慣を変えましょう。

ご存知の人は多いと思いますが、朝食は一日のうちで一番大切な食事なのです。アメリカ人の多くは朝食をそれほど重要視していないという統計調査があります。

一日をスタートさせるには、エネルギーが必要です。つまり、タンパク質と不飽和脂肪酸を含む朝食を取ることです。

さらに、朝は脳が最もエネルギーを必要とする時間帯なのです。

考えてみてください。とても簡単にできますよ。

 

朝食にキヌア

quinoa-benefits
キヌアは今、世界で最も人気のある食べ物の一つです。まず、キヌアはグルテンフリーです。そして、タンパク質が非常に豊富です。極め付けは、9つの基礎アミノ酸が摂れる数少ない植物源であるという点です。

  • キヌアには食物繊維、マグネシウム、ビタミンB群、鉄分、カリウム、カルシウム、リン、ビタミンE、複数の抗酸化物質が豊富に含まれています。
  • キヌアは朝食に食べると良い食べ物の一つです。特に、キヌアと一緒に何を食べるかが大切です。
  • キヌア100gにつき食物繊維が27g含まれています。便秘がちの人に嬉しい食べ物ですよね。
  • キヌアにはダイエット効果もあります。特に、リンゴ、シナモンと一緒に食べることでその効果が増します。なぜなら、血糖値をコントロールしてくれる作用があるからです。徐々にぽっこりしたお腹の脂肪が減っていくでしょう。

1日の始まりにリンゴがオススメ

キヌアとリンゴを一緒に食べると心臓にも良いのです。リンゴは赤でも緑でも好きな種類を選んでください。リンゴは動脈硬化の予防になります。

また、この朝食を食べると心臓だけでなく他の病気の予防にもなります。例えば、糖尿病や脳内出血などです。さらに、血糖値をコントロールし、エネルギーがみなぎってくるでしょう。

毎日のありきたりな朝食に飽き飽きしている人に特にお勧めです。

家族の誰にとっても喜ばれる朝食になること間違いありません。リンゴはヘルシーな朝食に欠かせないフルーツなのです。

健康に欠かせないシナモン

cinnamon-and-anise

コレステロール値に悩んでいませんか?血糖値が高い?もしそうなら、是非、キヌア、リンゴ、シナモンを使った朝食にトライしてみましょう。

この食事が体に良いのは、消化をコントロールしてくれるからです。朝食にこれを食べると、昼食まで腹持ちがよく、アンチエイジングにもなります。

また、シナモンを入れるととても香りが良いですよね。

キヌア、リンゴ、シナモンを使った朝食の作り方

quinoa-and-apple

いつもお勧めしているように、フルーツや野菜はオーガニックものを準備しましょう。

特に、キヌアとリンゴに関してはとても大切です。オーガニックの素材を選ぶことで、私たちの体は十分の栄養を摂取することができるのです。

材料

  • 調理済のキヌア 1/2カップ(100g)
  • オーツミルク  1カップ(200ml)
  • リンゴ(どの種類でも良い) 1個
  • シナモン 小さじ1(5g)
  • ハチミツ 小さじ1(7.5g)

作り方

  • まずはリンゴを洗って皮をむきましょう。種を取り、一口大に切ります。
  • 切ったリンゴをブレンダーかフードプロセッサーにかけましょう。
  • 人肌に温めたオーツミルク、ブレンダーにかけたリンゴ、キヌア、ハチミツ、シナモンをボールに入れます。
  • 材料を全てよく混ぜましょう。
  • より滑らかな舌触りが好みの方は、ブレンダーにかける前にリンゴを細かく切っても良いでしょう。

一週間に2度、これを朝食に取り入れると良いでしょう。気分もすっきりと良くなるはずです。

とっても美味しいですよ!

カテゴリ: 好奇心 タグ:
あなたへおすすめ