キッチンでやってしまいがちな7つの間違い

8月 10, 2016
キッチンでやってしまいがちな間違いについて知りましょう。健康に害があるというわけではありませんが、知っておくとキッチンでの時間が短縮され、家事が簡単になるでしょう。

キッチンでどのように収納や掃除をしていますか?中にはかなり自信のある人もいるでしょうし、それなりに上手くやっていると答える人がおそらく多いのではないでしょか。

しかし、実は知らずにやってしまう、よくある間違いが幾つかあるのです。

キッチンでやってしまう間違いは、悪い癖だったり時間がないからというだけではありません。時には良いと思っている方法が間違っている場合もあるのです。今日はその中でもよくある7つの間違いについて見ていきましょう。

新鮮なハーブの保存方法

パクチーやバジル、ミント、パセリなどのハーブをよく使って料理するという人は多いかと思います。しかし、大抵の人はせっかく新鮮な生のハーブを買っても、ビニール袋やプラスチックの容器に入れて保存しているのではないでしょうか

2-fresh-herbs-1

購入してから家までハーブを傷めずに持って帰るのに、ビニール袋やプラスチックの容器に入れておくのは構いません。しかし、家に帰ったら取り出し、涼しい場所で保存しましょう。可能であれば、コップに水を入れて茎を水に浸けて保存するのが理想です。

水に入れることでハーブが長持ちするのです。

また、ハーブを保存する際は極端な温度を避けましょう。

熱くなるコンロの近くや冷たくなりすぎる冷蔵庫に入れると、すぐに傷んでしまいます。

これがキッチンでやってしまいがちな間違いの一つです。この間違いをすると、ハーブの香りはすぐに失われ、1日や2日で傷んでしまうでしょう。

新鮮なハーブを料理に利用したいなら、一番良い方法は小さな植木鉢を買って育てることです。庭などなくてもできますよ。

使いきれなかった缶詰の中身の保存

3-canned-tomatoes

缶詰の食品は便利です。長持ちしますし、季節を問わず食べることできます。しかし、一旦缶を開けたら、全部使い切ってしまわなくてはいけないということを覚えておきましょう。

缶はアルミニウムか鋼鉄でできており、空気に晒されないようになっています。を開けた時点で酸化が始まり、数時間以内で食べ物に錆が混ざってしまいます。

缶詰の中身を全部使わない場合は、中身を取り出してタッパーに入れて冷蔵庫に保管するか、すぐに冷凍してしまいましょう。プラスチックか金属製のタッパーが良いでしょう。

元々の缶のまま残りを冷蔵庫に入れるということは絶対しないでくださいね。

バナナの剥き方

これは健康上のトラブルを引き起こすような間違いではありませんが、知っておくと良いでしょう。バナナの皮を剥く時、上から下に向かって剥く人が多いと思います。実はこれは間違いで、下から上に向かって剥くのが正しい剥き方なのです。

慣れるまで変だと思うかもしれませんが、持ちやすいですし便利ですよ。

アルミホイルを破っている

4-foil-roll

アルミニウムホイルを使う時、破って使っている人はいませんか?アルミニウムホイルの箱には小さなジグザグ上の鋭い部分が付いています。気がついていましたか?

アルミニウムホイルを使う時は、このジグザグ上の部分で切って使いましょう。簡単に切れますよ。

ジャガイモの皮を剥いている

きっと今これを読んでいる人はジャガイモの皮を剥いて食べていると思います。ジャガイモの皮を剥くと、皮と一緒に新鮮さも失われています。包丁やピーラーで皮を剥く代わりに、以下の方法を試してみてください。

  • 通常通りジャガイモを水で洗う。
  • 包丁を使って皮の周りに筋を入れる。
  • ジャガイモを茹でる。
  • 火が通ったらザルにあげ、上から流水をかける。もしくは、氷水を入れた容器にジャガイモを入れる。
  • 指で皮を取り除く。

この方法をすると、とても簡単に皮が取れます。調理の順番を少し変えるだけで、時間の短縮にもなりますよ。

電子レンジの掃除

5-microwave-cleaning

電子レンジの掃除ってとても面倒ですよね。

実は、とっても簡単に電子レンジを掃除する方法があるのです。濡らしたスポンジを電子レンジに入れ、1分加熱します。そのあとスポンジを取り除きます。

これによって、電子レンジの中にこびり付いた汚れに水分が含まれて柔らかくなり、取り除きやすくなるのです。ゴシゴシ擦らなくても大丈夫です。タオルや布で綺麗に汚れを拭き取りましょう。

料理を冷たいお皿に入れる

料理を作ったら、家族には一番美味しい状態で食べてもらいたいですよね。でも冷たいお皿に入れたらせっかくの温かい料理が台無しになってしまうのです。

きちんとした良いレストランでは、それぞれの料理に合った温度に保たれたお皿に入れて料理を出します。冷たい魚料理なら冷たいお皿に、温かい料理なら温めたお皿に入れて出しているのです。

あなたはキッチンでどの間違いをしていましたか?

あなたへおすすめ